追い切り評価 皐月賞 2016.04.17 中山芝2,000m

皐月賞の追い切り評価です

最終追い切り時計、中間も含めた
追い切り評価を行っていきます。

現在のステータスは「3rdSTEP」(最終版)です。

変更履歴
1stSTEP:水曜追いの時計を一覧化(04/13) 。木曜追い、抽選突破馬の時計を追記(04/14)。
2ndSTEP:最終追い切りの印象を追記(04/15)。
3rdSTEP:中間を加味した最終版(04/16)。

馬柱および現時点の私の予想印は↓です。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第76回皐月賞(G1)予想 2016年4月17日中山11R|KLAN

2016年4月17日中山11R 第76回皐月賞(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.最終追い切り時計

追い切り時計の一覧です

JRAが最終追い切りは映像を
公開していますので、
よろしければご覧になることを
お勧めいたします。

調教映像:皐月賞 今週の注目レース JRA

栗東坂路が先週までとは
一転、やや時計かかっています。
チップ入れ替えらしいです。

木曜追いは
・アドマイヤダイオウ
・マウントロブソン
・ウムブルフ
の3頭です。

馬番の順です。

馬名場所騎乗タイム併せ
01ドレッドノータス栗東坂路藤岡佑4F54.7-39.7-25.7-12.7馬也併入
02ジョルジュサンク栗東坂路吉田隼4F56.0-40.4-26.0-12.7一杯併入
03マカヒキ栗東坂路助手4F52.7-38.6-25.7-13.0馬也
04アドマイヤダイオウ栗東CW助手4F59.6-42.4-13.7馬也
05マウントロブソン美浦南WTベリ4F53.4-39.0-12.7一杯併入
06ミライヘノツバサ美浦坂路柴田大4F55.1-40.6-26.7-13.5馬也先着
07ウムブルフ美浦南W助手5F72.2-56.2-41.2-13.2馬也
08ミッキーロケット栗東坂路助手4F55.1-40.6-26.7-13.5馬也先着
09ナムラシングン栗東坂路田辺4F56.0-39.5-25.8-12.9強め先着
10トーアライジン栗東坂路助手4F57.2-41.9-26.7-13.2馬也
11サトノダイヤモンド栗東CWルメー6F84.2-67.5-53.4-39.6-11.9仕掛先着
12リスペクトアース美浦南W石川5F67.0-52.0-37.9-13.3強め併入
13プロフェット栗東坂路助手4F53.6-38.5-24.4-12.0一杯先着
14ロードクエスト美浦南W池添5F67.5-52.4-38.3-12.6一杯先着
15エアスピネル栗東坂路助手4F53.9-39.3-24.9-12.0強め先着
16リオンディーズ栗東CWデムー5F67.3-52.3-38.7-11.8馬也遅れ
17アドマイヤモラール美浦南W内田4F51.0-37.8-12.6一杯
18ディーマジェスティ美浦南W蛯名5F67.4-51.6-36.6-12.3強め遅れ

2.評価する馬

甘めの評価です

私にしてはけっこう、甘めに
かつ人気馬に日和った(?)、
評価をしています。

しかし、外枠の馬ばっかですね・・・

5頭挙げます。
評価する順です。
中間を見て、
順序を入れ替えました。
上積みの差です。
やはり叩き良化が好きなもので・・・
変更前は
・サトノダイヤモンド
・リオンディーズ
・ロードクエスト
・プロフェット
・エアスピネル
でしたが、
リオンディーズ、ロードクエスト、
エアスピネルの評価を上げました。
特にロードクエストは
中間、中3週にも関わらず、
かなり意欲的です。

  • 16リオンディーズ
    栗東CWで3頭併せの内から、馬也で1馬身程度遅れ。
    遅れ自体はそもそも追いつく気がないので
    気にしなくていいです。
    軽さも感じますし、
    全身を柔らかく使えていますので、
    デキは使って上積み十分と思います。
    また、前走弥生賞追い切り時は
    頭を上げて前の馬を
    追いかける素振りを
    見せていましたが、
    今回はしっかり折り合っていました。
    2歳時はデビューが遅かったため、
    幼さを覗かせていましたが、
    だいぶ、精神面でも成長してきたと
    思います。
    ま、レースにいったらわかりませんが。
    中間は3/16から
    軽めの時計を坂路で出しはじめ、
    速めの時計は3/30から。
    ここからコースで4本やれてますし、
    本数は足りているとともに、
    強くやらなくても動けるように
    なってきています。
    きっちり仕上げてきたと思います。
    2歳時より順調に乗り込めています。
  • 14ロードクエスト
    美浦南Wで3頭併せの内から、一杯に追われて2馬身以上先着。
    2歳時は軽めの追い切りが
    多かったんですが、
    やはりダービーよりは
    ここ勝負なんですかね。
    この中間、追い切りの強度を
    挙げてきました。
    前走もかなり仕上がっていたので、
    大きな変わり身はありませんが、
    若干は上積みありそうです。
    中間、レース(スプリングS)が3/20に対し、
    時計の出しはじめが3/27とダメージが
    なかったことが伺えます。
    3/30には坂路で速いところを、
    その後2週は週中コースで速いところ、
    週末坂路で軽め、と
    中3週ではありますが、
    かなりしっかり乗り込んでいます。
    実はこの馬、間隔を空けずに
    続けて使うのは、デビュー以来、
    初めてですが、これだけやれていれば、
    上積みを十分見込めます。
  • 11サトノダイヤモンド
    栗東CWで内から併せ、終い仕掛けて1馬身以上先着。
    馬也で抜け出して、仕掛けられると
    突き放します。
    特に追われてから全身を使った
    走りに変わるところがいいです。
    また、手前を気持ち悪いくらい
    スムーズに変えています。
    馬体から感じるイメージ通りの
    バランスの良さです。
    飛び抜けた武器は
    現状感じさせませんが、
    「オールA」といってもいい、
    総合力を感じさせます。
    これまででは一番仕上げていますが、
    まだ仕上げ切ってはいません。
    極端な競馬にならなければ、
    まず、勝ち負けと思っています。
    中間は3/21から
    週末は坂路で軽め、
    週中にコースで6Fから。
    計坂路4本、コース3本やってきています。
    これはデビュー前より多く、
    仕上げに来ているのは確かです。
    それでも動きが良化したのは
    1週前からで、まだ先を見据えた
    仕上げではあります。
  • 15エアスピネル
    栗東坂路で併せ、強めに追われて2馬身程度先着。
    追い切りは動く馬ですが、
    ラスト1Fの伸び脚は
    今週の栗東坂路では
    出色だと思います。
    やはり馬場は悪い方がプラスですね。
    ただ、しっかり溜めて終いを
    伸ばす追い切りですので、
    距離への不安は少なからず、
    ありそうです。
    この枠でどう立ち回るかは
    武豊騎手の手腕にかかる部分が
    大きそうです。
    中間は3/15から時計を出しはじめ、
    速いところは3/24から、
    坂路3本、コースは1週前の1本。
    これ以外にも週末にも時計を出してますし、
    本数はこれまでで一番です。
    直近2週は強めに追われていますが、
    中間は馬也や仕掛け程度でも、
    時計は良くなっています。
    1回叩いて順調に良化しています。
  • 13プロフェット
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて1馬身程度先着。
    この時計が出せるとは
    思っていませんでした。
    若干、今週にしては馬場が
    綺麗な時間帯ではありますが。
    フォトパドックを見て酷評したもんですが、
    もう一度見直すと変わって見えてくるから
    現金なものですw
    細めには見えるんですが、
    胸前などにメリハリが出ています。
    ただ、やはりパワータイプには
    見えないので重馬場は
    あまり良くない気がします。
    ある意味ハービンジャーっぽくない馬です。
    3/17から時計を出しはじめ、
    速いところはコースで3本、
    最終追いの坂路1本。
    前走京成杯よりさらに
    順調に乗り込めています。
    間隔は空いていますが、
    細身の今はその方が
    仕上げやすいのかもしれません。
    きっちり仕上がりました。

3.評価しない馬

大勢に影響なし

これまでの成績含め、
これで好走したらビックリします。

  • 10トーアライジン
    栗東坂路で単走、馬也。
    相当、下が悪い時間帯ではありますが、
    頭も高く、前への推進力がありません。
    平々凡々な追い切りです。
    中間も坂路で
    やってはいますが、
    やはり平凡ですね。

4.その他

重馬場巧拙が出やすい週

特に栗東坂路は特に後半、
かなり時計がかかっていますので、
こういう馬場でどのような走り方を
するか(時計だけではなく)が
重馬場の巧拙に繋がってくると思います。

馬番の順です。

  • 01ドレッドノータス
    栗東坂路で併せ、馬也で併入。
    早い時間帯でまだ時計は出やすい方。
    軽めの内容です。
    動きは軽快ではあるんですが、
    前走スプリングSも3か月ぶりで
    速い時計3本での出走。
    今回も軽めの内容。
    攻めきれない何かが
    あるのではと勘繰ってしまいます。
    中間速いところは
    コース1本、坂路1本。
    大きな変わり身は
    見込めないと思います。
  • 02ジョルジュサンク
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて併入。
    かなり下が悪い時間帯です。
    なので、時計は平凡ですが、
    ヨレるところも見せず、
    真っ直ぐ上がってきます。
    終い重点であることは
    割り引く必要ありますが、
    力の要る馬場が向く馬です。
    中間は坂路中心で
    しっかり乗り込まれています。
    コースでも1本好時計を
    出しているように状態はいいです。
  • 03マカヒキ
    栗東坂路で単走、馬也。
    この前にウッドでコース追いを
    行っての2本追いのようです。
    かなり下は悪い時間帯で、
    その点を考慮すると
    時計は優秀で、
    やはり追い切りは動く馬です。
    この馬もこれまでで
    一番攻めてきてはいます。
    ただし、懸念と思っているのは、
    全くの馬也でありながら、
    終いを伸ばすことができなかったことで、
    少しブレながらの登坂であることも
    含め、道悪は決して歓迎ではないです。
    中間は3/20から時計を出しはじめ、
    速いところは3/24から坂路2本、コース2本。
    これまでと比べると、
    追い切り強化しており、
    しっかり仕上がっていると思います。
  • 04アドマイヤダイオウ
    栗東CWで単走、馬也。
    水曜日にゲート試験を行った関係で、
    木曜追いとなっています。
    4F追いで軽めの内容です。
    この追い切りだけではなんともいえず、
    1週前追い切りを重視すべきとは
    思いますが、当週にゲート試験を
    受けざるを得ない状況というのは
    決してプラスではないです。
    中間はコースで3本。
    速いところは1週前の1本のみ。
    デキはキープといったところでしょうか。
  • 05マウントロブソン
    美浦南Wで3頭併せの内から、一杯に追われて併入。
    4F追いです。
    個人的に意味がよく分からない、
    4Fの一杯追いではあります。
    果たして厩舎の指示通りだったは
    疑問が残るところです。
    かなりTベリー騎手がアクション激しく
    押してきますが、「反応悪っ!」
    という感じで、切れ味より長い脚、
    という馬であるとともに、相対的に
    重馬場は良さそうです。
    ただ、G1で勝ち負けできるかというと、
    上積みが見込めなさそうな意味でも、
    やや懸念の方が強いです。
    中間、速いところは
    コースで2本、遅めの坂路を2本。
    中3週にしてはやっているほうと
    思いますが、やはり最終追いで
    一杯追いをしなければならない、
    という点は堀厩舎っぽくなく、
    気になります。
  • 06ミライヘノツバサ
    美浦坂路で併せ、馬也で僅かに先着。
    中1週ですし、極めて軽めの内容です。
    ですので、これだけではなんとも
    言い難いのですが、美浦の坂路も
    まあまあ時計はかかっていそうな状況で、
    全くブレずに上がってきますので、
    陣営のコメント通り、道悪の方が
    いいのだと思います。
    中間はこの1本だけです。
  • 07ウムブルフ
    美浦南Wで単走、馬也。
    この馬も中1週で軽めです。
    頭が高く見えますが、
    終始手綱を引かれての
    追い切りなので、やむなしでしょう。
    エンジンのかかりが遅い馬ですので、
    ペースが上がることはいいとは思います。
    いい馬であることは間違いないと
    思うんですが、青葉賞に使ってきた方が
    いいような気はするんですが・・・・・
    やはり中間はこの1本だけです。
  • 08ミッキーロケット
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて1馬身程度遅れ。
    下は相当悪い時間帯です。
    その点を考えると、時計は
    優秀とは思うんですが、
    併せたノガロに伸び負けると
    いう点で、相手関係以前に
    デキがどうなのか、という気にはなります。
    中間、速いところは
    坂路で2本。いずれも終いがかかっているのが
    ちょっと気になります。
    これまでは音無厩舎らしくなく、
    終いが伸ばせていた馬です。
  • 09ナムラシングン
    栗東坂路で併せ、強めに追われて2馬身以上先着。
    強めに追われたのは終いだけです。
    その点は差し引いたとしても、
    追われてから2馬身以上、ちぎります。
    真っ直ぐ走れてもいますし、
    この馬も重馬場の方が
    いい馬ではあります。
    中間速いところは
    いつも通り坂路2本。
    ずっと使っているので、
    強いところは要らないと思います。
    調整としてはこの内容で
    いいかと思います。
  • 12リスペクトアース
    美浦南Wで外から併せ、強めに追われて併入。
    この馬なり、といった追い切りです。
    キレる馬でもありませんし、
    この舞台で勝ち負けするとは
    思いませんが、力は出せると思います。
    個人的にはどういったペースを
    作るのかに興味があります。
    中間は4月に入ってから、
    コースで速いところは1週前と
    最終追いの2本。
    前走、輸送で減らしているので、
    多少、戻しながらの調整に見えます。
  • 17アドマイヤモラール
    美浦南Wで単走、一杯に追われる。
    4F追いです。
    相変わらず、追い切りの
    動きは見栄えがする馬です。
    今回はびっしりやってきました。
    跳びの大きいタイプで
    本質的には中山向きではないです。
    また、跳びが大きい馬は
    一般的には道悪はよくないです。
    中間は1週前と最終追いの2本。
    大きくは変わっていないと思います。
  • 18ディーマジェスティ
    美浦南Wで内から併せ、一杯に追われて僅かに遅れ。
    かなり追走してのものですし、
    遅れ自体は気にしなくていいと思います。
    しっかり跳んで脚を使えていますし、
    長い脚が活きる展開になれば、
    食い込みあってもおかしくないです。
    追い切りを見ても力強さが
    先に立つ馬で、やはり道悪適性は
    このメンバーの中でも
    最上位だと思います。
    時計の出しはじめは
    3月初と早いですが、
    遅めの時計が続き、
    速い時計を出しているのは、
    3/27くらいからです。
    これまで通り、
    コースで週中は5Fから速いところ、
    週末は4Fから終いを伸ばす形で、
    順調に乗り込めています。
    母系が強いことを考えると、
    叩いた方がさらに良さそうでは
    ありますが、力は出せると
    思います。

当記事は随時更新します

G1については、
以下の3STEPを1記事にして
書いていっています。

STEP説明更新タイミング(目標)
1stSTEP最終追い切り時計のみ水24:00及び木24:00
2ndSTEP最終追い切り映像の印象金22:00
3rdSTEP中間を加味した最終版土17:00

※更新タイミングは所詮、個人ブログの目標なので、
おおらかに見守ってやってくださいw