展望 ニュージーランドトロフィー 2016.04.09 中山芝1,600m

荒れそうな気配ありありの中山マイル

ニュージーランドトロフィー(NZT)の展望です。

重賞好走馬にアヤしい馬が非常に多く、
荒れそうな気配がありありです。
恐らく、今週3重賞のうち、
馬券的に一番面白いのは
このレースと思っています。

ペースが上がりやすいレースであり、
速いペースでの実績がある馬、
血統背景がある馬を積極的に
狙っていきたいです。

できれば抽選組でも距離延長で
前目に行きたい馬に通ってもらって、
面白いレースにしてほしいと
思っています。
(カキツバタチグサとか)

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第34回ニュージーランドトロフィー(G2)予想 2016年4月9日中山11R|KLAN

2016年4月9日中山11R 第34回ニュージーランドトロフィー(G2)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.注目馬

人気馬サイド

たくさんいて目移りします。

  • ハレルヤボーイ
    ついに中山マイルに戻ってきました!
    何せ昨年9月の未勝利勝ちが
    衝撃的な勝ち方で、
    速いペースの内回りで
    上がりがかかる展開でこそ、
    狙いたい馬です。
    ステップとしても
    スローのスプリングSからの
    距離短縮でショウナンライズがいて、
    マイルにしては流れると思っています。
    アタマか馬券外か
    ハッキリした結果になると
    思っていますので、
    馬券も組み立てやすいかと。
    血統的にはノーザンテーストクロスが
    多少目を引くくらいで、
    さほど強調点はありません。
  • ダンツプリウス
    同コースのオープン、ジュニアC勝ち馬。
    その割に前走アーリントンCでは
    9番人気となかなか人気しない馬です。
    今回はさすがに人気すると思いますが。
    前走は中団からの競馬でしたが、
    前目でのバテ合いにいかにも
    向きそうな血統で、昨年12月の
    距離短縮から本領を発揮しだしています。
    叩き良化型と勝手に思っていますので、
    上積みも期待しています。
    血統的には
    ブライアンズタイム×マンハッタンカフェで
    Roberto直系にRibot2本が強烈で
    速いペースへの適性を感じさせます。
    また、母系のStorm Catが坂への適性を、
    Fairy KingとNorthern Dancerのクロスが
    今の時計のかかる中山の馬場への
    適性を感じさせます。
    ・・・なので、もし時計が速くなると
    ちょっと辛かったりします。
    あまり内枠だと包まれる恐れがあるので、
    真ん中くらいの枠がいいと思っています。
    連軸にしやすい馬と思っています。

こっから先は人気するかどうか、
イマイチ読めませんが。

  • カープストリーマー
    前走の500万下が強い勝ち方でした。
    速いペースを早め抜け出し。
    まったくキレ味はありませんので、
    ズブズブの消耗戦向きです。
    2,000mで未勝利勝ちしますし。
    急坂が向きますし、
    できれば重馬場になった方が
    相対的にプラスに出ます。
  • キャプテンペリー
    レベルの高いひいらぎ賞5着馬。
    速いペースを前で踏ん張り、
    前走500万下はペースが緩んで
    押し切り。
    まあ、ただペースは落ち着いたほうが、
    脚質的にも向きそうで、
    平均ペースよりになったときに
    台頭するイメージです。
    よって内枠の方がいいです。
    血統的にはあまり強調点はありません。

アストラエンブレム
は前走逃げの手に出て
今回どういう競馬をするのか?
という点といかにも辛勝で、
急坂がちょっと不安です。
血統的にはこなしても
おかしくないと思うんですが。

穴馬サイド

牝馬の食い込みを
期待します。

  • エクラミレネール
    なんといっても500万下の
    菜の花賞が優秀。
    牝馬限定戦にしては
    締まった流れを差し切り。
    前走アネモネSはスローに
    泣いたが、混合戦となる
    このレースでは前進可能と見ます。
    血統的にも父にBold Ruler内包馬が
    いいのでマツリダゴッホもこの時期の
    馬場がいいですし、
    母父ブラウドデボネアも
    先週ダービー卿CTで取り上げた、
    Lyphard×Hyperionで
    速いペースでやはり良さが出そうです。
    デキは確認しますが、今の時点で
    ほぼ複穴確定ですw
  • カトルラポール
    内枠からの立ち回り期待。
    ピッチ走法で非常に小気味いい
    走りを見せる馬で、
    内枠に変われば、
    圏内もあり得ます。
    血統的には
    父グラスワンダーが
    Roberto×Danzigで
    このレースにピッタリ。
    懸念は使いすぎで
    いくら叩き良化型の
    Roberto系とはいえ、
    昨年6月から13戦使っています。
    小柄な馬ですし、関西
    輸送明けですし。
    ペースが流れた場合は
    距離懸念もあります。

2.コース特徴/レース傾向

ユルめの持続力勝負

いつものKLANのコースデータをリンクします。

中山競馬場・芝1600m(外)コース分析!血統など7項目のデータ傾向|KLAN

中山競馬場・芝1600m(外)コース分析ページ。血統・枠番・騎手など7項目のデータから、競馬予想に直結するコースの傾向・特徴をまとめています。

内枠先行有利は
若干、過去のものに
なりつつあります。
馬場改修やエアレーション効果で
そこそこ差しが利くコースに
なりつつあります。

ではレース傾向はどうでしょうか。

KLANのレース傾向も
リンクしておきます。

ニュージーランドトロフィーの傾向|競馬データベースKLAN

ニュージーランドトロフィーの傾向を棒グラフや円グラフ、タグクラウドを使って見た目に分かりやすく分析。データは過去3~10年で任意の範囲を指定できます。枠番、脚質、血統などの項目からニュージーランドトロフィーのレース傾向を見つけよう。

逃げは案外厳しいのと、
2枠の成績がいいようですね。

過去10年のラップタイムです。

意外と流れて右肩上がりの
ラップになります。
距離延長組が多いのが
その要因でしょうか。
なので3歳戦にありがちな
スローからの上がり勝負ではなく、
持続力勝負を想定したいところです。
(2013年を除く)
とはいえ、11秒台後半から
12秒台前半の緩めの
持続力戦ですが。

ここまでいろいろとご紹介してきた、
KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


3.注目血統

ダービー卿CTの傾向も気にしたい

実はこれを4/3日曜日に調べていて、
「Robertoと次点Sadler’s Wellsかあ、
マジックタイムなんてピッタリだなぁ」
とか考えていたら、1着に来たのでちょっと
後悔しましたw

まあ、そんな感じで、
ダービー卿CTの傾向も
少し気にしようと思います。
おさらいすると
・ノーザンテースト
(Hyperion強調)
・Nijinsky
・Bold Ruler
・Lyphard
ですので、まあ、
被るっちゃ被りますね。

あとは正直決め手に欠けます。
ペースを速いと決め打ちすると、
Robertoに注目したいです。

3歳戦の割に
前傾ラップに
なりやすいので。

  • Roberto
    マイネルスケルツィ(2006年1着。父グラスワンダーはRoberto系)
    サンカルロ(2009年1着。父シンボリクリスエスはRoberto系)
    セイクレットレーヴ(2012年2着。母父ブライアンズタイムはRoberto系)
    ショウナンワダチ(2014年2着。母母母父Roberto系)
    ヤマカツエース(2015年1着。母父グラスワンダーはRoberto系)
    グランシルク(2015年2着。母父Roberto系)

グラスワンダーに
引っ張られているかも。
Bold Rulerとの相性良し。

  • Danzig
    マイネルスケルツィ(2006年1着。父グラスワンダーはDanzig内包)
    ファイングレイン(2006年2着。母父Danzig系)
    トーホウレーサー(2007年1着。父チーフベアハートはDanzig系)
    エーシントップ(2013年1着。母母父Danzig)
    ストーミングスター(2013年3着。母母父Danzig系)
    アルマワイオリ(2015年3着。母父Danzig系)

あんまり強調したこと
ないんですが、
ショウナンカンプ産駒が
ワンツーとかしちゃうと。

  • テスコボーイ
    ロジック(2006年2着。母父サクラユタカオーはテスコボーイ直仔)
    トーホウレーサー(2007年1着。母父サクラユタカオーはテスコボーイ直仔)
    ジョーカプチーノ(2009年3着。母母父トウショウボーイはテスコボーイ直仔)
    レッドアリオン(2013年2着。母母父テスコボーイ)
    ショウナンアチーヴ(2014年1着。父ショウナンカンプはテスコボーイ直系)
    ショウナンワダチ(2014年2着。父ショウナンカンプはテスコボーイ直系)

とりあえず、父の母父に
ある場合は注意です。

  • Bold Ruler
    ロジック(2006年2着。父アグネスタキオンはBold Ruler内包)
    トーホウレーサー(2007年1着。父チーフベアハートはBold Rulerクロス内包)
    ワールドハンター(2007年3着。母母父Bold Ruler系)
    エーシンフォワード(2008年2着。Bold Rulerクロス)
    アサクサダンディ(2008年3着。母母父Bold Ruler系)
    サンカルロ(2009年1着。父シンボリクリスエスはBold Ruler内包)
    サンライズプリンス(2010年1着。父アグネスタキオンはBold Ruler内包)
    レッドアリオン(2013年2着。父アグネスタキオンはBold Ruler内包)
    ヤマカツエース(2015年1着。母母母父Bold Ruler系)
    グランシルク(2015年2着。母母母母父Bold Ruler系)
    アルマワイオリ(2015年3着。父マツリダゴッホはBold Ruler内包)

あとは次点です。
ちょっとオカルト風味ではあります。

  • Never Bend
    マイネルスケルツィ(2006年1着。母母父Never Bend系)
    ファイングレイン(2006年2着。母母父Never Bend系)
    サトノプログレス(2008年1着。母母父Never Bend系)
    ティアップゴールド(2009年2着。母母父Never Bend系)※マイネルスケルツィと祖母同じ

母系の遠いところ
ですし、オカルトかも。

  • Nijinsky
    マイネルスケルツィ(2006年1着。母母母父Nijinsky)
    サトノプログレス(2008年1着。母父Nijinsky系でクロス有)
    ティアップゴールド(2009年2着。母母母父Nijinsky)※マイネルスケルツィと祖母同じ
    ジョーカプチーノ(2009年3着。母父Nijinsky系)
    ショウナンアチーヴ(2014年1着。父ショウナンカンプはNijinsky内包)
    ショウナンワダチ(2014年2着。父ショウナンカンプはNijinsky内包でクロス有)
    グランシルク(2015年2着。母母母父Nijinsky系)
    アルマワイオリ(2015年3着。母母母父Nijinsky系)

意外とまあまあ。

  • Sadler’s Wells
    アサクサダンディ(2008年3着。母父エリシオの父Fairy KingはSadler’s Wells全弟)
    レト(2010年3着。父ザカリヤはSadler’s Wells内包)
    セイクレットレーヴ(2012年2着。母母父Sadler’s Wells)
    ブライトライン(2012年3着。母父Sadler’s Wells系)
    ショウナンアチーヴ(2014年1着。母母父Sadler’s Wells系)

4.1週前追い切り情報

栗東坂路は鵜呑みにできず

追い切り映像はほとんどありません。
なので外部リンクのご紹介に留めます。
はい、いつもの馬三郎さんですね。

馬三郎タイムズ TOP

デイリースポーツとnetkeiba.comがおくる究極のインターネット競馬新聞。全レース対応の馬柱・調教タイムを毎日速報などの予想情報から、便利なIPAT連動機能と収支分析まで競馬ファンをサポート。レース映像も見放題。

左フレームの「1週前メーンマル得情報」を
選ぶと、当週の重賞の
1週前追い切りタイムが確認できます。
こちらも全頭ではありませんが、
活用しましょう!
当レースは10頭あります。

時計だけみた印象だと、
・カープストリーマー
・ダンツプリウス
・ボールライトニング
このあたりが良さそうです。
がしかし、栗東坂路は
とにかく時計速いので、
時計だけで鵜呑みは危険です。

カープストリーマーは
いちおう自己ベスト。
ダンツプリウスは
年明けから坂路が
動くようになってきていて、
今回もキープしています。

最終追い切り関連の記事は
金曜日に更新予定です。

5.関連記事

よろしければ続きもどうぞ

この展望記事は週初に
書いており、私の見解も週中で
どんどん揺れ動きます。

もしよろしければ下記関連記事も
ご覧ください。

追い切り評価です(04/08)。
追い切り時計、最終追い切りの印象、
中間含めた評価を行っています。

追い切り評価 ニュージーランドトロフィー 2016.04.09 中山芝1,600m | 適性からはじめる競馬予想

狙いたい馬がいい感じ ニュージーランドトロフィー(NZT)の追い切り評価です。最終追い切りに加え、中間の時計と本数、好調時の比較などを行っていきます。

前日予想です(04/09)。
直前に変更の可能性はあります。

予想 ニュージーランドトロフィー 2016.04.09 中山芝1,600m | 適性からはじめる競馬予想

今週の勝負レース ニュージーランドトロフィーの前日予想です。断然、今週の勝負レースです。 なお、当たるかは今年の私のヒドイ成績からお察しくださいw でも、当たればキッチリ回収できそうなので、私個人はたぶん、桜花賞より買うと思いますw