展望 アルテミスステークス 2015.10.31 東京芝1,600m

今週は3重賞ですね。
東京土曜日の2歳牝馬重賞、アルテミスステークスの展望です。

まだ4回目と歴史の浅いレースです。
勝ち馬より2着馬の活躍が目立ちますね。
アユサン、レッツゴードンキが桜花賞を制覇しています。

仕上がりの早い馬を狙いたいところです。
先を見ると、距離持たなさそうな馬も2歳のこの時期なら持ちますしね。

穴を狙うなら前に行ける馬がよさそうです。
差して馬券になる馬は人気馬ばかりです。

KLANの馬柱・予想ページはコチラ

1.注目馬

人気サイド

いない。
血統的には。
今年は重い血統ばかり。

とはいえ、人気のメジャーエンブレム
普通に馬券圏内だとは思います。

一応、メジャーエンブレム
母母母父にDanzig系持ってます。
が、それ以上に母父オペラハウス、
母母父Rainbow Questが重すぎ。
で、父ダイワメジャーですからね。
パワータイプは間違いないです。
2歳牝馬重賞ではいかにも軽さ負けしそうですが。

カイザーバルなんてエンパイアメーカー×ダンスインザムードを2歳で買うのか?
Raise a Nativeクロスがあるとはいえ。
新潟2歳Sでお世話になったウインファビラスもなあ・・・
お気に入りのクロコスミアもなあ、洋芝だから買ったんだしなあ・・・

穴サイド

無理やりひねくりだした感、満載ですけど。

・ビービーバーレル
いまや「湿ったダートといえば」のパイロ産駒。
パイロ自体がA.P. Indy系×Nearctic系で
いかにも一本調子のダート短距離って感じがするところが、
このレースには向きそう。
一応、Mr. Prospector持ち。
前に行ってくれれば。

放牧から戻ったばかりで時計出してない
みたいなので、そこだけは注意。

他には?
Mr. Prospector系ってだけでジープルメリア
Raise a Nativeクロスのテイケイレーヴ
いやいや、ワークフォース産駒ですよ?重すぎでしょ。

2.注目血統

まだ過去3回ですしね。傾向めいたものはないといっていいでしょう。
そんな中でピックアップするのであれば、仕上がりの早い血統ですね。
下記に限らず、ダートの短めな血統が良さそうに見えます。

・Danzig
パシフィックギャル(2013年2着。母母父がDanzig系)
ニシノミチシルベ(2013年3着。母母母父がDanzig)
ココロノアイ(2014年1着。母父デインヒルがDanzig系)

・Mr. Prospector(Raise a Native)
まあ、ほとんど持ってますよね。Raise a Nativeまで広げてしまうと。
過去3年で持ってないのはマーブルカテドラルとココロノアイです。
この2頭は勝ちきってますので、紐で狙うのがいいかもですね。
クロスがあった馬に限定すると・・・
ウインプリメーラ(2012年7番人気3着。母系にRaise a Nativeクロス)
パシフィックギャル(2013年6番人気2着。Mr. Prospectorクロス。Raise a Native3本クロス)
レッツゴードンキ(2014年1番人気2着。Mr. Prospectorクロス)

・Storm Cat(Storm Bird)

コレクターアイテム(2012年1着。母父Storm Bird)
アユサン(2012年2着。母父Storm Cat)
トーセンラーク(2014年3着。母父Storm Cat系)

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク