展望 福島記念 2015.11.15 福島芝2,000m

今週こそ荒れるか?ローカルハンデ重賞

福島日曜日のハンデ重賞、福島記念の展望です。
ローカル重賞しかもG1エリザベス女王杯の裏開催ということで、
メンバ構成は混沌としています。
そして騎手配置も混沌とすることが容易に推察されます。

そして、元プロ野球選手山本昌さんがプレゼンターということで・・・
きっとサイン馬券師さんたちも必死でサインを考えていることでしょう・・・・・
馬連、枠連の3-4とか?

KLANの馬柱・予想ページはコチラ

↓KLANとは無料競馬データベースです。
無料会員でもコース・馬場・血統など様々なデータで適性が確認できます。
おすすめです。

スポンサーリンク

1.注目馬

人気サイド

あまりアテにしたくないのですが。

  • ステラウインド:56kg
    小回りが上手い馬ですね。
    今年の七夕賞2着。
    母父スピニングワールドがNureyev×Riverman(Never Bend直仔)でこのレースに向きそう。
    母系にBlushing Groomがあるのがさらに小回り向き。
    戦績見ると、ムラな馬に見えるが、小回りなら
    そんなに崩れてない。

あとはファントムライト:56kgですかね。
どれだけ、日曜の雨で馬場が荒れたかによりますが、
馬場が悪くて、一番いいのはこの馬だと思います。
昨年とはリンクしない想定なのでミトラ:57.5kgは軽視。
この馬、馬場がいいほうが良い。

穴サイド

昨年と同じ狙いになってしまうのですが。

  • アンコイルド:55kg
    母系にRiverman(Never Bend直仔)。
    函館記念、札幌記念など、道悪小回りでの好走多数。
    いつか小回り芝で穴を開けてくれると思っているのですが。
    (穴を開けたのはダートのブリリアントSでしたね)
    来てしまうと、後悔間違いなしなので挙げます。
  • フィロパトール:51kg
    まさにThe福島という血統構成。
    母系にNijinsky、Riverman(Never Bend直仔)があって、
    Nureyevを強調する、Northern Dancerのクロスがあって・・・
    昨年4着は泣きました。
    やはり2,000mは少々長いのかもしれません。
    今年は相当流れそうなメンバ構成ですし。
    しかし、来てしまうとまた泣いてしまいそうなので買います。
  • パワースポット:52kg
    まず、出走できるか、が最大の問題ですが・・・
    (現時点で2頭回避で出走可)
    この馬も福島向きそうな血統構成です。
    しかも早い馬場ではなく、重い馬場向きの。
    母父はパラダイスクリーク(Never Bend直系)。
    Blushing GroomもNureyevのクロスもあって、
    父スズカマンボにはNijinskyも入っている。
    出走できたら、軸にしちゃうかもしれません。

2.コース特徴

小回りだけど、差しが届く

福島芝2,000mコースデータ

福島競馬場は小回りの競馬場です。
直線の長さも290mしかありません。
では、先行が有利かというと、
必ずしもそうではないです。

小回りがゆえに仕掛けが早くなること、
また、コーナにバンク(傾斜)があるので、
加速しながらコーナリングがしやすく、
マクリを打つ馬も多い。

結果として、持続力が問われることが多いです。
重賞ともなると特に。
また、この傾向は開催後半に強調されます。

枠はあまり気にしなくて良いです。
スタートから第1コーナまでは直線をずっと
走りますから、外枠でも主張できます。

過去10年のラップです。
※2011年は新潟開催のため除く

小回りなので、ラップは上がりませんが、
かといって、終いが速くなるわけでもない
ことがわかります。
※2006年は重馬場で時計がかかっています。

3.注目血統

この舞台でこそ狙いたい血統

昨年と着目点はあまり変わりません。

  • Never Bend
    ワンモアチャッター(2005年3着/2006年3着。母父パドスールはNever Bend系でMill Reefクロス)
    フォルテベリーニ(2006年2着。父ヘクタープロテクターはNever Bend内包)
    アルコセニョーラ(2007年1着。母母母父RivermanはNever Bend直仔)
    ナリタプレリュード(2007年2着。母父ミルジョージはNever Bend系)
    トウショウシロッコ(2009年2着/2010年3着。母母父RivermanはNever Bend直仔)
    ダンスインザモア(2010年1着。母父リヴリアはNever Bend系)
    メイショウナルト(2014年3着。母系にRiverman)
  • Nijinsky
    サンバレンティン(2006年1着。父スペシャルウィークはNijinsky内包)
    アルコセニョーラ(2007年1着。母母父CaerleonはNijinsky直仔)
    ダンスインザモア(2010年1着。父ダンスインザダークはNijinsky内包。Nijinskyクロス)
    ディアアレトゥーサ(2010年2着。父トーセンダンスはダンスインザダーク全弟でNijinsky内包)
    メイショウナルト(2014年3着。母母父にマルゼンスキーはNijinsky直仔)

次点

  • Nureyev
  • Sadler’s Wells

なお、2013年、2014年は時計が速いため、
やや傾向が異なるかもしれません。
今年はエアレーションや今週日曜日の雨で福島らしい、
時計のかかる馬場になっている可能性があります。

11/8(日)9R 500万下が芝2,000mなのでちょっと見てみましょう。

1着 04ウインアキレア
2着 05ピンクブーケ
3着 15ウインティアラ

ウインアキレア:コンデュイット×マイネルラヴ
ピンクブーケ:メイショウサムソン×Storm Cat
ウインティアラ:ハービンジャー×ステイゴールド

やはりいかにもな渋い血統です。
ウインアキレアは母系にもNever Bendありますので、
父コンデュイットと合わせて2本ですね。
2、3着も母系にBlushing Groomがあるのが気になりますね。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク