展望 フローラステークス 2016.04.24 東京芝2,000m

穴を狙うなら断然このレース

フローラステークスの展望です。

穴を狙うなら、
断然このレースだと思っています。
そういう意味で勝負レース候補ですね。
抽選にもよりますけど。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第51回フローラステークス(G2)予想 2016年4月24日東京11R|KLAN

2016年4月24日東京11R 第51回フローラステークス(G2)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.注目馬

人気馬サイド

書いてみたら、
あまり面白くありませんでした。
ステイゴールドだらけになってしまって。

  • フロンテアクイーン
    唯一ステイゴールド産駒ではない、注目馬w
    クイーンカップで2着。
    ジリ脚でマイルは短いことは
    明らかで、桜花賞をスキップしてここへ。
    軸にはこの馬が最適とは思います。
    2着か3着でオークス本番で
    人気を落として馬券内に
    突っ込んでくれることを
    期待するためにも
    ここでは快勝だけは避けて
    欲しいところですw
    血統的には強調点はありません。
  • クロコスミア
    やっと距離延長してくれました。
    昨夏スローで良馬場だった
    コスモス賞から多少ぺースが
    上がって稍重になった札幌2歳Sで
    パフォーマンスを上げた馬です。
    ジワジワと伸びるタイプで、
    この条件は向くと思います。
    血統的にも父ステイゴールドに
    母系にNashwan、Sadler’s Wells
    と力の要る馬場が向きますので、
    オークスよりはこのレースで
    狙いたいタイプです。
    2勝馬なのでこのメンバーでは
    そこそこ人気するでしょうが。
  • コルコバード
    ぜひ、アタマで狙いたい馬です。
    牝馬限定戦の500万下で
    私が勝手にレベルが高いと
    思っている菜の花賞で
    1番人気3着。
    今回人気するであろう、
    フロンテアクイーンと差のない競馬を
    しています。
    そしてマイルでは追走に苦労するように
    距離延長がいい馬で、
    未勝利では牝馬限定重賞で
    いつもそこそこ好走する
    ラブリーアモンに快勝しています。
    ・・・・・と力関係にあまり言及すると
    このブログっぽくないので、
    血統の話をします。
    父ステイゴールドもそうですが、
    母系のRibot2本が強烈。
    このレースは東京芝2,000mなのに
    Ribot内包馬がやたらと馬券に絡む、
    ある意味特殊なレース。
    流れてくれれば突き抜けることを
    期待します。
    で、出れるかどうかが一番ですw

チェッキーノ
は使える脚が短いことから、
危険な人気馬と思っています。

ゲッカコウ

ギモーヴ
も東京芝2,000mで、
という気はせず、中山向きでしょうし。

ビッシュ
は強そうですが、さて。

穴馬サイド

出走できるかがカギですw

  • パラノーマル
    すみません、ステイゴールド産駒ばかりで。
    大荒れの2011年のフローラステークス2着馬、
    マイネソルシエールの下です。
    (雨で9番人気でステゴ産駒の
    バウンシーチューンが勝ち、
    15番人気のマイネソルシエールが2着したレースです)
    馬場が渋らないと厳しいかもですが、
    父がローズジインメイから
    ステイゴールドに替わって、
    ノーザンテーストのクロスが強烈。
    500万下でも全く勝負になってませんが、
    格上げでペースが流れることで
    一変する可能性が・・・・・
    血統からは5%くらいはあると思いますw

2.コース特徴/レース傾向

開幕週でも力の要る馬場注意

いつものKLANのコースデータをリンクします。

東京競馬場・芝2000mコース分析!血統など7項目のデータ傾向|KLAN

東京競馬場・芝2000mコース分析ページ。血統・枠番・騎手など7項目のデータから、競馬予想に直結するコースの傾向・特徴をまとめています。

スタートがポケットからとなりますので
基本、内枠先行有利のコースです。
ただし、上級戦ではペースが流れることも
多く、その場合は差しも十分決まります。

ではレース傾向はどうでしょうか。

KLANのレース傾向も
リンクしておきます。

フローラステークスの傾向|競馬データベースKLAN

フローラステークスの傾向を棒グラフや円グラフ、タグクラウドを使って見た目に分かりやすく分析。データは過去3~10年で任意の範囲を指定できます。枠番、脚質、血統などの項目からフローラステークスのレース傾向を見つけよう。

開幕週に行われるレースなんですが、
意外と差し追い込みが利きやすいレースです。
これは馬場の影響が大きいと思います。

この時期の東京はフローラステークス~
NHKマイルカップくらいまでは
それなりに力の要る馬場、
ヴィクトリアマイルくらいから
高速馬場になる傾向です。

ですので、血統に注目したい
ところです。
個人的には。
ただ、どスローもこの時期の
3歳牝馬戦として当然
あるにはあります。
そうなると血統というより、
位置取り合戦になります。

過去10年のラップタイムです。

どスローになったり、
そこそこ流れたり、
ばらつくレースです。

断然荒れるのは
流れたときですので、
流れた場合を
意識して馬を
選びたいところです。

ここまでいろいろとご紹介してきた、
KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


3.注目血統

開幕週ですが、
スタミナが問われます。
超スローにならなければ。

何はともあれ、
スタミナ問われれば、
この系統と思います。

  • ディクタス
    ベッラレイア(2007年1着。父ナリタトップロードはディクタス系)
    バウンシーチューン(2011年1着。父ステイゴールドはディクタス内包)
    アイスフォーリス(2012年2着。父ステイゴールドはディクタス内包)
    マイネオーラム(2014年3着。父ステイゴールドはディクタス内包)

まあ、ステイゴールドも
持ってますしね。

  • ノーザンテースト
    ヤマトマリオン(2006年1着。母父アンバーシャダイはノーザンテースト直仔)
    カレイジャスミン(2008年2着。母母母父ノーザンテースト)
    ワイドサファイア(2009年2着。母父ノーザンテースト)
    アグネスワルツ(2010年2着。母母父ノーザンテースト)
    バウンシーチューン(2011年1着。母母父ノーザンテーストでクロス有)
    マイネソルシエール(2011年2着。母母父ノーザンテースト系)
    ブリュネット(2013年3着。父ダイワメジャーはノーザンテースト内包)
    シングウィズジョイ(2015年1着。母母父ノーザンテースト)

二番手。
差しが決まる典型かと。

  • Grey Sovereign
    ヤマトマリオン(2006年1着。母母父Grey Sovereign系)
    ブロンコーネ(2006年2着。母父トニービンはGrey Sovereign系)
    カレイジャスミン(2008年2着。父タヤスツヨシはGrey Sovereign内包)
    ハシッテホシーノ(2009年3着。母父Grey Sovereign系)
    バウンシーチューン(2011年1着。母父トニービンはGrey Sovereign系)
    ミッドサマーフェア(2012年1着。父タニノギムレットはGrey Sovereign内包)
    ディアマイダーリン(2015年2着。父ハーツクライはGrey Sovereign内包)
    マキシマムドパリ(2015年3着。母父Grey Sovereign系)

東京2,000mで
こんなに来てるというのは
意外です。

  • Ribot
    ヤマトマリオン(2006年1着。母母母父Ribot系)
    ブロンコーネ(2006年2着。父ブライアンズタイムはRibot内包)
    レッドアゲート(2008年1着。父マンハッタンカフェはRibot内包)
    ミッドサマーフェア(2012年1着。父タニノギムレットはRibotクロス内包)
    アイスフォーリス(2012年2着。母母父Ribot系)
    ブリュネット(2013年3着。母母父Ribot系)
    ブランネージュ(2014年2着。母母母父Ribot系)
    シングウィズジョイ(2015年1着。父マンハッタンカフェはRibot内包)

あとは次点です。
特に馬場渋ってよし。

  • Sadler’s Wells
    ヤマトマリオン(2006年1着。父オペラハウスはSadler’s Wells直仔)
    カレイジャスミン(2008年2着。母父エリシオはSadler’s Wells全弟のFairy King直仔)
    ブルーミングアレー(2010年3着。母母父Sadler’s Wells)
    ピュアブリーゼ(2011年3着。母母母父Sadler’s Wells)

実は個人的には
あまり気にしません。

  • ゼンノロブロイ
    サンテミリオン(2010年1着)
    アグネスワルツ(2010年2着)
    サングレアル(2014年1着)

4.関連記事

よろしければ続きもどうぞ

この展望記事は週初に
書いており、私の見解も週中で
どんどん揺れ動きます。

もしよろしければ下記関連記事も
ご覧ください。

フォトパドックから馬体考察を行っています(04/20)。
状態面の見極めの一助になれば。
断然、注目はパールコード。

馬体考察 フローラステークス 2016.04.24 東京芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

見たかった馬はいない・・・が フローラステークス登録馬のフォトパドックを見て、馬体考察を行っています。私が見たかった馬はいません。まあ、1勝馬ばかりなので 仕方ありません。

1週前追い切り評価を行っています(04/21)。
最終追いと繋げて見るのが
大事と思っています。

1週前追い切り評価 フローラステークス 2016.04.24 東京芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

どうやらこちらがメイン扱い フローラステークスの1週前追い切り評価です。グリーンチャンネルで追い切り映像を 確認できた馬の印象を書いています。どうやら追い切り映像の頭数的にもこちらが今週のメインレース扱いに感じます。

追い切り評価です(04/22)。
追い切り時計、最終追い切りの印象、
中間含めた評価を行っています。

追い切り評価 フローラステークス 2016.04.24 東京芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

距離延長がどうか フローラステークスの追い切り評価です。最終追い切りに加え、中間の時計と本数、好調時の比較などを行っていきます。距離延長が利くかどうかを中心に見ていったつもりです。まだ3歳のこの時期なら、折り合えばこなせるとは思うんですが。