回顧 京王杯スプリングカップ 2016.05.14 東京芝1,400m

お話にならず

京王杯スプリングカップの回顧です。

全着順と私の最終的な予想印は↓をご覧ください。
前日予想から今回は変えませんでした。

第61回京王杯スプリングカップ(G2)予想 2016年5月14日東京11R|競馬データベースKLAN

2016年5月14日東京11R 第61回京王杯スプリングカップ(G2)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.結果

お恥ずかしい限り

1着 無 10サトノアラジン
2着 無 13サンライズメジャー
3着 △ 01ロサギガンティア

※この印は前日予想の印です。

まあ、ここまで来ると、
ある意味清々しささえ残る惨敗ですが、
何より一番人気から買っといて
これ、というのは
精神的に応えます。

アイラインから行っていれば、
まだダメージは少なかったかもしれません。

まったくの差し追い込み決着でした。
しかも上がり32秒台が来るという・・・・・

2.考察

スローペースだった、と言い張ってみる

タイム 1:19.6(良)

ラップタイム

200m400m600m800m1000m1200m1400m
12.411.111.111.510.911.211.4
34.611.533.5

まず、スタート後に
エイシンスパルタンが控え、
かかる素振りを見せながら
600m通過のラップタイム34.6秒が
表示されたときに、
「終わった・・・・・」と思いましたね。
スローなら決め手勝負になるとは
思っていたので。

1,000m通過が57.0秒とか、
関係ないのです(・・・と思います)。
ラップが上がったのは800m過ぎからです。
馬群も団子なので決め手がある馬が有利です。

でもサンライズメジャーが後方から、
追い込んでくるのは難易度高すぎじゃないですか?

3.次走に向けて

次もスローならね

  • サトノアラジン
    まあ、強かったのは事実です。
    スローからの上がり勝負は
    中山の春興Sでも見せていますし。
    安田記念に繋がるか、というと
    微妙と思いますね。
    さすがにもっと流れるでしょうし。
  • サンライズメジャー
    高齢馬の間隔詰めて嫌って失敗したのは
    これでカレンミロティックから2度目です。
    しかし、あの展開を読んでいた、という方が
    いたら、天才かウソツキと思いますw
    この馬も時計のかかった米子Sで勝ったかと思えば、
    速い時計に対応したり、よくわかりませんね。
    こういうとき、私の取る対処は、
    「人気が落ちたときはとりあえずヒモに加える。軸にはしない」
    ・・・・・というものです。
  • ロサギガンティア
    ここまで時計が速くなると
    厳しかったような気がします。
    時計がかかる馬場で買いたいですね。
    安田記念はもし雨が降るようなら、
    軸とは言いませんが、ヒモには
    いれたい感じです。