馬体考察 ダービー卿チャレンジトロフィー 2016.04.03 中山芝1,600m

上位人気馬は順調も

ダービー卿CT登録馬の
フォトパドックを見て、
馬体考察を行っています。

※私はまだまだ馬体見る目ありませんが、
自己修練のためにやっております。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第48回ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)予想 2016年4月3日中山11R|KLAN

2016年4月3日中山11R 第48回ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.各馬考察

1頭は軽視できる

当レースは6頭ありました。
競馬ブックさんのみ
・サンライズメジャー
があります。

サンライズメジャーのみ
3月24日の撮影で
あとの5頭は
3月23日の撮影です。

競馬ラボさんのフォトパドックは↓です。
前走との比較がしやすいので、
比較したいときはこちらを使います。

産経大阪杯&ダービー卿CT ラブリーデイ、ヌーヴォレコルトらが出走!

産経大阪杯 ダービー卿CT ラブリーデイ (牡6、栗東

競馬ブックさんのフォトパドック↓です。
前走比較はバックナンバーを辿ればできます。

競馬ブックコーナー

グローバルスプリントチャレンジ第3戦・高松宮記念はエアロヴェロシティ、ダンスディレクターらが直前に回避。しかし、新中京で5回目の上半期スプリント王決定戦は5歳牡馬同士の見応えある力とスピードの勝負となった。ミッキーアイルを交わしてG初制覇を遂げたビッグアーサーは重賞初制覇でもあり、大器がようやく素質に見合うタイトルを得た。日経賞はゴールドアクター、毎日杯はスマートオーディン、マーチSはショウ…

掲載馬の状態面は
以下が良く見えます。
・ダッシングブレイズ
・サトノアラジン
・ロゴタイプ

主に適性面で
・キャンベルジュニア
は割り引きたいです。
マイルは忙しそうなのと、
中山の急坂も決して
プラスには見えません。

順番は全馬フォトパドックのある
競馬ブックさんの掲載順としています。

馬名ツナギ飛節全体像デキコメント
角度長さ
サトノアラジン普通長め普通バランスマイルCS並み
ダッシングブレイズ立気味短め普通ガッチリ道悪プラス
サンライズメジャー普通短め普通前肢強いダイワメジャーっぽい
ロゴタイプ普通普通普通バランス締り、ツヤ↑
キャンベルジュニア普通普通普通スラッとマイラーに見えない
エキストラエンド普通普通普通バランス大きく変わらず

※私の主観にしか過ぎません。

  • ツナギ角度
    寝ると芝良馬場向き。
    立つとパワー型。
  • ツナギ長さ
    距離適性に比例。
  • 飛節
    直飛節はパワー型&長い脚。
    曲飛節は切れ味型。
  • 全体像
    胴の長さが距離適性に比例。
    (下記は私の勝手なイメージ)
    前肢強いとトップスピードに乗るまでが速い。
    後肢強いとトップスピードが速い。

各馬もう少しコメントを。

  • サトノアラジン
    きちんと仕上がっていると
    思います。
    ほぼマイルCSと同じくらいのデキです。
    トモの肉付きは今回の方が
    いいくらいです。
    休み明けでG1と同じくらい
    仕上げてくるのは
    ここで勝って賞金を
    加算したいということでしょうね。
    安田記念にはレーティング上位で
    出走できそうな気もしますが。
    ふと、マイルCSの馬体考察の記事を
    見返して、ツナギと飛節の
    自分の見方が変わっていて、
    恥ずかしくなりましたw
  • ダッシングブレイズ
    前走、東京新聞杯より
    正直、良く見えます。
    季節の違いもあると
    思いますが、絞れて
    毛ヅヤもいいです。
    筋肉のメリハリも
    前走よりあるように思います。
    そして、何より
    ツナギから、これまでの
    実績通り、重馬場は
    明らかにプラスです。
    急坂もまったく問題ないです。
  • サンライズメジャー
    緩さなどは感じません。
    いかにも父ダイワメジャーっぽい馬で、
    ツナギから力の要る馬場は
    問題ないでしょうし、
    前の強い馬体からは
    直線の短いコースが
    合いそうです。
    近走、東京、京都で良績
    だったりしますがw
  • ロゴタイプ
    前走、中山記念も緩さのない
    いい仕上がりとは思いましたが、
    一度使って、順当に良化してきました。
    暖かくなったこともあるでしょうが。
    毛ヅヤも筋肉のメリハリも上昇。
    上積みあります。
  • キャンベルジュニア
    フォトパドックへは
    昨夏のラジオNIKKEI賞以来で、
    さすがに馬体は大きくなって、
    成長は見られます。
    ただ、馬体からは中距離馬に見えますので、
    マイルは忙しいと思います。
    また、筋肉のメリハリも
    足りません。
  • エキストラエンド
    大きくは変わりません。
    間隔をしっかり取っているので
    高齢馬ですが、反動は
    気にしなくていいのと、
    緩いこともありませんので、
    若干、プラスくらいに見て
    いいかもしれません。
    京成杯AHで2着は
    ありますが、中山向きには
    見えませんね。
    力強さが足りないです。