展望 ターコイズステークス 2015.12.19 中山芝1,600m

施行時期変更の新設?重賞

牝馬限定の新設重賞、
ターコイズステークスの展望です。

新設といいながら、これまでは
12月中山の開幕週に
牝馬限定のオープンとして
施行されてきました。

中山マイルのハンデ戦というだけで
荒れそうな条件です。
ここのところ、ハンデ戦が堅く
収まっていますので
ここは穴馬を狙っていきたいところです!

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第1回ターコイズステークス予想 2015年12月19日中山11R|KLAN

2015年12月19日中山11R 第1回ターコイズステークス予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。結構便利です。
興味ありましたら、無料でユーザ登録できますのでお勧めします。
↓ユーザ登録でこんなことができます。
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。

スポンサーリンク

1.注目馬

人気馬サイド

このレース、ペースが結構大事っぽいです。
いちおう、月曜時点ではスロー想定してます。

  • ケイアイエレガント:55kg
    スローで行かせてもらえれば、
    この馬でいいと思うんですけどねぇ。
    実績は言うまでもないでしょう。
    重めの馬場もOK。
    今の中山はエアレーション効果で
    結構差しが決まりますが、
    逆に前のマークが緩くなるようなことがあれば。
    デキはG1マイルCSからの連戦なので、
    要確認です。
    ただ、私は前走、追い切りで下げた馬なので、
    引退レースのここがヤリじゃないか、と思っていますw
    あとは枠が最重要ですね。
    もちろん、内目の枠がいいです。
    血統的にも母系にNijinskyもあるし、
    母父のA.P. Indyもちょっと気になる、
    Bold Rulerの系統ですし。

あと、人気になりそうな馬は
結構後ろから行きそうな馬が多いですね。
カフェブリリアント:55kgとか、
キャットコイン:53kgとか。
ちょっと怪しんでみたいところですね。
カフェブリリアント:55kg
血統的には母父Caerleonがやたら来てる
レースなので消せませんけど。
按上がムーア騎手じゃなくなる可能性もありますし。

であれば、
レッドリヴェール:54kg
の方を取りたいですね。
この馬もG1マイルCSからの連戦ですし、
結構いい仕上げだったと思うので、
状態については要注意ですが。

コンテッサトゥーレ:51kg
も人気するんですかね?
この馬についてはよくわからないので判断保留です。
しかし、51kgは恵まれた気はしますね・・・・・

穴馬サイド

結構、いるんですよね~
やっぱり後ろからになりそうな馬が
多いのが悩みのタネなんですが。

まずは前に行きそうな(行ってほしい)馬から。

  • アイライン:52kg
    東京1,400mを得意とする馬って、
    スローの中山マイルも得意とする馬が
    多い気がしています。
    昨年のミナレットとかもそうですし。
    最近東京1,400mもスローが多くなって、
    前々で立ち回れる馬がいいんですよねー。
    で、この馬がどうかというと、
    実はまだわかりません。
    東京1,400mで3勝してますし、
    中山マイルでも3着していますが、
    脚質がまだ定まっていないと思うんですよね。
    松岡騎手は前々走で差しで勝っているので、
    このレースでも差しに回りそうなのは懸念です。

次に差しに回りそうな馬から。

  • メイショウスザンナ:54kg
    昨年3着馬です。
    netkeibaの想定オッズだと
    恐ろしいほど人気ないんですが、
    ホントですか?
    流れないと届かない可能性は
    十分ありますが、昨年もそんな中、
    3着に突っ込んできてますので、
    平均ペースなら頭まであると思っています。
    サンビスタのパターンですよ。
    血統的にはこのレース、アグネスデジタルが
    意外といいんです。流れたときにRibotが
    利くからだと思っています。
    母系にNijinskyも持っています。
  • アルマディヴァン:53kg
    10着でしたが、同条件の京成杯オータムハンデは
    0.4秒差と意外と負けてないんですよね。
    この馬も正直、左回りの1,400mが
    一番いい馬だったんですが、
    若干、齢を重ねて長めにシフトしてきています。
    上がりがかかったほうが間違いなくいいので、
    スロー想定だと買えない馬なんですがw
    血統的には父メジロベイリーが渋すぎですが、
    Nijinskyを内包しています。
    で、最後は騎手買いですよ。
    正直、乗り替わりが物凄く
    プラスに働きそうです。
    そうです、田辺兄ちゃんへの乗り替わりです。
    言うまでもないでしょうが、
    中山が一番得意な騎手です。
    年内にあと一度、どこかの重賞で
    穴を開けてくれそうな気がしているので、
    とりあえず、中山の重賞は全て押さえます。
    根拠が希薄でスミマセン。

最後に
ノットフォーマル:52kg
ちょっこしだけ気になってます。

2.コース特徴

内枠先行有利だが、展開重要!

なんか、至極当たり前の見出しを
エラそうに書いてますが・・・・・

いつものKLANのコースデータをリンクします。

中山競馬場・芝1600m(外)コース分析!血統など7項目のデータ傾向|KLAN

中山競馬場・芝1600m(外)コース分析ページ。血統・枠番・騎手など7項目のデータから、競馬予想に直結するコースの傾向・特徴をまとめています。

スタートしてのコーナーが近いのと、
外回りといいつつ、
カーブの角度がきついため、
基本的には内枠有利のコースです。

直線も短いため、 立ち回りの上手さが
問われます。

そして、たまーに前がかりになりすぎると、
差し追い込みが決まるというコースです。

近年はエアレーション効果か、
それほど前がかりでなくとも、
差しが決まりやすくはなっているようには
感じます。
今年の京成杯オータムハンデが
まさにそんな感じでしたね。

スローになった場合は内枠からの
一瞬の切れ味が求められます。
ハイペースになった場合は
長い脚が使えることが求められます。
まあ、ご覧になられている方には
いまさら、のことですかね。

施行時期が少し違いますが、
芝1,600mになってからの
過去9年のラップタイムです。

まあ、なんというか、
開催年によって、全然違いますね・・・
2010年のようにどスローになるときも
あれば、2013年のように流れるときもあります。
牝馬限定で重賞でなかったからなのか、
若干、スロー寄りな気もしますが、
過去傾向というよりは
展開読みが大事なレースに
なってきそうです。

3.注目血統

展開に応じて分類してみる

コース特徴で挙げたように、
かなり展開にムラがあるコースです。
ここでは、
・どっちでも好走する系統
・スローペースで好走する系統
・流れたときに好走する系統
の3パターンにざっくり分けて、
整理したいと思います。
※実はあんまり上手くいきませんでした

まず、どっちでもイケる系統から。

あんまり確固たる理由は思いつきませんが。
まあ、いっぱいいますからねぇ。
ここ4年連続1着なんてしてますがw

  • Nijinsky(特にCaerleon)
    コスモマーベラス(2006年/2007年1着。母父Nijinsky)
    ウイングレット(2006年2着。Caerleon持ちでNijinskyクロス)
    ピサノグラフ(2006年3着。母父Caerleon)
    ザレマ(2007年2着/2008年1着。父ダンスインザダークはNijinsky内包)
    カタマチボタン(2007年3着。Nijinskyクロス)
    マイネプリンセス(2011年1着。母母父マルゼンスキーはNijinsky直仔)
    エオリアンハープ(2011年3着。母母母父Nijinsky)
    サウンドオブハート(2012年1着。母父Caerleon)
    レイカーラ(2013年1着。母父Caerleon)
    ミナレット(2014年1着。Nijinskyクロス)
    メイショウスザンナ(2014年3着。母母父マルゼンスキーはNijinsky直仔)

ちょっと意外な感じです。
これまでは開幕週なんですけど、
馬場が結構タフなんでしょうか?
Sadler’s Wellsより来てるなんて、
函館芝みたいですw
絶対数が少ないだけに特注です。
理由がイマイチわからんので、
オカルトかもしれませんがw

  • Fairy King
    カレイジャスミン(2008年2着。母父エリシオはFairy King直仔)
    ソーマジック(2008年3着。母父Fairy King)
    オメガハートランド(2012年2着。母父エルコンドルパサーはSadler’s Wells扱い)
    マーブルカテドラル(2014年2着。母父エリシオはFairy King直仔)

次に、若干多いと思われる
スロー寄りの場合。
下記6年です。
2006/2007/2008/
2010/2012/2014

・・・・・なんと私の力では抽出できませんでした。
フジキセキとかフレンチデピュティだろうと、
タカを括っていたんですが。
Bold Ruler持ってる馬は多いとは思いましたが。

なので、どっちでもイケるに包含、とさせてください。

最後にペースが流れた場合。
下記3年です。
2009/2011/2013

ちょっと個人的には面白い結果かもです。
両方ともあてはまるマイネプリンセスなんて、
14番人気1着で単勝万馬券ですからね。
もし、ペースが流れると踏んだときは、
必ず思い出したい傾向です。

本来不器用で中山より東京向きだと
思うのですが、スタミナを補ってくれます。
下記3頭はオープン以上では前傾ラップで
好走している3頭でもあります。

  • トニービン
    ウェディングフジコ(2009年1着。母父トニービン)
    マイネプリンセス(2011年1着。母父トニービン)
    ギンザボナンザ(2011年2着。母父トニービン)

あんまり芝の重賞でおみかけしない感じです。
なーんとなく、内包してるRibotの仕業だと
思ってはいるのですが。

  • アグネスデジタル
    ホクトグレイン(2009年2着。父アグネスデジタル)
    マイネプリンセス(2011年1着。父アグネスデジタル)