追い切り評価 中山金杯 2015.01.04 中山芝2,000m

中山金杯の追い切り評価です。

中山芝2,000mって、フルゲート、17頭立てになったのですか?

KLANの予想ページはコチラ。馬柱も見れます
展望編はコチラ

1.評価したい馬

最終追い切りだけならこの2頭が抜けてます。

16アンコイルド
栗東坂路で併せて、一杯に追われて、2馬身以上先着。
これは明らかに良くなってきました。
2度使って叩き3走目の走りごろ。
2年前にはこの時期に3連勝もあるし。
但し、見習騎手騎乗のため、時計は出やすいですが。

04ロゴタイプ
美浦南Wで単走、一杯に追われる。
かなり内目を回る。
まあ、追われてからは動きましたね。
G1を2勝している馬ですし。
そろそろ相手関係からいっても走ってもおかしくはないですよね。

2.その他(枠順)

個人的注目のマイネルミラノは正直イマイチでしたが、
ブリンカーつけてませんからね。実戦で変わってくると思うので、
パドックはしっかり見る必要があります。

あと、適性がここかはともかく、ユールシンギングは良くなってきましたよ。

01マイネルミラノ
美浦南Wで外から併せて、終い追われて併入。
4F追いですね。
追い切りだけ見ると平凡です。
手綱を動かされて動かされてようやく先着。
ただ・・・・・ブリンカーしてませんからね。
こんなもんでしょう。
ちょっと本数も少ないのは気にはなるのですが。

02ラブリーデイ
栗東坂路で単走、終い追われる。
坂路、動く馬ですからね。
これだけでは何とも。
まあ、前走よりはいいような、といったくらい。

03ナカヤマナイト
美浦南Pで内から併せ、馬なりで先着。
ポリトラックとはいえ、ちょっとこの馬らしい動きが戻ってきたかも。
少なくとも昨夏よりはいいように見えます。

05デウスウルト
栗東坂路で単走、馬なり。
前走のデキはキープ。
あとは舞台適性ですかね。

06ヒュウマ
美浦坂路で内から併せ、一杯に追われて先着。
間隔短いのにしっかりやってきました。
しかしながら、転厩初戦でここは様子見でしょうね。
しかし、馬主の林さんと矢作厩舎の溝は深いようです・・・

07メイショウナルト
栗東CWで単走、馬なり。
追い切りではわかんない馬ですよねー。
精神的なもろさがいつ出るか、ですが、
少なくとも、この追い切りでは感じませんでしたが、さて。

08アイスフォーリス
美浦南Wで単走、馬なり。
内目を通る。
いつものピッチ走法なので、どうしても硬さは感じる。

09ユールシンギング
美浦南Pで内から併せ、強めに追われて2馬身程度先着。
だいぶ、前走と比べると、反応が良くなってきました。
やはり叩き良化型ですね。
差し馬の展開になれば、出番あってもおかしくないです。

10マイネルフロスト
美浦南Wで外から併せて、終い追われて半馬身ほど先着。
終いの追われ方からすると、まだまだ良化途上。
この馬、追い切りはハンパなく動く馬なので。
追われて追われてやっと先着という馬じゃない。

11ペルーサ
美浦南芝で3頭併せの真ん中から、馬なりで併入。
この追い切りだけではわからん。
やる気はあるようには見えるが。
で、いつ引退させるの?

12クランモンタナ
栗東坂路で併せて、一杯に追われて遅れ。
終いに一気に突き放されます。
デキは一息に映ります。

13ケイアイエレガント
美浦南Wで単走、一杯に追われる。
いかにも休み明けといった追い切りで、
終いまで按上の手が動きっぱなし。
12月初から本数はやっていますが、
多分、太いんじゃないかな。
昨年春の好調時は坂路追い切りで結果が
出ていた馬。コース追いがこの中間多いので。

14ラブイズブーシェ
栗東CWで外から併せ、一杯に追われて1馬身ほど先着。
若干、追われてからもたもたしました。
もともと、切れ味がある馬ではないので、気にする必要も
ないかもしれませんが・・・・・ね。
札幌記念の追い切りが一番だと思っているので、
その頃のデキにはないと思います。

15バッドボーイ
栗東坂路で併せて、一杯に追われて併入。
併せたのは京都金杯出走のニシノビークイック。
あまり動かない馬ですけど、いいときはもう少し動きますからねー。
季節としては馬場が重めの冬のほうがよさそうな馬ではありますが。

17パッションダンス
栗東坂路で単走、一杯に追われる。
まだまだ、ですかねー。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク