1週前追い切り評価 皐月賞 2016.04.17 中山芝2,000m

ますます堅そう

皐月賞の1週前追い切り評価です。
グリーンチャンネルで追い切り映像を
確認できた馬の印象を書いています。

12頭あります。

なお、最終追い切りを探して当記事に
辿り着いた方はどうもスミマセン。

最終追い切り関係の記事は
↓に書いていきますので、
よろしければ見てやってください。

追い切り評価 皐月賞 2016.04.17 中山芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

皐月賞の追い切り評価です 最終追い切り時計、中間も含めた追い切り評価を行っていきます。

なお、1週前追い切りは時計だけなら、馬三郎さんにあります!

馬三郎タイムズ TOP

デイリースポーツとnetkeiba.comがおくる究極のインターネット競馬新聞。全レース対応の馬柱・調教タイムを毎日速報などの予想情報から、便利なIPAT連動機能と収支分析まで競馬ファンをサポート。レース映像も見放題。

左フレームの「1週前メーンマル得情報」を
選ぶと、当週の重賞の
1週前追い切りタイムが確認できます。
こちらも全頭ではありませんが、
活用しましょう!
G1以外もあるのが有難いです。

馬柱および現時点の私の予想印は↓です。
各馬の一行コメントも記載しています。

第76回皐月賞(G1)予想 2016年4月17日中山11R|KLAN

2016年4月17日中山11R 第76回皐月賞(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

評価

上位陣極めて順調

1週前追い切りでは
・リオンディーズ
が断然上積みという意味で
明らかにいいです。

・マカヒキ
・サトノダイヤモンド
も極めて順調とは思います。
ここに来て追い切りの強さは
上げてきています。

あとは先入観あるかもですが、
・エアスピネル
もスローを考えると、いかにも
向きそうな走りをしています。

あとTwitterでも呟いてますが、
コースで併せた馬が全部、
内から併せています。
たまたまなのかもしれないですが、
皐月賞のレース本番を
意識したときにある程度、
内を回したいという意図の
表れなのかな、とか
妄想したりしていますw

50音順です。

  • アドマイヤダイオウ
    栗東CWで内から併せ、一杯に追われて2馬身以上先着。
    追われてジリジリ伸びる感じで、
    キレ味はあまり感じません。
    時計はいいんですが、
    もともと動く馬で、
    さほど強調する点はありません。
    前走若葉Sの最終追い切りは
    素晴らしかったこともあります。
    この感じでラスト1Fが12秒を
    切ってくるというのは
    馬場が速いこともあると思います。
  • エアスピネル
    栗東CWで内から併せ、一杯に追われて2馬身以上先着。
    何気に1週前をコースで
    しっかりやってきたのは
    初めてです。
    これまでは週中は坂路で、
    週末に軽くコースで
    追うくらいでした。
    ややピッチ気味ですが、
    力強さと回転の速さを
    十分に感じる脚捌きです。
    好調でしょう。
    スローになった場合は
    皐月賞に十二分な
    適性を感じます。
  • サトノダイヤモンド
    栗東CWで内から併せ、一杯に追われて1馬身以上先着。
    追われてからの全身を使った走りが
    素晴らしいと思います。
    距離が延びたほうがいいです。
    気が早いですが、ダービーと菊花賞は
    状態が良ければこの馬だと思います。
    トップスピードと使える脚の長さが
    一番の強みである反面、
    一瞬の脚を求められる展開では、
    キレ負けの懸念はあります。
    また、完成度ではまだまだのようには
    映ります。
    きさらぎ賞からのローテを取ったのも、
    成長待ちの部分はありそうです。
    これまでの仕上げよりは
    しっかりやってきてはいますが。
    それでも勝負になってしまいそうなあたり、
    相当なスケール感を感じます。
  • ジョルジュサンク
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて1馬身程度遅れ。
    追い切りの動きは
    正直見栄えしませんが、
    追い切りでは動かない馬で、
    この馬にとっては自己ベストで
    動けているくらいです。
    パワータイプで長い脚を使うのが
    ヴィクトワールピサ産駒の
    特徴になってきそうです。
    ただ、ここでは展開に恵まれたとしても
    かなり厳しいでしょう。
  • ディーマジェスティ
    美浦南Wで内から併せ、強めに追われて半馬身程度先着。
    かなり内目を回しています。
    4頭くらい馬が密集していて
    見えづらいですが、強めに
    追われてジリジリと先着、
    といった感じです。
    この馬も距離が延びた方が
    良さそうで、一昔前の
    皐月賞にはピッタリな感はあります。
    (私が母系を見ているからかもしれません)
    ただ、ペースが落ち着いてしまった場合は
    用無しだと思います。
  • ナムラシングン
    栗東坂路で併せ、終い仕掛けて併入。
    軽めです。
    ずっと使っていますし、
    それほど動く馬でもないですので、
    このくらいで十分とは思いつつ、
    今回は相手が違うこともあって、
    これまで通りの仕上げでは
    通用しない気もしています。
  • プロフェット
    栗東CWで内から併せ、強めに追われて1馬身程度遅れ。
    まだまだ感がありありです。
    時計自体は前走京成杯の
    1週前と変わりませんし、
    木曜追いで馬場が不良だったとか、
    いろいろ言い訳はできそうですが、
    一気の相手強化で、
    この仕上げで通用するとは
    思えません。
  • マウントロブソン
    美浦南Wで単走、馬なり。
    軽めの内容です。
    中3週になりますし、
    調整としてはこれでいいと思います。
    軽すぎて状態はわかりにくいと
    いうのが正直なところですが、
    硬さはなさそうなので、
    好調キープとは思います。
  • マカヒキ
    栗東CWで内から併せ、一杯に追われて1馬身以上先着。
    恐ろしい時計が出ていますが、
    内目を回った、
    川田騎手騎乗、
    馬場が速いなど、
    いろいろ要因はあります。
    まあ、状態が悪くて
    出る時計ではないので、
    状態はいいと思います。
    陣営は「跳びが大きいので
    時計は出る」とコメントしていますが、
    そんなに跳び、大きいですかね。
    あまりピンときません。
    また、私見ですが、
    時計ほどの迫力を
    感じません。
    この時計を見ても、
    ゆくゆくはマイラーなんだと思います。
  • リオンディーズ
    栗東CWで内から併せ、終い仕掛けて1馬身程度先着。
    使って明らかに良くなりましたね!
    弥生賞では最終追い切りでも
    少しモタモタしている部分がありましたが、
    今回は1週前の段階で、
    反応よく抜け出します。
    この軽さはスローになった場合にも
    武器になります。
    また、追い切りだけを見ると、
    併せてもしっかり折り合って
    運べているのも好印象です。
  • リスペクトアース
    美浦南Wで内から併せ、一杯に追われて1馬身程度先着。
    時計はそこそこ出ていますが、
    ズブさを感じますね。
    一杯に追われても反応鈍いです。
    石川騎手とは手が合いそうな
    気はします。
    勝ち負けというよりは
    ペースという意味で注目したい馬です。
  • ロードクエスト
    美浦南Wで3頭併せの内から、馬なりで1馬身程度遅れ。
    手綱を引いて、押さえているので、
    遅れ自体はまったく気にしなくていいです。
    コーナーでの脚が目立ちますので、
    使って前向きさが出てきたようです。
    そのこと自体はいいこととは
    思うんですが、距離延長と
    ペースが落ち着きそうなことを
    考えると、折り合い面では
    不安があります。
    まあ、後ろからになれば
    関係ないとは思いますが。
    コーナーでの行きっぷりの良さから、
    改善する可能性は少し感じます。