追い切り評価 エリザベス女王杯 2014.11.16 京都芝2,200m

エリザベス女王杯の追い切り評価です。

中間を書き足しています。

KLANの予想ページはコチラ
展望編はコチラ
1週前追い切り評価はコチラ

1.評価したい馬

こんな順番になりました。
人気面ではディアデラマドレやフーラブライドに目が移ります。

01ラキシス
栗東CWで3頭併せの内から、馬なりで併入。
最後併せたのはキャトルフィーユ。
今週の追い切りだけなら、これが一番でしょう。
角居厩舎の追い切り方式からいっても。
ただ、川田騎手騎乗時はどの馬も時計出るので、
その分は割り引いて考える必要はある。
(追記)前走オールカマー後も順調に乗り込み。
最終追い切りで急激に良化した印象。
しっかり仕上がった。
切れないので、内で包まれると出て来れない懸念はある。

15ディアデラマドレ
栗東CWで3頭併せの内から、馬なりで併入。
先週見た感じとあまり変わらず。
もっと楽々抜けてくることを期待していたので、
やや期待はずれではあるが、状態はいい。
(追記)中間も順調。OK、狙える。

16スマートレイアー
栗東坂路で併せて、終い追われて、半馬身ほど先着。
いつも坂路で一番時計近く、出る馬。
変わらず、動きはいい。
(追記)中間のウッドもすごい時計。
デキだけは間違いない。

02フーラブライド
栗東CWで単走、終い一杯に追われる。
うーん、まだ良化途上といったところ。
前走よりは上積みあると思うので、
馬券圏内は十分あると思うが、
これでは頭からは行きにくい。
(追記)1週前の時計を見て、若干、安心。
あとは絞れていれば(追い切り後の馬体重は当てにならない)

13コウエイオトメ
栗東坂路で単走、終い追われる。
いつも時計出る馬だが、それにしても動きいい。
実は京都大賞典の牝馬では最先着と
京都は得意。馬券内あっても。
(追記)1週前もウッドで好時計。これなら狙っても。

2.その他(枠順)

メイショウマンボは精神面のような気がします。
3歳勢は秋華賞の反動が気になります。

03キャトルフィーユ
栗東CWで3頭併せの真ん中で、終い追われてほぼ併入。
最後併せたのはラキシス。
ラキシスと比べると、やはり見劣る。
(追記)中間しっかりやれてる。
上積みはあるとは思うが、
京都適性があるとは思えず。

04オメガハートロック
美浦坂路で単走、強めに追われる。
堀厩舎で強めに追われている時点でまだまだ。
(追記)中間もまだまだ。

05ヌーヴォレコルト
美浦南Wで単走、終い追われる。
美浦のウッドが重いこともあってか、
終い時計かかる。
やはり、秋華賞と比べると見劣る。
(追記)ほぼ、1週前と今週の2本のみ。
良くて平行線。

06メイショウマンボ
栗東坂路で併せて、終い追われて併入。
今年に入って、追い切り時計はいつもいいので、
わかりにくい部分はある。
いつもと違って、最終追いも助手で行った。
・・・・・となると、精神面なのかもしれない。
いつ走るかがますます読みにくい。
(追記)中間も順調で追い切り時計だけでは
わからない部分が多い。

07サンシャイン
栗東DPで内から併せて、終い追われて、ほぼ併入。
追われて突き放せないのは物足りない。
(追記)中間も平凡。

08グレイスフラワー
美浦南Wで外から併せて、馬なりで併入。
宗像厩舎ということ軽めなので、目立たないが、
決して悪くない。この馬なり。あとは相手関係。
(追記)中間は強調点なし。あくまでいつもどおり。

09ホエールキャプチャ
美浦南芝で単走、馬なり。
気に入らないし、1週前も物足りず、
これでは買う気にならない。
(追記)陣営が吹いてるのがよくわからない。

10ヴィルシーナ
栗東CWで内から併せ、一杯に追われて1馬身ほど先着。
仕上がってるように見えない。
調整過程が狂って、府中牝馬S使えなかったこともあるし、
いきなりで、勝負になるとは思えない。
(追記)中間見ても約1ヵ月空いてる。
これではあまりに無謀。

11レッドリヴェール
栗東坂路で併せて、ほぼ馬なりで半馬身ほど先着。
間隔詰まって、強くやれないんだろうなあと思ってしまう。
そんなに酷評するほどではないですけどね。
人気ないなら、紐には一考の価値あるとは思いますよ。
(追記)1週前、しっかりやってるので、やっぱり悪くない。
馬体重は減りそうだが、シルエットで見極めたいところ。

12ショウナンパンドラ
栗東坂路で単走、ほぼ馬なり。
1週前で感じたデキ落ちの兆候は今週はあまり気にならず。
ただ、追われてどうかという部分はある。
(追記)ヌーヴォレコルトと比べると、輸送がない分、
しっかりやれている印象はある。

14サングレアル
栗東CWで単走、終い一杯に追われる。
まあ、しっかり追えたのはいいこと。
本格化は来年?
(追記)やっぱり中間は軽い。

17ブランネージュ
栗東DPで単走、終い追われる。
まずまず、しっかりやってきた。
3歳牝馬のなかでは、前進一番あっても。
但し、個人的には前走が条件ピッタリで、
外回り、距離延長がどうか。
(追記)中間は軽め。上積みは疑問。

18アロマティコ
栗東坂路で単走、一杯に追われる。
ちょっと、終いは時計かかる。
この馬が終いかかるときはあまりいい印象ない。
もともと、平坦がいいので、京都はいいんだろうけど。
(追記)中間もしっかりやっていて、勝負気配は
感じるけれども、やはり終い1Fが甘いのが気になる。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク