展望 エリザベス女王杯 2014.11.16 京都芝2,200m

エリザベス女王杯の展望です。

KLANの予想ページはコチラ

1.注目馬

人気サイド

・メイショウマンボ
昨年勝ち馬。母父グラスワンダーがRoberto系。
近走不振も牝馬限定なら崩れてない。
しかし、軸に出来るかというと、いろいろ不安がある。

・ディアデラマドレ
目下の充実度を評価して。
血統としては特に強調点ない。
母ディアデラノビアの3着程度。
デキもいい。

穴サイド

・フーラブライド
叩き良化を期待。
ゴールドアリュール産駒はNijinskyクロスがあると、
芝の中距離馬に出る(トウカイパラダイス然り)。
ヴィクトリアマイルのデキであれば、
適性UPが見込めるこの舞台なら、
勝ちきってもおかしくない。

・グレイスフラワー
母父カーネギーはSadler’s Wells直仔。
末期の新潟で強い競馬をしたように、
荒れ馬場になれば。
父ダイワメジャーだけれども、母系が強いと思う。
距離は問題なし。

・オメガハートロック
ちょっと距離とか不安ですが、血統だけなら。
祖母がハーツクライの母で母父エルコンドルパサーで、
潜在的なスタミナはありそう。
前走は明らかに仕上がり不足で中間を見て。

あとたぶん、出れないけど、
・トーセンアルニカ

2.注目血統

意外ですけど、重めの血統が台頭してます。

・Sadler’s Wells
オースミハルカ(2004年2着/2005年2着。父フサイチコンコルドはSadler’s Wells内包)
エルノヴァ(2004年3着。母父Sadler’s Wells)
スノーフェアリー(2010年1着/2011年1着。母系にSadler’s Wells)
メイショウベルーガ(2010年2着。母父Sadler’s Wells)
ピクシープリンセス(2012年3着。母母父Sadler’s Wells)

・ダンシングブレーヴ
スイープトウショウ(2005年1着/2006年2着/2007年3着。母父ダンシングブレーヴ)
リトルアマポーラ(2008年1着。母父)コマンダーインチーフはダンシングブレーヴ直仔)
カワカミプリンセス(2008年2着。父キングヘイローはダンシングブレーヴ直仔)
※降着とはいえ、2006年の1位入線もある

あと、Robertoもいい。ここ最近父から母父Roberto系が4連覇中。
スノーフェアリー(2010年1着/2011年1着。父Roberto系でRobertoクロス)
レインボーダリア(2012年1着。父ブライアンズタイム)
メイショウマンボ(2013年1着。母父グラスワンダー)

Bold Rulerも注意。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク