回顧 青葉賞 2016.04.30 東京芝2,400m

やはりレベルが高い世代

青葉賞の回顧です。

全着順と私の最終的な予想印は↓をご覧ください。
前日予想から今回は変えませんでした。

第23回青葉賞(G2)予想 2016年4月30日東京11R|KLAN

2016年4月30日東京11R 第23回青葉賞(G2)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.結果

馬券センスなし

1着 ○ 06ヴァンキッシュラン
2着 △ 04レッドエルディスト
3着 ▲ 13レーヴァテイン

※この印は前日予想の印です。

まあ、◎本命が来ないと
お話になりませんよねー。

人気を考慮してヴァンキッシュランに
切り替えるとか考えればよかったです。

パドックはヴァンキッシュランが
私の眼にはよく映りました。

2.考察

ペースは読めていたのに・・・

タイム 2:24.2(良)

ラップタイム

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m2400m
12.710.912.313.012.411.611.911.711.911.611.912.3
35.937.035.535.8

1,000m通過は61.3秒と遅かったですが、
ここからが11秒台が続いて
緩まないラップ。

まあ、いい感じのラップだったとは
思います。
あとは私の見込み違いですね。

やはりこの世代はレベルが高いと思います。

3.次走に向けて

ダービーは馬場次第

ダービーもこのくらいは流れるとは
思います。
あとは馬場の違いが青葉賞組には
やや厳しそうと感じています。

  • ヴァンキッシュラン
    勝ち上がりが遅れたのは
    ペースの遅さからでしょうね。
    クラスが上がって厳しい流れになって
    本領発揮、という内容でした。
    やはりこの馬はレース上がりが
    35秒台に入るような流れで
    上がり34秒台で差す馬ですね。
    キャラ的にはディーマジェスティに
    被るところはあります。
    ダービーは多頭数になるので、
    機動力も要求されます。
    対応できるかがカギとなります。
  • レッドエルディスト
    中団から(メートルダールの方が道中は後ろ)
    になりましたが、コーナーで置かれて
    (いや、敢えて仕掛けを遅らせた?)
    ほぼ最後方からの追い込みになりました。
    脚を溜めた分、終いは伸びましたね。
    この流れで上り33秒台ということは
    レースの流れの外から差してきた形で、
    正直、ダービーでは届かないでしょうね。
    まあ、賞金は加算できましたし、
    秋は楽しみですね。
    神戸新聞杯で買うべき馬と思います。
  • レーヴァテイン
    速い流れに戸惑った部分はあったと思います。
    馬場の影響もあったでしょうね。
    もっと軽い馬場が合うと思います。
    まあ、じっくり行くんじゃないでしょうか。
    別に菊花賞を目指さなくても、
    秋の東京条件戦から勝ち上がれば、
    来年以降は楽しみと思います。
  • プロディガルサン
    こんなもんと思いますよ。
    順調に使えるようになって、
    距離短縮してきてから、でしょうね。
  • メートルダール
    はい、ワタクシの見る目が
    まったくなかったということだと思います。
    体型的に長い距離は難しいかもです。
    で、差すには速い展開で前が止まる
    ことが条件で、この展開でもこれないって
    ことは、内回りで速い展開でないと厳しいということです。
    しばらくはヒモまで。
    やや人気を落として内回りで
    流れそうなときにアタマで
    狙いたい馬です。