展望 マイルチャンピオンシップ 2014.11.23 京都芝1,600m

マイルチャンピオンシップの展望です。

KLANの予想ページはコチラ

1.注目馬

人気サイド

・ワールドエース
ディープインパクト×ドイツ牝系。
距離短縮。
いちおう、初志貫徹する予定。

・トーセンラー
昨年の勝ち方が圧倒的。
前残り馬場を1頭だけ差しきり。
現役一番の京都外回り巧者。
人気でしょうけどね。

ミッキーアイル、フィエロは軽視したいです。
ミッキーアイルは距離延長ローテ、
フィエロはもっとパワー型と見ます。

穴サイド

・ダノンシャーク
京都巧者。
人気落ちしそう。
NijinskyにNever Bend。

・エキストラエンド
ディープインパクト×Garde Royale(Never Bend系)
重賞勝ちもあり、多分、京都は一番向く。
ここは人気落ちしそうで狙い目。

・タガノグランパ
母父スペシャルウィークでNijinsky内包に
Mill Reefクロス。
父キングカメハメハもあって、フィフスペトルっぽい。
問題はローテーションで、穴開けるのは来年かも。

2.注目血統

難しいですね。やや無理やりです。
やっぱり11月の京都は重めの印象です。
もちろん、ディープインパクトはいいのですが。

・Nijinsky
ダンスインザムード(2004年2着/2006年2着。母父Nijinsky)
シンボリグラン(2006年3着。母母父Nijinsky)
マイネルファルケ(2009年2着。父ムタファーウエクはNijinsky内包)
ダノンヨーヨー(2010年2着。父ダンスインザダークはNijinsky内包)
ゴールスキー(2010年3着。母母父HostageはNijinsky直仔)
フィフスペトル(2012年2着。母系にNijinskyクロス)
ダノンシャーク(2013年3着。母父CaerleonはNijinsky直仔)

・Never Bend:母系にスパイス的位置づけで。
ファイングレイン(2008年3着。母母父Mill ReefはNever Bend直仔)
マイネルファルケ(2009年2着。母母父ブレイヴェストローマンはNever Bend直仔)
ダノンヨーヨー(2010年2着。母母母父Never Bend)
エイシンアポロン(2011年1着。母母母父Irish RiverはNever Bend直仔)
フィフスペトル(2012年2着。母父BahriはNever Bend系)
ダノンシャーク(2013年3着。母母父Shirley HeightsはNever Bend系)

・Sadler’s Wells:ちょっと入っている程度で。
カンパニー(2009年1着。父ミラクルアドマイヤはSadler’s Wells内包)
サプレザ(2009年3着/2011年3着。父SahmはSadler’s Wells内包)
エイシンアポロン(2011年1着。母父Sadler’s Wells)
トーセンラー(2013年1着。母母父Sadler’s Wells)

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク