馬体考察 根岸ステークス 2016.01.31 東京ダ1,400m

かなり仕上げている馬多い

根岸ステークス登録馬の
フォトパドックを見て、
馬体考察を行っています。

※私はまだまだ馬体見る目ありませんが、
自己修練のためにやっております。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第30回根岸ステークス(G3)予想 2016年1月31日東京11R|KLAN

2016年1月31日東京11R 第30回根岸ステークス(G3)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.各馬考察

次というよりここ狙いかも

マイル、というよりは
1,400m向きの馬が多い
印象も持ちました。

当レースは6頭ありました。
競馬ブックさんのみ
・グレープブランデー
があります。

1月20日~1月21日の撮影です。

競馬ラボさんのフォトパドックは↓です。
前走との比較がしやすいので、
まずはこちらを使います。

根岸S&シルクロードS | 馬体FOCUS | 競馬ラボ

競馬ブックさんのフォトパドック↓です。
前走比較はバックナンバーを辿ればできます。

競馬ブックコーナー

今年は昨年の日本ダービー2着馬、明け4歳のサトノラーゼンが1番人気に推され、7歳の古豪ディサイファとスーパームーンがそれぞれ2、3番人気となった。サトノラーゼンは好位を進んだが伸びを欠き、代わって中団からディサイファが楽々と抜け出して、昨夏の札幌記念以来となる4つ目の重賞勝ちを果たした。 …

まず、掲載馬の状態面については
掲載馬はいいデキと思います。
休み明けの馬が多いですが、
太め感ありません。
冬場ということを考えると、
かなり仕上がりがいいように
思います。

上位人気が想定される
・モーニン
にしても、ここを勝たないと
フェブラリーSに使えないと
いうこともあって、
仕上げていると思います。

それほどよく見えなかったのは
・マルカフリート
です。
前走後にさすがに緩めたそうで、
馬体が緩いと思います。

フォトパドック初登場の馬が
多いため、
順番は競馬ブックさんの掲載順としています。

馬名ツナギ飛節全体像デキコメント
角度長さ
モーニン普通普通普通前肢強いまだ細身
プロトコル寝る短め普通バランス少し胴長
レーザーバレット立つ短め普通ガッチリ腹袋は体型?
タガノトネール寝る短め普通バランス少し胴長
グレープブランデー普通長め普通バランス絞れる
マルカフリート立つ長め普通バランス少し緩い

※私の主観にしか過ぎません。

  • ツナギ角度
    寝ると芝良馬場向き。
    立つとパワー型。
  • ツナギ長さ
    距離適性に比例。
  • 飛節
    直飛節はパワー型&長い脚。
    曲飛節は切れ味型。
  • 全体像
    胴の長さが距離適性に比例。
    (下記は私の勝手なイメージ)
    前肢強いとトップスピードに乗るまでが速い。
    後肢強いとトップスピードが速い。

各馬もう少しコメントを。

  • モーニン
    多少、腰高に見えるため、
    成長の余地を残すかもしれません。
    立ち方の問題かもしれませんが。
    太め感はなく、この距離の
    ダート馬にしては細身に見えます。
    休み明け感は感じません。
    前が強いので、長い直線よりは
    短い方が向く気はします。
  • プロトコル
    あんまりダート馬っぽく見えないです。
    まあ、私の目には小柄にも見えたり
    するのに500kg超あるので、
    私の目が腐ってるんでしょうw
    ツナギは寝ていて短めと
    なかなか判別に難しいところですが、
    短めの距離で脚抜きのいい
    ダートが向きそうなイメージを
    持ちました。
    当たっているかはわかりませんw
  • レーザーバレット
    腹袋があるので、太めに見えますが、
    ブライアンズタイム産駒なので、
    体型なような気がします。
    そのせいか胴も短めに見えますし、
    やはり1,400mが一番と思います。
    ツナギが完全に立っているので、
    ダートであれば良馬場の
    パサパサのダートがいいです。
    地方交流で好走しているのも
    納得できる気がします。
  • タガノトネール
    ツナギが寝ていて、なるほど、
    脚抜きがいいダートが向くのは
    ここからか、という感じがします。
    胴長にも見えますが、
    ツナギが短めなので、
    やっぱり1,400mくらいが
    いいのでしょう。
    まったく太めを感じないので、
    休み明けは問題ないと思います。
  • グレープブランデー
    両前にバンテージは前走と同じ。
    チャンピオンズカップと比べると、
    絞れていますので、上積みが
    あると思っています。
    1,400mは忙しい感がありますが、
    ペースがあがれば終いに
    かけることができると思います。
  • マルカフリート
    まずはツナギが立っていて、
    アフリート産駒ですが、
    力の要るダートの方が
    いいと思います。
    若干、腹回りに余裕があります。
    距離は短い方がいいとは思います。
Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク