外国馬考察 ジャパンカップ 2015.11.29 東京芝2,400m

今年はチャンスあり?

ジャパンカップ出走予定の外国馬の考察です。
主に血統、実績の評価と
グリーンチャンネルで確認できた映像の
印象を記載します。

馬柱・予想ページはコチラ

スポンサーリンク

評価

あんまりレベルは高くなさげ

凱旋門賞2着のフリントシャーが
回避しましたからね。
フリントシャーは血統的には
全く興味なかったので、
私個人としてはあまり関係ありませんが。

名前にnetkeiba.comの血統表をリンクしておきます。

私の興味は今のところ、イトウ(Ito)にあります。
11/27追記
追い切りを見て、
トリップトゥパリス(Trip To Paris)
評価を上げます。
イトウ(Ito)は外国勢の二番手。

  • イトウ(Ito)
    馬名の由来は日本の初代内閣総理大臣の
    伊藤博文から来てるそうです。
    ・・・いや、なんとなく、皆さん
    気になってるかなって。
    ドイツ調教馬でドイツのG1、
    バイエルン大賞の勝ち馬です。
    4歳牡馬の逃げ馬です。
    ドイツ国外はこれが初めてですね。
    父Adlerflug(Sadler’s Wells系)に
    母父タイガーヒル(デインヒル直仔)です。
    母系はドイツ系です。
    Northern Dancerを4本持っていて、
    血統的にはまったく軽さがないのですが、
    東京競馬場での映像を見る限り、
    馬体をスラッと見せ、一番軽さを
    感じました。
    先週の東京は土曜日に
    RobertoとDanzigが好走してましたので、
    母父デインヒル直仔がある、
    この馬は脚質もあり、
    実は今、一番気になります。
    速い逃げを打って、
    消耗戦に持ち込んで欲しいです。
  • イラプト(Erupt)
    フランス調教馬でフランスのG1、
    パリ大賞の勝ち馬です。
    今年の凱旋門賞にも出走して
    5着でした。
    3歳牡馬です。
    外国馬の実績はNo.1でしょうね。
    この馬もフランス国外は初めてです。
    馬体は小さいのですが、
    筋肉質で短距離馬に
    見えるくらいです。
    キャンターでは硬さを感じました。
    父Dubawi(Mr. Prospector)に
    母父Caerleonで、
    血統的に事前には一番気になってました。
    凱旋門賞も柔らかい馬場が良くなかった、
    とかコメント出てましたし。
    ただ、Caerleonっぽい柔らかさを
    あまり感じなかったので、
    やや、興味を失ってますw
  • トリップトゥパリス(Trip To Paris)
    イギリス調教馬でイギリスの
    4,000mのG1ゴールドカップの勝ち馬です。
    この秋はオーストラリアに遠征し、
    G1コーフィールドカップで2着、
    G1メルボルンカップで4着でした。
    いずれも日本馬のフェイムゲームや
    ホッコーブレーヴに先着してますね。
    4歳セン馬です。
    残念ながら映像がなかったので、
    馬体は確認できていません。
    (東京競馬場への輸送が今日になったとか)
    父Champs Elysees(デインヒル直仔)に
    母父ファンタスティックライトです。
    戦績からは完全にステイヤーで、
    東京2,400mは短いんじゃないですかね。
    馬場適性もあまり期待できません。
    但し、ダンロップ厩舎は
    スノーフェアリー、ウィジャボードと
    日本のG1で好走しているので、
    そこだけが不気味です。
    11/27追記
    追い切りを見ました。一番馬場をこなせそうです。
    流石ダンロップ厩舎。
    多分、馬券買うと思います。相手ですが。
  • ナイトフラワー(Nightflower)
    ドイツ調教馬でドイツのG1、
    オイロパ賞の勝ち馬です。
    3歳牝馬です。
    そのオイロパ賞でイトウ(Ito)を下してますね。
    フランス遠征の経験があります。
    馬体はイトウ(Ito)ほどではありませんが、
    スラッとして脚の長さを感じる体型でした。
    ただ、陣営が今日になって、
    「もう少し雨が降ったほうがいい」とか
    コメントしているのがちょっと気になります。
    (陣営のコメントなんてアテになりませんが)
    父ディラントーマス(デインヒル直仔)に
    母父パントレセレブル(Nureyev直仔)なので、
    父、母父ともに凱旋門賞勝ち馬ですね。
    母系はドイツ系ですが、やはり血統的には
    重さを感じますね。
    斤量は魅力ですが、苦しいような気はします。