回顧 シンザン記念 2016.01.10 京都芝・外1,600m

内枠得意な騎手というのはあるなぁ

シンザン記念の回顧です。

やっぱり内枠を突ける、捌ける騎手ってのは、
内枠有利な馬場のときは重く扱わないと
いけないなぁ、と改めて感じる1戦でした。

全着順と私の最終的な予想印は↓をご覧ください。
前日予想から変えましたが、
どっちでも同じでしたねw

第50回シンザン記念(G3)予想 2016年1月10日京都11R|KLAN

2016年1月10日京都11R 第50回シンザン記念(G3)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.結果

流れても内先行有利でした

1着 △ 06ロジクライ
2着 △ 07ジュエラー
3着 無 14シゲルノコギリザメ

06ロジクライ
は出していって、ピッタリ内々を回る
ロスのない競馬から抜け出して押し切り。
京都のイン突きといえば岩田騎手、浜中騎手が
抜けてますかね。
他にも池添騎手や川田騎手もきちんと
イン突きできる騎手と思いますけど。
2着は大外から上がり最速で追い込んだ、
07ジュエラー
そこそこ速いペースでレースを引っ張った
14シゲルノコギリザメ
が粘って3着。

私の馬券は以下です。
shinzan-quinella-2-6-2016shinzan-quinella-2016

shinzan-quinella-2-12-2016shinzan-quinella-2-18-2016

shinzan-quinella-2-2016shinzan-trio-2016

3,200円購入で回収ゼロです。
まあ、言い訳はいくらでもできますが、
完敗、ですね。

02アストラエンブレム
3着ならってとこですが。

05レインボーライン
はパドック見て硬さを感じて
印を落としました。
(「遅いよ」って感じでしょうが)

3連複であれだけdisった
ピースマインドを
押さえているところも
潔くないっすね

まあ、この買い方なら、
20倍つく片割れの単勝を
買うべき、なんでしょうね。

距離延長どうこういっていたように
反応が悪いタイプと思っていましたので、
頭までの想像ができませんでした。

2.考察

流れましたが内先行有利でした

タイム 1.34.1(良)
ラップタイム

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m
12.510.911.411.511.812.311.712.0
34.823.336.0

流れましたが、3着に逃げ残ったのは
シゲルノコギリザメ。
追走した組は若干、脚をなくしてました。

で、台頭したのは、内々をロスなく回った
ロジクライと後ろから脚を使ったジュエラー。

今日、好走した組は距離延長したほうが
よさそうな気がします。
で、惜敗組はもう一度マイルで、
というところでしょうか。

3.次走に向けて

この馬場で差してきた馬を

  • ロジクライ
    按上が違うとこんなに違うもんなんですねー
    ・・・・・もありますけど。
    当日、Tweetもしましたが、
    柔らかみがあって、エンジンの
    かかりが遅いタイプ。
    阪神より、コーナーで下り坂が
    利用できる京都替わりはやはりプラスでした。
    距離を延ばしてもいいとは思いますが、
    やはり一瞬の脚がないので、
    ダラダラと脚が使えるコースが良さそうです。
    東京だったり、京都外回りだったり。
    スローだとキレ負けするので、
    展開の助けも要りますね。
    しばらくは狙えるレースはなさそうで、
    もしアーリントンカップに出てきたら、
    喜んで消しますw
    中山なんてもってのほか、でしょうね。
    よっぽど流れれば別ですけど。
  • ジュエラー
    まあ、誰もが考えることと思いますが、
    このレースで一番強い競馬をしたのは
    間違いなく、この馬ですよね。
    しかししかし、上がり最速は確かに
    素晴らしいです。
    上がり2位のレオナルドの脚を
    0.4秒上回ったのも素晴らしいです。
    しかし、上がり3Fの脚は34.5秒でしかないです。
    速いペースを追走していたので、
    これ以上の上がりを使うのは難しいですが、
    これだけで桜花賞も有力、といってしまうのは
    ちょっと気が早いかも、と思っています。
    桜花賞のペースにもよりますが、
    スローになった場合はもっとキレる
    馬がいそうな気がしてなりません。
    むしろ、距離が延びた方がよさそうな
    気はします。
  • シゲルノコギリザメ
    速いペースで逃げて、レースを
    面白くしてくれただけではなかったです。
    しっかり過去のレースを見れていなかった、
    私の怠慢、ですかね。
    1,200mとはいえ、速いペースを
    前々から押し切る競馬を暮れの阪神で
    していました。
    暮れの阪神→年明け京都の
    先行馬はただでさえ、狙うべきところ。
    まったくこの馬に目が行かなかったのは、
    私のしょぼさだと思います。
    まだ最適条件はわかりませんが、
    先行押し切りタイプと思いますので、
    アーリントンというよりはNZTのほうが
    いいような気はしています。
  • アストラエンブレム
    もう少し、身体は戻っていてほしかったんですが、
    輸送もあって、+4kgに留まりました。
    これまでより積極的な競馬で、
    直線向いたときは差しきるかとも
    思ったんですが、そこから脚色が
    一緒になってしまいました。
    現状は溜めたほうがいいんでしょうか。
    ただ、この馬場では乗り方としては
    間違ってなかったと思います。
    今後はどうするんですかね。
    距離延ばすのか、マイルで
    溜める競馬をするのか、
    でしょうか。
    ちょっと次も様子見たいです。

ピースマインドは様子見ですね。
距離延ばした方がいいような
気はしていますが。
ここまで、といたします。