1週前追い切り評価 ジャパンカップ 2014.11.30 東京芝2,400m

ジャパンカップの1週前追い切り評価です。

KLANの予想ページはコチラ
展望編はコチラ

本日は50音順です。
さすがジャパンカップはたくさん、映像あります。

・イスラボニータ
美浦南Wで3頭併せの最内から併せて、ほぼ馬なりで併入。
動きは軽くていいのですが、天皇賞秋の追い切りと比べると、
好調キープといった感じ。
あとは展開と枠で買うべきかどうかを見極めるべきと思います。

・エピファネイア
栗東CWで単走、終い追われる。
追われてから頭上げたり、反応イマイチ。
走ることに集中できていない感じ。
ただ、今回、比較的当たりの柔らかい福永騎手から、
スミヨン騎手へ乗り替わりということで、
変わる要素はあります。精神面のような気はするので。

・ジェンティルドンナ
栗東坂路で併せて、終い追われて、半馬身ほど先着。
軽めですかね。ムーア騎手乗せてますが、あまり時計は出してません。
この追い切りだけだと、なんとも。

・ジャスタウェイ
栗東坂路で併せて、終い仕掛けて併入。
併せた相手に手応え劣るという物足りなさの残る内容。
凱旋門賞のダメージが残っているという見方が
適切かと思います。
2,400mがベストとも思えませんし、危険と見ます。
馬場適性はいいとは思いますが、ね。

・スピルバーグ
美浦坂路で3頭併せの真ん中で、終い追われて併入。
時計が遅いのは今の美浦坂路なら仕方なし。
しっかり追い切りやれているのが、この馬には一番でしょう。
何せ、これまで順調に使えなかったのですから。
脚質はともかく、デキは評価すべきと思います。

・デニムアンドルビー
栗東CWで3頭併せの真ん中から、終いだけ仕掛けてほぼ併入。
仕上がりだけなら、この馬でしょう。
3頭併せの真ん中からほぼ馬なりという、The角居厩舎という追い切り。
使って上積みかなりあります。
今週は輸送もあり、さらに軽いでしょうが、
しっかり仕上がっています。

・ハープスター
栗東CWで内から併せ、一杯に追われて半馬身ほど先着。
併せた相手はマイルチャンピオンシップ出走のタガノグランパ。
追われても、もさもさしていて物足りないです。
帰国初戦だからなのか、冬は走らないのか。
評価しません。

・フェノーメノ
美浦南Wで内から併せて、終い追われるも半馬身ほど遅れ。
併せた相手に完全に手応え見劣る。
状態上がってきません。
天皇賞秋で感じた違和感はまだ残ってます。
これでは狙えませんね。

・ワンアンドオンリー
栗東坂路で併せて、終い一杯に追われるも半馬身ほど遅れ。
併せた相手は2歳のダノンメジャー(今週の京都2歳S登録)。
この映像だけ見ると、2歳馬に遅れて見劣りますが、
この馬のタテの比較では、十分動いています。
東京がベストかといわれると微妙な面もありますが、
菊花賞よりは条件も状態も好転しているようには映ります。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク