展望 アメリカジョッキークラブカップ 2016.01.24 中山芝2,200m

非根幹距離感たっぷりの重賞

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の展望です。

この10年の勝ち馬見ても、
馬券的に面白い重賞であることがわかります。
シルクフェイマスとかエアシェイディ重賞初制覇とか
ネヴァブション連覇とか、ヴェルデグリーンとか
クリールカイザー重賞初制覇とか。
「ここでこそ」っぽさが見え隠れする重賞です。

一応、中山外回り、なんですけどね。
そして、今年も明確に行く馬がいない・・・・・
人気どころが前目に行きたいような
感じなので、どスローにはならないかもですが。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第57回AJCC(G2)予想 2016年1月24日中山11R|KLAN

2016年1月24日中山11R 第57回AJCC(G2)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.注目馬

人気馬サイド

えーと、中山2,200mなら
田辺兄ちゃん
買っとけばいいんでしょ・・・って、
中京でモンドクラッセ騎乗ですかw

というわけでフツーに行きます。
あんまり来て欲しくない馬たちです。

  • マイネルフロスト
    スローよりは流れたほうがいい馬で、
    前回スローであれだけ走れたなら。
    今回は無理に逃げなくても。
    デキがキープできている前提ではあります。
    逃げないためにも今回は特に内枠が
    欲しいところです。
    あと、昨年末から、中山芝重賞が
    Silver Hawkばっかりなんですよね・・・・・
    ゴールドアクター、ヤマカツエース、
    マイネルフロスト、ビービーバーレル、
    メートルダール。
    気づいていながら書いていなかったんですが。
    こうやって書いてしまうと、得てして止まるもんですw

サトノラーゼン
もフツーに有力とは思います。
セントライト記念はどスローでしたので。
若干、母父のRoberto系が
強い気はしますので流れて欲しいのと、
休み明けの不安は少しあります。

ディサイファ
この面子だと挙げざるを得ないですが、
2,200mは若干長くて、どスローにも
ならないとすると、あまり良くないと思います。
・・・使いすぎの懸念もあります。

穴馬サイド

しつこく、Never Bendから行きます。

今回もそこそこ人気ですかね?

  • ライズトゥフェイム
    中山金杯よりは流れそうな気がするので。
    2,200mは意外と初めてですけど、
    母系からはこなせそうな気がします。
    母母父がNever Bend系。
    母父Sadler’s Wells系。
    でも、たぶん人気かなー。
    単穴くらいの扱いじゃないと、
    穴馬っていえないかもです。
  • ステラウインド
    こちらはもう少し流れるスローなら。
    前走はあまりに上がりの勝負に
    なりすぎた感はありましたので、
    もう少し上がりのかかる展開になれば。
    あんまり流れすぎちゃうと
    話にならないと思います。
    母父スピニングワールドが
    Never Bend内包。

2.コース特徴/レース傾向

先行有利、マクレない

いつものKLANのコースデータをリンクします。

中山競馬場・芝2200m(外)コース分析!血統など7項目のデータ傾向|KLAN

中山競馬場・芝2200m(外)コース分析ページ。血統・枠番・騎手など7項目のデータから、競馬予想に直結するコースの傾向・特徴をまとめています。

いちおう、外回りです。
ステイゴールド産駒が強かったり、
中山2,500mとリンクするところも
多いですが、違いとしては
コーナーが少ないので、
意外とペースが落ちず、
マクリが効きにくい
ことだと思います。
昨年ゴールドシップが
負けたの一因はそれかと。

坂下からのスタートで
コーナーまでの距離もあるので、
逃げ馬はその気になれば
外枠からでも逃げられます。
先行馬は内枠のほうがいいでしょう。

ではレース傾向はどうでしょうか。

KLANのレース傾向も
リンクしておきます。

AJCCの傾向|競馬データベースKLAN

AJCCの傾向を棒グラフや円グラフ、タグクラウドを使って見た目に分かりやすく分析。データは過去3~10年で任意の範囲を指定できます。枠番、脚質、血統などの項目からAJCCのレース傾向を見つけよう。

逃げ残るのは難しいですが、
先行有利になりますね。

過去10年のラップタイムです。

けっこう、ばらつきはありますが、
有馬記念と違って、
13秒台まで緩むラップは
少ないです。
淡々と流れる持続力勝負に
なりやすいといえます。

スローで好走してきたような馬は
割り引くべきレースと思います。

ここまでいろいろとご紹介してきた、
KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


3.注目血統

毎週おんなじような感じですが・・・

1月の中山ってだけで、
かなりクセがあるんでしょうね。
あんまり変わり映えしません。

穴狙うならここだと思います。
結構、勝ちきります。
このところ、毎週挙げてますが。

  • Never Bend
    マツリダゴッホ(2007年1着。母母母父Never Bend)
    シルクネクサス(2007年3着。母父Never Bend系)
    ネヴァブション(2009年1着/2010年1着/2011年3着。母父Mill ReefはNever Bend直仔)
    クリールカイザー(2015年1着。母母父Never Bend系)

これも12月からずっと
ほぼ挙げてる気が。
成長力ある系統で、
3歳より古馬のほうが
いいのかも。

  • ノーザンテースト
    エアシェイディ(2008年1着/2009年2着。母父ノーザンテースト)
    インテレット(2007年2着。母母父ノーザンテースト)
    シャドウゲイト(2010年2着。母母母父ノーザンテースト)
    ルーラーシップ(2012年1着。母母父ノーザンテースト)
    ナカヤマナイト(2012年2着。父ステイゴールドはノーザンテースト内包)
    トーセンジョーダン(2011年1着。母父ノーザンテースト)
    フェイムゲーム(2014年3着。母母母父ノーザンテースト)
    トランスワープ(2013年2着。母母父ノーザンテースト)
    クリールカイザー(2015年1着。母父サッカーボーイはノーザンテースト内包)
    ミトラ(2015年2着。母母父ノーザンテースト)

あとは次点です。

  • Nijinsky
    シルクフェイマス(2006年1着。母父CaerleonはNijinsky直仔)
    フサイチアウステル(2006年2着。母父Nijinsky直系)
    トウショウナイト(2008年2着。母系にNijinsky少し)
    ナカヤマナイト(2012年2着。母母父マルゼンスキーはNijinsky直仔)
    ミヤビランベリ(2011年2着。母父Nijinsky直系)
    サクラアルディート(2014年2着。母父マルゼンスキーはNijinsky直仔)
    ヴェルデグリーン(2014年2着。母系にNijinsky)

流れたときにいいです。

  • Sadler’s Wells(または全弟Fairy King)
    ゲシュタルト(2012年3着。母母父Sadler’s Wells)
    ミヤビランベリ(2011年2着。父オペラハウスはSadler’s Wells直仔)
    アドマイヤラクティ(2013年3着。母父エリシオはFairy King直仔)
    トランスワープ(2013年2着。父ファルブラヴはFairy King直仔)

4.関連記事

よろしければ続きもどうぞ

この展望記事は週初に
書いており、私の見解も週中で
どんどん揺れ動きます。

もしよろしければ下記関連記事も
ご覧ください。

フォトパドックから馬体考察を行っています(01/19)。
状態面の見極めの一助になれば。
逆にノイズになったらスミマセンw

馬体考察 アメリカジョッキークラブカップ 2016.01.24 中山芝2,200m | 適性からはじめる競馬予想

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)登録馬のフォトパドックを見て、馬体考察を行っています。素人の戯言レベルです。

1週前追い切り評価を行っています(01/20)。
実質2頭しかありません。

1週前追い切り評価 アメリカジョッキークラブカップ 2016.01.24 中山芝2,200m | 適性からはじめる競馬予想

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の1週前追い切り評価です。グリーンチャンネルで追い切り映像を確認できた馬の印象を書いています。

追い切り評価です。
まず水曜追いの印象を記載しています(01/21)。
木曜追いおよび中間を確認しました(1/22)。

追い切り評価 AJCC2016

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2016の追い切り評価です。最終追い切りに加え、中間の時計と本数の確認、 好走時との比較などを行っていきます。

雪模様で開催も危ぶまれますが、
重馬場適性を考えておきます(1/22)。

重馬場適性を考える アメリカジョッキークラブカップ2016 | 適性からはじめる競馬予想

雪模様で馬場はどうなる?週末は厳しい寒波で雪予報のようです。アメリカジョッキークラブカップ出走馬の重馬場適性を考えておきます。

前日予想です(01/23)。
当日に変更の可能性はあります。

予想 アメリカジョッキークラブカップ 2016.01.24 中山芝2,200m | 適性からはじめる競馬予想

AJCCことアメリカジョッキークラブカップ の前日予想です。馬場がわからない部分がありますが、一応、そこそこ重い馬場を想定しています。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク