展望 阪神ジュベナイルフィリーズ 2015.12.13 阪神芝1,600m

混戦で荒れそうな気配

2歳女王決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズの展望です。
外回りに施行条件が変更されて以降、
クラシックに繋がることが多くなったレースです。
来年のクラシックを見据える上で、
予想だけでなく、馬の個性の見極めを
じっくり行っていきたいと思います。

今年は混戦ムードですので、
馬券も面白そうですね。
もちろん、難しそうですが。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)予想 2015年12月13日阪神11R|KLAN

2015年12月13日阪神11R 第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。結構便利です。
興味ありましたら、無料でユーザ登録できますのでお勧めします。
↓ユーザ登録でこんなことができます。
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。

スポンサーリンク

1.注目馬

人気馬サイド

1番人気でしょうが、3着内は堅そうです。
何かにやられる感は物凄くあります。

  • メジャーエンブレム
    前走アルテミスSは早めに動く
    (動いちゃった?)競馬で2着。
    追い切りも動く馬です。
    現状では安定感はありますね。
    血統面ではこのレースへの
    強調点はありませんが、
    父ダイワメジャー×オペラハウス、
    Blushing Groom系、Danzig系と
    重ねられ、パワーが必要な阪神は
    フツーにいいと思います。
    いかにもキレ負けしそうなところだけですね。
    ルメール騎手の移籍後、中央初G1なるか。
    (地方交流はノンコノユメで勝ってますね)

1着か着外か。まさに単穴候補。

  • アドマイヤリード
    皆さん、よくご存知とは思いますが。
    新馬戦でシルバーステートを差し切り。
    休み明けのファンタジーSではパドックでの
    チャカつきもあり、前残りのスローの展開に
    折り合いに注力し、差せず着外。
    前走は内回りに変わって、インからの差し切り。
    まあ、なんというか、父ステイゴールドらしい馬です。
    血統面では母系にGrey Sovereign系の
    Kenmareがあるのが強調点で、
    勝ちきれる血統だと思っています。

割れそうなので、人気馬側で触れる馬が多いですね。

この条件なら買うべきディープインパクト産駒ですが、
下記人気の2頭とメジェルダも距離延長が懸念のため、
現時点では軽視の方向です。

少し、血統面から補足すると、
キャンディバローズ
Haloクロスからくる、立ち回りの上手さが
目立ち、距離延長とともにコース替わりも不安。
札幌1,500m、京都1,400mで先行して
勝っていますし。
ブランボヌール
母父サクラバクシンオーもそうですし、
そもそも追い切りでもかかるタイプで
もっと不安。
キタサンブラックの例がありますので、
血統だけで嫌うのはリスキーですが、
この馬に関してはバクシンオーが強い
可能性が高いと思っています。

アットザシーサイド
良さそうには思うんですけどね。
馬体減りが少し不安です。
タフなコースなので。

デンコウアンジュ
正直、よくわかりません。
前走の-20kgは絞れたとのことですが、
2歳の間隔詰めて、輸送での重賞勝ちは
反動をまずは気にかけるところ。
1週前追いやフォトパドック含めて、
確認していきます。
あまり血統で語るべきではない
馬のような気はしています。

穴馬サイド

まず抽選を通るところからです。
たぶん、穴人気するとも思います。

  • ペプチドサプル
    アドマイヤリードを超える単穴候補。
    前走アルテミスSはまだ仕上げ途上で、
    出遅れから脚を使っての4着。
    中間等は要確認ですが、
    上積みが怖い1頭です。
    なお、血統面での強調点はありません。

3着候補ですね。
馬場が重くなってしかも流れたとき専用ですけど。

  • クロコスミア
    父ステイゴールドに
    母系にBlushing GroomにSadler’s Wells。
    ちょっとマイルでは短いんじゃない?
    というところで、母父ボストンハーバー。
    ボストンハーバーがBold Ruler系×Vice Regentで、
    双方とも、注意血統であるとともに、
    仕上がりの早さを補っています。
    コスモス賞のころから買っていますが、
    ここに出れるとは思っていませんでした。

2.コース特徴

外枠の差し馬有利

いつものKLANのコースデータをリンクします。

阪神競馬場・芝1600m(外)コース分析!血統など7項目のデータ傾向|KLAN

阪神競馬場・芝1600m(外)コース分析ページ。血統・枠番・騎手など7項目のデータから、競馬予想に直結するコースの傾向・特徴をまとめています。

2006年に外回りになりました。
コーナーへの入り、
最後の直線が長くなり、
ペースが落ち着くことが
増えました。

直線やや手前のラスト3F
くらいから緩い下り坂もあって
ペースがあがり、
差し脚比べになることが
多いコースです。

ゴール前の坂もあり、
外差しも比較的、
決まりやすくなっています。

過去10年のラップタイムです。
※グラフにマウスオーバーすると
強調表示およびラップタイムも表示されます。

道中緩んだ、2010年を除き、
11秒台後半から12秒台前半の
ラップが続きます。
2歳戦ですので、距離延長で
臨む馬も多く、スローにまで
落ちることは少ないようです。

また、冬の阪神ということもあり、
時計もそこそこかかります。

この辺りがクラシックに繋がりやすい
要因でしょう。

勝ち馬は現状の完成度より、
先の成長や距離延長の対応度など、
ある程度見据えた
先物買いのセンスが問われそうです。
差しが利きやすいですので、
上がりは使えた方がいいと思います。

但し、2着3着は完成度の違いで
何とか距離をこなす馬が入ってきます。

3.注目血統

例年はディープの庭だが

外回りコースということ、
外差しが利きやすいコースということで、
敢えてあげるまでもありませんが、
通常はディープインパクト産駒の庭です。
桜花賞、オークスへも繋げやすいですしね。

  • ディープインパクト
    ジョワドヴィーヴル(2011年1着)
    ハープスター(2013年2着)
    ショウナンアデラ(2014年1着)

あとは昨年記載した傾向と重なります。
金鯱賞と近いですね。
結構タフな条件というのがわかります。

  • Grey Sovereign(特にトニービン)
    ウオッカ(2006年1着。父タニノギムレットはGrey Sovereign系みたいなもん)
    ※但し、そもそも格上
    アストンマーチャン(2006年2着。父アドマイヤコジーンはGrey Sovereign直系)
    トールポピー(2007年1着。父ジャングルポケットはトニービン直仔。母系にCaroもあり)
    レーヴダムール(2007年2着。母父Highest HonorはGrey Sovereign系)
    エイムアットビップ(2007年3着。母父トニービン)
    レーヴディソール(2010年1着。母父Highest HonorはGrey Sovereign系)
    クロフネサプライズ(2012年2着。母父トニービン)
    レッドセシリア(2012年3着。父ハーツクライはトニービン内包)
    ハープスター(2013年2着。母母父トニービン)

芝であれば力の要るほうがいい系統ですね。
単純にアグネスタキオンが仕上がりの早さで
来ていただけかもしれませんが。
アパパネ除くと勝ちきれません。

  • Bold Ruler
    ルミナスハーバー(2006年3着。父アグネスタキオンはBold Ruler内包)
    レーヴダムール(2007年2着。父ファルブラヴはBold Ruler内包)
    ダノンベルベール(2008年2着。父アグネスタキオンはBold Ruler内包)
    ミクロコスモス(2008年3着。母母父Bold Ruler系)
    アパパネ(2009年1着。母母父Bold Ruler系)
    レーヴディソール(2010年1着。父アグネスタキオンはBold Ruler内包)
    アイムユアーズ(2011年2着。父ファルブラヴはBold Ruler内包)
    サウンドオブハート(2011年3着。父アグネスタキオンはBold Ruler内包)

次点で。できれば距離実績はあってほしい。
・・・といってると、クロフネサプライズが買えないのですが。
これもアパパネ除くと勝ちきれません。

  • Vice Regent(フレンチデピュティ、クロフネ)
    アパパネ(2009年1着。母父Salt LakeはVice Regent系)
    アニメイトバイオ(2009年2着。母父フレンチデピュティ)
    ベストクルーズ(2009年3着。父クロフネ)
    ホエールキャプチャ(2010年2着。父クロフネ)
    クロフネサプライズ(2012年2着。父クロフネ)