中間評価 有馬記念 2015.12.27 中山芝2,500m

ここまでの考察をまとめます

有馬記念の中間評価(12/23水時点)
を一度整理しておきます。

ここまでで以下を見てきました。
・主な前走まとめ、ペース適性の確認(12/17)
・1週前追い切り評価(12/18)
・展望:コース特徴、注目血統から注目馬抽出(12/20)
・馬体考察:フォトパドックから状態確認(12/21)
・裏展望:凡走条件の小ネタ(12/22)

この状態で一度、中間評価を行います。
これがやりたいがために
1週前追い切り評価を先週行ったのです。

今年◎本命を打った馬が
1勝しかしていない、
私の予想過程もきちんと晒して
皆さんの馬券的中に
逆の意味で貢献できればと思って。

いや、本人は至ってマジメに
的中(どちらかといえば回収)を目指して
予想してるんですよ、念のため。
※本命馬0勝は私の勘違いで、
ゴールドアクターがアルゼンチン共和国杯で勝ってました。
そういう意味でも強い馬や・・・・・

今後は以下の要素を加味していく予定です。
・最終追い切り評価(12/23~12/25)
で状態の最終確認。
・前日予想(12/26)
枠順と展開、馬場状態の最終確認
直近の好走血統の確認

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第60回有馬記念(G1)予想 2015年12月27日中山10R|KLAN

2015年12月27日中山10R 第60回有馬記念(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。結構便利です。

ユーザ登録すると、自分の予想印を入力して、
◎本命馬の単勝回収率でランキングに参加できたりします。
よくあるブログランキングとは違う、実力のランキングだと思います!
(ちなみに私は1000位以下のヘタッピですw)

興味ありましたら、無料でユーザ登録できますのでお勧めします。
↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.中間評価表

なにはともあれここから

結論から書かないと後から
自分で見直しづらい性質なもんで。
あともったいぶるのがキライってこともあります。

現時点で私が買いたい馬たちは
・ゴールドシップ
・ゴールドアクター
・ワンアンドオンリー
・ラストインパクト
・サウンズオブアース
・ダービーフィズ
・リアファル
・アドマイヤデウス
の8頭です。

下記は人気投票数順+出走賞金順です。

馬名適性血統デキ
ペースコースSGRoNTSWTBKM1週前馬体
ゴールドシップハイペース
ラブリーデイスローペース
キタサンブラックスローペース
マリアライトハイペース
ルージュバック平均?
ラストインパクト平均~ハイ
ワンアンドオンリーハイペース
リアファル平均?
サウンズオブアース平均~ハイ
ゴールドアクターハイペース?
ヒットザターゲットスローペース×
オーシャンブルーハイペース×
アルバートハイペース?
アドマイヤデウスハイペース?
トーセンレーヴ平均~ハイ
ダービーフィズハイペース
  • ペース適性
    過去戦績からの私の主観
  • コース適性
    ◎中山でG1勝ち
    ○G1 2着、または重賞勝ち
    △他のコースより良績(主観)
    ×他のコースより苦手(主観)
    -中山初めて
  • 血統(3代内◎5代内○)
    SG:ステイゴールド
    Ro:Roberto
    NT:ノーザンテースト
    SW:Sadler’s Wells(または全弟Fairy King)
    TB:トニービン
    KM:Kingmambo(スローで特注。流れるとダメ)
  • 1週前
    1週前追い切りの私の主観
    映像なしは「-」
  • 馬体
    フォトパドックからの私の主観
    フォトパドックなしは「-」

2.各馬考察詳細

うざくて長いのでご注意

めちゃ長いので、興味のあって、
時間のある方にのみお勧めします。
ということもあって、中間評価表に
まとめているので。

  • ゴールドシップさん
    中山2,500mの適性は
    もう改めて説明する必要はないと思います。
    となると、気になるのは状態面と
    加齢による能力低下。
    まず状態面では前走ジャパンカップ時は
    休み明けとはいえ、いい仕上がりで、
    若干余裕残しがあったかも、という感じでした。
    (私の中では)
    で、今回どうかというと、1週前追いと
    フォトパドックを見る限り、大きくは変わってないです。
    若干、馬体は大きく見せましたが、
    緩みなのか、ハリが出たのかまでは
    私の力ではわかりませんでした。
    能力低下があるかはますますわかりません、
    が、ジャパンカップであれだけ走れれば、
    十分とは思います(10着とはいえ0.4秒差)。
    完全に消す、という選択肢は
    危険と思っています。
  • ラブリーデイ
    ピッチ走法で器用なタイプ。
    小回り自体は向きます。
    しかし、距離には限界があり、
    本質的には2,000mがベスト。
    (散々言われている通りと思います)
    しかし、有馬記念が向かないかと
    いうとそうではありません。
    スローになったとき。
    たったこれだけで勝ち馬の最有力に
    なりえます。
    できれば内枠だとさらにいいです。
    近年の有馬記念がこの傾向を
    示しているのは展望で書いたとおりです。
    昨今のKingmamboの象徴、
    と思っています。
    (ドゥラメンテやリオンディーズは規格外)
    しかし、私は今年は流れる、と
    思っています。
    ゴールドシップさんの引退レースで
    後方のまま、というレースをするとは
    考えにくく、他の馬もやや流れたほうが
    向く馬が多いからです。
    仕掛けが早めとなり、スローには
    ならない、と思っています。
    その途端、この距離では
    馬券圏外となると思っています。
    やや折り合いを欠く傾向が
    出てきていることも不安材料です。
  • キタサンブラック
    まだ3歳で奥があるかもしれませんが、
    現時点のイメージとしては
    ラブリーデイに近いタイプ。
    違いは折り合いに不安がないこと。
    本質的には距離は長いと思いますが、
    中山コース自体は実績が示すとおり、
    向くと思います。
    前走菊花賞は出入りの激しい展開を
    内でガマンできたことが勝ちに繋がりました。
    できすぎ感、は正直あります。
    故に好走の絶対条件は内枠です。
    そして、流れないこと。
    ラブリーデイを買うなら、セットで買うべき馬。
    私は軽視予定です。
  • マリアライト
    適性としては中山は向くと思います。
    リアファル含めたこの姉弟は
    母系がスタミナ豊富なステイヤー。
    ペースは速いほうがいいです。
    本質的にはこのレースは向くと思います。
    母父がエルコンドルパサーですので、
    Kingmamboがありますが、
    私はエルコンドルパサーを経由した場合は
    寧ろ、Sadler’s Wellsが強調される、
    と思っていますので気にしなくていいと
    考えています。
    足りないと思われるのは
    能力面と状態面。
    前走エリザベス女王杯は
    馬場も展開も枠も全てが向きました。
    ましてや牝馬限定戦。
    牡馬の一線級と互角にやれるかは
    不安のほうが大きいです。
    状態面でもさすがに前走後は
    緩めていると思われ、馬体に
    緩さを感じます。
    厳しいと思っています。
  • ルージュバック
    まず、初中山。
    これだけで不安なのですが、
    昨年のジェンティルドンナも初でしたねw
    しかし、この馬は非常に跳びが大きい、
    ダイナミックな走りをする馬。
    (1頭で走る追い切り映像でよりはっきりします)
    中山コース向きの器用さはないのでは、
    と見ています。
    外からマクれるほどの力差があれば
    関係ないのでしょうが、これも牡馬相手でどうか。
    状態面では1週前追い、フォトパドックを見る限り、
    上積みは十分と思います。
    血統面では大きな強調点ありません。
  • ラストインパクト
    キレない、長い脚を使うディープ産駒、
    との評価をしています。
    ですので中山は寧ろ東京より
    向くと思っています。
    出走回数が少ないので
    目立ってませんが、日経賞3着、
    昨年2014年の有馬記念も
    スローで流れて0.2秒差7着であれば、
    まったく問題ないと思います。
    血統的にはあまり強調点はありません。
    このレース3頭出ている、
    ティンバーカントリーがどう出るか、
    興味深くはあります。
    ティンバーカントリーもMr. Prospector、
    Woodmanらしからぬ、
    長めの距離が得意な馬を出してますので。
    (アドマイヤドンが典型かと)
    デキはジャパンカップでかなり上向き、
    フォトパドックを見る限り、
    間違いなく上昇していると思います。
    1週前追い切りは軽めでしたが、
    やる必要がないということと思います。
    按上がムーア騎手騎乗停止で
    菱田騎手になったのは
    確かにマイナスではありますが、
    もともと、勝ちきるのは難しいと
    思っていた馬。
    寧ろ、人気が落ちるようであれば、
    相手としては積極的に買いたいです。
  • ワンアンドオンリー
    ここで復活なければ、引退、くらいの
    気持ちで買いたい馬です。
    繰り返しになりますが、
    流れてこそ、の馬。
    また、菊花賞や海外遠征による、
    状態面の不安もありました。
    近走の不振はスローと状態面にあったと
    考えれば、速くなる展開を想定している
    私としては絶好の狙い目と思っています。
    血統面では父ハーツクライ内包のトニービンが
    スタミナと不器用さを押し出していると
    思っており、イメージと合います。
    状態面は1週前追い切りで橋口調教師が
    「いままでにない動き。最高や」
    と吹いているらしいです。
    額面通り受け取る気はないですが、
    60%くらいは信じてもいいかな、
    という1週前追い切りでした。
    しかし・・・・・フォトパドックがない。
    アルバートやオーシャンブルーまで
    あるのに、この馬がない。
    状態面の確認は最終追い切りを見て、
    となりそうです。
    人気が落ちるようであれば、
    いいことではあるのですが。
    なお、乗り替わり自体はあまり気にしていません。
    浜中騎手自体がここ2年中山で
    勝ち鞍なしらしいですけどw
  • リアファル
    まだ3歳なのでわからない部分は
    多いのですが、血統面や馬体面からは
    長いところ、速い展開は向きそうです。
    姉のマリアライトと基本、同じ見解です。
    父ゼンノロブロイでMr. Prospectorの
    クロスがあるのが若干、マイナス面として
    気にはなりますが。
    菊花賞も出入りが激しい展開を
    考えれば、3着内の馬の中では
    一番厳しい競馬をしています。
    同じ条件であれば、キタサンブラックよりは
    上に取りたくなります。
    状態面も1週前追いも珍しく加速ラップで
    動けてますし、フォトパドックを見ても、
    菊花賞より引き締まり、成長を感じます。
    懸念はやはり脚質にあり、速い展開は
    本質的には向くとは思うんですが、
    目標とされると勝ちきるのは難しい面は
    あります。
    netkeibaで現時点で1番人気?
    というのも悩ましいところです。
  • サウンズオブアース
    正直に言うと個人的に適性の見極めが
    できていない馬、です。
    スローより厳しい展開のほうが
    向くとは思っているのですが、
    どちらかというと、それは血統面に
    よるものですので。
    母系のDixieland Bandと
    Ribotが効くのではと思っています。
    あと地味にBold Rulerもいいので、
    父ネオユニヴァースと合わせて、
    中山ではいかにも買いたくなる
    血統ではあります。
    デキに関しては1週前追いの時点では、
    坂路で軽め、に若干不安を
    覚えたりもしましたが、
    過去の調整を見る限り、
    この馬が1週前をコースでやるのは、
    休み明けが多いです。
    前走ジャパンカップは京大賞典から
    間隔が空いたことで、絶好のデキには
    なかった、と捉えるべきと思います。
    (十分いいデキには見えましたが)
    最終追いを確認して最終判断したいですが、
    フォトパドックを見る限り、かなり上積みが
    あると見たいと感じています。
  • ゴールドアクター
    適性面は実績からは正直まだわかりません。
    札幌の2,600mを条件戦とはいえ、
    強い勝ち方をしていて、速い時計の
    菊花賞後しっかり成長を促し、
    3連勝でG2勝ち、というのは
    条件が全然違いますが、
    モーリスを思い浮かべてしまいます。
    果たしてあそこまで馬が変わったかは
    まだわかりません。
    ただ、前走、相手がそれほどではなかったとはいえ、
    前残りを差しきったのは強いですし、
    そろそろ、Roberto系に有馬記念を
    勝って欲しいところなんです。
    まあ、大概こんな風にあまり論理的でなく、
    感情が入ると外れるんですけどねw
    デキは前走アルゼンチン共和国杯のときが
    素晴らしすぎて、今回はそれよりいい、
    とまでは思いません。
    1週前追い切りは素晴らしかったですが、
    逆に言うと、1週前にそれだけやらなければ
    ならない、ということでもあります。
    叩いて良くなるRoberto系だけに。
    前走の反動を気にしていましたが、
    前走後、楽をさせた(注:未確認)との
    話もありますので、状態面では
    上積みがあるとまでは思っていません。
    最後に人気しすぎと思います。
    単勝15倍~20倍程度かと
    思っていたんですが、netkeibaでは
    10倍以下とは・・・・・
    この人気では頭で、とは行きづらいですね・・・・・
  • ヒットザターゲット
    厳しいと思っています。
    内枠がいいのは使える脚が短いから。
    速い展開になると、よさが出にくくなると
    思っています。
    そこにきてKingmambo。
    たとえ内枠でも私は買わない予定です。
    人気ないので買っても問題はないんですが。
  • オーシャンブルー
    さすがに加齢で苦しいです。
    2年前のフォトパドックと比べると、
    細さ、小ささがよくわかります。
    石川騎手は初G1騎乗でしたか、
    そういう意味では良かったと思います。
  • アルバート
    苦しいと思っています。
    適性はまだまだわからない
    部分が多いですが、
    ステイヤーズSの勝ち方は
    強烈でしたが、
    下した相手を考えると、
    いきなりG1で通用するかは
    疑問です。
    また、あの距離であれだけ強い勝ち方を
    してしまうと、この距離で足りるか?
    という不安はあります。
    よっぽど速く流れれば別ですが、
    逃げ馬にそれほど速い馬もいませんし、
    遅めの展開から早めの仕掛けで
    若干前が厳しい流れ、というのを
    現時点では想定していますので、
    この馬の出番があるほどは速くは
    ならないと思っています。
    前走後、中間ほとんど追ってない
    (真偽は未確認です)
    という情報も気になります。
  • アドマイヤデウス
    日経賞の勝ち方は鮮やかでした。
    中山2,500mの舞台適性はあると思います。
    阪神内回りでもオープン勝ちしていますし。
    問題は枠とデキです。
    枠は按上岩田騎手を考えても、
    引っかかる気性を考えても、
    圧倒的に内枠がいいです。
    そしてデキはまだ1週前追い切り、
    フォトパドックを見る限り良化途上に
    見えました。
    最終追い切りが評価できて、
    内枠に入ったときだけ、
    相手として買う予定です。
  • トーセンレーヴ
    ディセンバーSを勝利して滑り込みでの連闘。
    常識的には厳しいと思いますが、どうでしょうか。
    距離も若干長い気がします。
    按上がボウマン騎手に変更?
  • ダービーフィズ
    トーセンレーヴの出走により、
    除外対象となり、
    ショウナンパンドラの回避により
    再び出走可能となりました。
    今年夏の好走を見ると
    上がりがかかったほうがいいタイプで、
    東京での2戦を度外視できます。
    この人気であれば買えないことは
    決してありません。
    勝手な推測ですが、ジャパンカップは
    仕上げてなかったようにも思えました。
    ワンアンドオンリーと近いものを感じます。
    血統は速い展開が向くように出た
    ジャングルポケット産駒で
    母はマンハッタンカフェ全妹、ということで、
    ハイペース大歓迎のRibot系が
    母母父にあります。
    最後に田辺騎手。
    中山が一番いい按上ですし、
    人気薄での期待感が高いです。

3.血統評価?

王道なのかパクリなのかもわかりません

我流です。
王道かどうかなんて知りません。
誰かのパクリかもしれませんが、
それもわかりませんし、気にしませんw

私は競馬データベースはKLAN(無料)の
お世話になることが多いんですが、
血統を見るときはnetkeiba.comを
使います(こちらも無料)。
※どっかで2つを比較してみたいとは
思っています。

違いは血統表の馬からリンクで
辿れるところです。
Henry the Seventhって何系だったっけ?
とか。
(答:Hyperion~Owen Tudorのラインです)

そんなnetkeiba.comの血統表です。
ゴールドシップさんを持ってきました。

GoldShip_加筆

まあ、基本は3代内なんですけどね。
父ステイゴールド。その母の父はディクタス。
母父はメジロマックイーン。その母の父はプルラリズム。

あとは3代母の父(例ではトライバルチーフ)は
結構気にします。
例えば、Ribot系なんて、今の日本には
直系はほとんどいませんので、
大体ここまで遡らないと持っていません。

あとは4代母の父(ラークスパー)と気が向けば
母の父の母の父(ああややこしい。リマンド)を見ます。
△をつけたところです。

好走血統を挙げるときは3代母の父や4代母の父に
共通点があったりすると、よく取り上げます。
父の母の父(ディクタス)もよく特徴出ると思います。

例えば、
ハーツクライの母の父トニービン。
タニノギムレットの母の父クリスタルパレス。
Grey Sovereignが強いので、
長い直線が向くときがあります。

他には、
ジャングルポケットの母の父Nureyev。
直系のトニービンが出れば不器用に、
Nureyevが出れば器用に、
とか見たりします。

あとはクロスがあれば気にします。
ゴールドシップさんでいうと
赤くなっている、
ノーザンテーストとPrincely Gift
がクロスですね。
この馬の特徴が強く出る可能性があるので。

・・・・・でゴールドシップさんはというと、
個性が強すぎてよくわからなかったりしますw
でっかいステイゴールド産駒と思っとけばいいと思います。
まあ、私のレベルはそんなもんですw

でもこの先ディープインパクト産駒や
オルフェーブル産駒で溢れてくるでしょうから、
その中で差をつけるために見ていきたいと思っています。

以上、ご参考でした。