回顧 京成杯 2016.01.17 中山芝2,000m

買い方大失敗

京成杯の回顧です。

まあ、なんというか、
競馬ってこういうもんですよね。
不利も落馬も故障も放馬も
あるんですよ。
それを事前に読むことは
不可能に近いですから、
買い方で工夫しないと・・・ですね。

全着順と私の最終的な予想印は↓をご覧ください。
前日予想から下位の印を少し変えてますね。
馬体重とパドックでカミノライデンと
ルネイション消したりしてます。

第56回京成杯(G3)予想 2016年1月17日中山11R|KLAN

2016年1月17日中山11R 第56回京成杯(G3)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.結果

前日予想通り買えばいいのに

1着 ▲ 04プロフェット
2着 無 03ケルフロイデ
3着 △ 01メートルダール

▲単穴勝ってますからね。
フツーに単勝買えば、
勝ち、だったんですけどね。

私の馬券は以下です。

keiseihai-quinella-1keiseihai-exacta

keiseihai-quinella-2keiseihai-trio-2016

keiseihai-trifecta-2016

2,900円購入で回収ゼロです。

・・・なんで、前日予想で買う
といっときながら、単勝11倍を
買ってないのか、アホとしか
いいようがありません。

まあ、この馬券だと、
マイネルラフレシアが
後ろからになった時点で
負け確定です。

あとスローになるなら、
なんで内枠キングカメハメハの
ケルフロイデに印を
回してないかも
自分の思考がよくわかりません。

メートルダールと
ウムブルフについては
読みどおりだったんですけどね。
負け犬の遠吠えですね。

2.考察

しかし、馬場は速いです

タイム 2:01.4(良)

ラップタイム

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m
12.710.813.112.412.812.011.911.711.812.2
36.649.135.7

はい、スローですよ、想定通り。
まあ、マイネルラフレシアが
前に行けていればもう少しは
流れたでしょうから、
後ろが届いたかもしれませんけどね。

このラップでこの時計になるんですから、
馬場が速いのは間違いないですね。
でも、結構重めの血統が来ているのが
難しいところです。

3月~4月はもっと速くなりそうで、
過去の傾向が使えないことも
頭に入れないといけないかもです。

3.次走に向けて

ちょっと参考にならないかなー

  • プロフェット
    よく前目に行って勝ちきったと思います。
    ただ、この枠でこの展開じゃないと、
    厳しいと思いますね。
    弥生賞を使ってくると思いますが、
    そこで成長が見られなければ、
    皐月賞では軽視する予定です。
    まあ、速い逃げ馬出てこなければ、
    有力なのかもしれないですけど。
  • ケルフロイデ
    この馬も展開が向いた1頭です。
    皆さん、そう思われてるでしょうが。
    しばらく、買えませんねー。
    適性としては福島の
    ラジオNIKKEI賞とかなんでしょうが、
    この賞金加算でクラシック使った
    あとだと、飛ぶパターンな気がします。
    セントライト記念あたりまで
    待つことになるんでしょうか。
    その際もスローじゃないと買えないですね。
    的外れかもですが、そう思います。
  • メートルダール
    まあ、一番強い競馬しましたけどね。
    やはり不器用な馬です。
    中山であれば流れてくれないと、
    チャンスがないでしょうね。
    当然、東京の方が走りやすいとは
    思うんですが、前が止まる展開でないと、
    勝ちきれない気もする難儀な馬です。
    青葉賞なら勝ちやすいでしょうが、
    弥生賞で権利取りに行くんでしょうか。
    共同通信杯だと、
    前を捕まえられない気もします。

あとは流れる展開なら見直せそうなのは、
ナムラシングン、ですかねー。
ウムブルフは様子見た方がいい気がします。
堀厩舎なので、人気するでしょうし。

ここまで、といたします。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク