1週前追い切り評価 日本ダービー(東京優駿) 2016.05.29 東京芝2,400m

私の中では相手探し

日本ダービー(東京優駿)の1週前追い切り評価です。
グリーンチャンネルで追い切り映像を
確認できた馬の印象を書いています。

一応、本命は揺るがない予定ですので、
私の中では相手探しです。
(アテになりませんよw)

なお、最終追い切りを探して当記事に
辿り着いた方はどうもスミマセン。

最終追い切り関係の記事は
水~土にかけて書いていきますので、
よろしければまた見てやってください。

なお、1週前追い切りは時計だけなら、馬三郎さんにあります!

馬三郎タイムズ | メインレース特集

デイリースポーツとnetkeiba.comがおくる究極のインターネット競馬新聞。全レース対応の馬柱・調教タイムを毎日速報などの予想情報から、便利なIPAT連動機能と収支分析まで競馬ファンをサポート。レース映像も見放題。

上記リンクから当週の重賞の
1週前追い切りタイムが確認できます。
こちらも全頭ではありませんが、
活用しましょう!
G1以外もあるのが有難いです。

馬柱および現時点の私の予想印は↓です。
各馬の一行コメントも記載しています。

第83回日本ダービー(G1)予想 2016年5月29日東京10R|競馬データベースKLAN

2016年5月29日東京10R 第83回日本ダービー(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

評価

抜けていい馬とかいません

5/23(月)時点で9頭あります。
もし火曜日に追加で映像が見れたら
水曜日くらいに追記したいと思います。
→遅くなりましたが7頭追記しました(青字)。
この中から追い切りで選ぶなら、
断然、
プロディガルサン
ですね。
前走も2歳時とは動きが変わってきていましたが、
叩いて軽さも出て、明らかに良くなっています。

とにかく、ここに向けて
各馬仕上げてくるのは自明で、
抜けていい馬なんているわけがないです。

あるとすれば、前走仕上げすぎて
ピークを過ぎている馬がいないか、
というくらいです。

そういう意味で、少しだけ怖いのは
マカヒキ
ですかね。
前走メイチっぽいのは。
ディーマジェスティ
も少し控えめ。

まあ、もう強くやる必要がない、
と見ることもできますけど、
この世代はハイレベルだと思っているので、
続けて好走することが難しいメンツ
ということは意識しておいた方がいいかもです。

現時点でこの9頭以外だと、
馬三郎さんの時計を見る限り、
イモータル
は上積みという点で気になりますね。

→映像みたら、正直イマイチでした。

50音順です。

  • アジュールローズ
    美浦南Wで単走、馬也。
    3F追いで軽めです。
    硬さは感じません。
    中2週ですから、これだけどうこういえませんが、
    やはりプリンシパルSからのローテは
    厳しいというのはわかります。
  • イモータル
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて僅かに遅れ。
    思ったほど良化していませんね。
    NHKマイルC明けで一杯に
    やれているのは体調に問題がない
    証拠とは思いますが、
    2歳時のサウジアラビアRCのときは
    もっと動いていた印象です。
  • ヴァンキッシュラン
    栗東CWで3頭併せの内から、強めに追われて1馬身程度先着。
    抜け出してからの映像しかないので、
    イマイチわかりません。
    寧ろ、併走馬に迫られているくらいです。
    抜け出すと遊ぶ面があるのかもしれません。
    決め手がある馬ではないだけに
    乗り方は難しそうな気はします。
    また、言われているように重心が低い走りです。
    道悪は上手そうですね。
    時計自体は全体時計がこの馬にしては早めで
    仕上げきろうとしているのは感じ取れます。
    当たり前ですが、前走よりは仕上げてくるでしょうね。
    もしくはリオンディーズのために
    早仕掛けしてくるとかは・・・・・
    馬主さんも違いますし、
    考えすぎでしょうね。
  • エアスピネル
    栗東坂路で単走、馬也。
    いいですね。
    全くの馬也で楽に好時計です。
    皐月賞前に比べてきちんと
    折り合って追い切れているのが
    一番の評価ポイントで、
    今回はある程度溜めてくると
    思いますので距離はこなせる準備は
    整いつつあります。
    あとは何が何でも内枠が
    欲しいです。
    特に立ち回りを武器とするこの馬は。
  • サトノダイヤモンド
    栗東CWで3頭併せの内から、一杯に追われて2馬身程度先着。
    併せたのは同レース出走のプロフェット。
    前走皐月賞の1週前と比較しても、
    反応イマイチにも見えますが、
    これまでで一番しっかりやってきています。
    ゆえに5Fからの時計がこれまでより速いです。
    皐月賞では初めての厳しい流れに
    戸惑った部分もありましたので、
    一度経験したことと追い切りでの
    変化は大きいと思います。
    恐らく最終追い切りは騎手を乗せて
    終いを伸ばす形を取りそうですが、
    キッチリ良化してきそうです。
  • スマートオーディン
    栗東CWで外から併せ、終い仕掛けて1馬身程度先着。
    終いを伸ばす形とはいえ、
    6Fからやってきて(速い時計は実質4Fから)、
    終い仕掛けてきちんと反応。
    中2週となるローテがとやかく言われるかもですが、
    レースから中1週で長めからやれるのが、
    前走、余裕残しだった証明にもなります。
    確かにNHKマイルと比べると、
    輸送もG1でもありませんので、
    当然、ダメージは小さいはずです。
    状態はここに向けてきちんと
    仕上がってくると思います。
    あとは溜めて終いにかける競馬と
    なると思いますので、枠と展開が
    向くかどうかだけです。
  • ディーマジェスティ
    美浦南Wで3頭併せの内から、終い仕掛けて1馬身程度先着。
    順調ではないかと思います。
    追い切りが地味に見えるのは、
    併走馬が動かなかったせいで、
    少し「おいでおいで」しているから、
    ということもありそうです。
    この馬にとっては上がりを問われる展開と
    なったときに不安がありますが、
    今回もそこそこは流れそうなのは、
    好材料とは思います。
    ただ、皐月賞ほど前が止まるかというと・・・・・
    そうは思いませんね。
    坂が緩やかになることや速い馬場も含め。
  • ブレイブスマッシュ
    美浦南Wで単走、馬也。
    こちらもNHKマイルC明けで
    軽めの調整。
    しかし、やはり跳びの小ささは
    目立ちますので距離延長は
    厳しいでしょうね。
    ポツン濃厚と思います。
  • プロディガルサン
    美浦南Wで3頭併せの内から、馬也で併入。
    これは良くなってます。
    併走馬が動かないのは
    置いておいても、全くの馬也で
    手応え十分残したまま併入。
    前走青葉賞時もタンタアレグリアを
    アオったりして2歳時とは
    追い切りが変わってきたことを
    示してはいましたが、
    休み明けを叩いて、変わってきています。
  • マイネルハニー
    美浦南Wで単走、馬也。
    6Fから軽めです。
    やはり2,400mは長かったのでしょうね。
    ゆったり運べるよう、
    気を遣った追い切りです。
    キビキビとしていて、
    気の勝った面は軽めの追い切りでも
    覗かせます。
  • マウントロブソン
    美浦南Wで内から併せ、一杯に追われて併入。
    ズブいですね。3歳なのに。
    東京替わりはマイナスでしょう。
    もし内枠を引いたとしても、
    馬群を捌くのにも苦労しそうです。
    苦しいと思います。
  • マカヒキ
    栗東CWで外から併せ、終い仕掛けて2馬身以上先着。
    併せ馬というよりはかなり追いかけて、
    しかも大外を回して直線だけで抜き去ります。
    これも見ても、私はマイラーだと思うんですが。
    と懲りずにいってみます。
    皐月賞は速い流れで後方から、という
    展開が嵌りましたが、
    ダービーで同じ作戦では届かないでしょう。
    かといって、前につけるには距離不安がある。
    思ったより好走するには条件がつくように思います。
    前走皐月賞の1週前がとんでもない時計だったので、
    それに比べるとやや地味にも映ります。
  • プロフェット
    栗東CWで3頭併せの真ん中から、一杯に追われて2馬身程度遅れ。
    併せたのは同レース出走のサトノダイヤモンド。
    時計はわかりませんが、もう1頭の併走馬には
    大きく先着していますので、この馬なりには
    きちんと走っていると思います。
    今回は条件替わりでさらに厳しいと思います。
  • リオンディーズ
    栗東CWで3頭併せの内から、馬也で半馬身程度遅れ。
    再び、とにかく折り合い重視です。
    軽めでも時計は出ますが。
    追い切りでは前を行く馬を追いかけたり、
    かかる素振りは見せませんが、
    前走もそうでしたからね。
    信じきるには怖さはあります。
    ただ、同じ轍を踏まない気もしますw
  • レインボーライン
    栗東坂路で単走、馬也。
    いつもの浅見厩舎流ですが、
    終いも14秒台と控えめ。
    これだけではなんとも。
    ずっと使っていることもありますし、
    上積みには乏しいと思います。
  • レッドエルディスト
    栗東坂路で単走、終い仕掛ける。
    軽めですが、真っ直ぐブレずに上がってきます。
    明らかに溜めて終いを伸ばしたそうな
    追い切りです。
    脚取りにも余裕ありますので
    追えばもっと伸びたと思います。
    好調キープです。