馬体考察 京成杯 2016.01.17 中山芝2,000m

果たしてクラシックに繋がるか

京成杯登録馬の
フォトパドックを見て、
馬体考察を行っています。

この10年の勝ち馬では
エイシンフラッシュしか
クラシックで好走していません。
今年は繋がる馬が出るでしょうか。

※私はまだまだ馬体見る目ありませんが、
自己修練のためにやっております。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第56回京成杯(G3)予想 2016年1月17日中山11R|KLAN

2016年1月17日中山11R 第56回京成杯(G3)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.各馬考察

上位は混戦?

当レースは6頭ありました。
競馬ラボさんも競馬ブックさんも
同じ掲載馬です。

競馬ラボさんのフォトパドックは↓です。
前走との比較がしやすいので、
まずはこちらを使います。

馬体FOCUS | 競馬ラボ

有力馬の馬体をレース直前の立ち写真や過去の比較写真でチェック!馬体から掴むことのできる各馬のデキ、巧拙を露わにする相馬眼が養えるコーナー!

競馬ブックさんのフォトパドック↓です。
バックナンバーを辿って前走比較します。

競馬ブックコーナー

2016年の中央競馬は東西の金杯でスタート。中山金杯は明け4歳のヤマカツエースが直線で堂々と抜け出し、昨秋の福島記念に続いて重賞連勝、ニュージーランドTと合わせて3つ目のGレース制覇となった。京都金杯のウインプリメーラはここが重賞初制覇となった6歳牝馬。ゆっくり力をつけてきたステイゴールド産駒だけに、まだ成長の余地がありそうだ。今週は3日間開催。メインはクラシックにつながる牡牝の3歳重賞、シ…

まず、掲載馬の状態面については
・マイネルラフレシア
が良く見えます。
間隔空いてますが、緩く見えません。

それほどよく見えなかったのは
・プロフェット
です。
順調に攻められているのかが若干、不安です。

適性面では
・ブレイブスマッシュ
はやはり距離が長いと思いますので、
割り引く予定です。

順番は競馬ラボさんの掲載順としています。

馬名ツナギ飛節全体像デキコメント
角度長さ
ブレイブスマッシュ普通普通普通ガッチリ胴詰まる
マイネルラフレシア立気味普通普通スラッと
プロフェット立気味普通普通前肢強い緩い?
プランスシャルマン普通普通普通バランス
メートルダール普通長め普通バランス
ウムブルフ立気味普通普通バランス少し緩い

※私の主観にしか過ぎません。

  • ツナギ角度
    寝ると芝良馬場向き。
    立つとパワー型。
  • ツナギ長さ
    距離適性に比例。
  • 飛節
    直飛節はパワー型&長い脚。
    曲飛節は切れ味型。
  • 全体像
    胴の長さが距離適性に比例。
    (下記は私の勝手なイメージ)
    前肢強いとトップスピードに乗るまでが速い。
    後肢強いとトップスピードが速い。

各馬もう少しコメントを。

  • ブレイブスマッシュ
    胴詰まりの体型から、
    2,000mは長いと思います。
    前走でも追い切りでも
    その傾向はあります。
    内枠引いて立ち回って着くらいのイメージ。
  • マイネルラフレシア
    2ヵ月間隔空いていますが、
    緩みは見られず、いい状態と思います。
    スラッと見せますので、距離延長は
    寧ろ、歓迎かも。
  • プロフェット
    両前肢にバンテージ。
    前々走札幌2歳Sの
    フォトパドックでは
    巻いておらず、これを
    どうみるか。
    あと、少し緩く映ります。
    前走萩Sはマイナス体重だっただけに
    戻ったと見るべきなのか、
    攻められていないと見るべきなのか、
    といったところです。
    私の感覚では後者です。
    前が強くツナギも立気味。
    力のいる馬場が向きそうです。
  • プランスシャルマン
    バランスのいい優等生タイプに見えます。
    どんな条件でもこなしそうですが、
    逆に得意とする条件もなさそうで、
    なかなか勝ちきれないタイプとも
    いえるかもしれません。
  • メートルダール
    ツナギは長めで、前走の瞬発力は
    ここから来ているのかと思う反面、
    馬体はバランスとれていますが、
    やや力強さを感じ、スローからの
    上がり勝負というよりは
    流れる展開を差し込む馬に思います。
    若干、緩いかもしれません。
  • ウムブルフ
    少し緩いですね。
    胸前などにメリハリを感じません。
    ツナギも立気味です。
    母系が強いのかもしれません。
    やはりスローからの上がり勝負というよりは
    流れてほしい気がします。
    馬場は悪くてもいいと思います。
Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク