展望 中山金杯 2016.01.05 中山芝2,000m

東の金杯

中山金杯の展望です。
こっちの方が先に実施されるので、
JRA重賞一番乗りですね。

なかなか難しそうなメンバー構成です。
やっぱりこの距離なので、
ペースによって勝ち馬が
変わってきそうですね。

昨年はラブリーデイが勝利して
それからの飛躍につなげました。
さて、今年はどうなりますか。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第65回中山金杯(G3)予想 2016年1月5日中山11R|KLAN

2016年1月5日中山11R 第65回中山金杯(G3)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

それだけでも結構便利ですが、
データベースというだけでなく、
ユーザ登録すると、
自分の予想印を入力して、
◎本命馬の単勝回収率で
ランキングに参加できたりします。
よくあるブログランキングとは違う、
実力のランキングだと思います!
(ちなみに私は1000位以下のヘタッピですw)

興味ありましたら、無料でユーザ登録できますのでお勧めします。
↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.注目馬

人気馬サイド

今のところ、スローにしかならなさそうです。
しかし、スローが良さそうな馬が
少なくて、難しそうですね。

  • ライズトゥフェイム:56kg
    中山のこの2,000mで全5勝の
    コース巧者。
    按上が長らく課題の馬でしたが、
    Mデムーロ騎手、石川騎手に
    乗り替わって結果を出してきました。
    特に石川騎手はまさに関東若手のホープ。
    2年目後半の勢いは関西2年目で
    重賞(小倉記念)を制した、
    松若騎手を凌ぐものがありました。
    12月1ヵ月で7勝ですよ?
    減量が効かない特別レースも
    2勝含まれています。
    今の中山の馬場がわかってる、
    って評価もできます。
    ムーア騎手を目標としており、
    その追い方は一部では早くも
    「和製ムーア」と呼ばれているほどです。
    馬の話に戻すと、
    母系に好走血統のMill Reefを
    持っています。
    ちょっと今の中山には
    重過ぎる気もしますが
    母父Sadler’s Wells系も
    この時期の中山にはもともと向きます。
    前につけるのは難しい馬ですので、
    腹を括った騎乗に期待です。
    上がりは使える馬と思っています。

内枠を今度は引きたいです。

  • マイネルフロスト:57kg
    前走、金鯱賞で追い切りを絶賛して4着。
    次でも狙う、と宣言してましたので、
    ここでも状態確認の上、狙います。
    最終追い切りは変則日程で、
    各馬、軽めになると思いますので、
    中間の時計をしっかり確認したいですね。
    本当は上がりがかかる展開のほうが
    良さそうですが、内枠を引いて、
    先行してくれることに期待します。
    血統的には強調点はありません。

人気どころもフツーに有力と思います。
これまた外国人騎手騎乗というところが
怖いですね。
スローを見越して位置を取ってきそうです。

ブライトエンブレム:56kg(ルメール騎手)
ベルーフ:56kg(Fベリー騎手)
フルーキー:57.5kg(Mデムーロ騎手)

特にFベリー騎手はこのレース連覇してますし、
AJCCも勝つなど、中山重賞での強さが
目立つ騎手。
ベルーフは乗り難しい馬ですが、
期待が大きいです。
池江厩舎で3歳で小倉記念2着とか
少しラブリーデイと重なる部分もあります。
馬は全然タイプ違いますがw

フルーキーは距離延長がどう出るか、
ですね。

ヤマカツエース:56kgは実力は認めつつ、
スローであれば、相手までに留めたいです。

穴馬サイド

いろいろ条件は付きそうですが、
ここは血統でピックアップします。

  • バロンドゥフォール:54kg
    中山3勝のディープインパクト産駒。
    距離延長がどうかとは思いますが、
    スロー想定なら持つと思ってます。
    血統的には母がサクラバクシンオーの
    全妹で母系にノーザンテースト。
    有馬記念でも母父サクラバクシンオーの
    キタサンブラックが3着してます。
    ターコイズSでも2着のダンスアミーガが
    サクラバクシンオー産駒。
    父ディープインパクトはLyphardも
    内包してます。
    あんまりキレない馬なので、
    スロー向きではないとは思うんですけどね。
  • マイネルディーン:54kg
    この馬も母系にノーザンテースト。
    ディクタスもあるので、
    ステイゴールドっぽさがあります。
    ・・・まあ、そのくらいですw
    この馬も血統的にはもう少し長いか、
    この距離なら流れて欲しいところ。
    そこそこ上がりは使えてもいますが、
    他の馬の方がキレそうにも思います。
    まあ、人気は確実にしないと思うのでw

あとはステラウインド:56kgくらいですかねー。
小回り巧者ということで。

2.コース特徴

やはりペース読み重要です

いつものKLANのコースデータをリンクします。

中山競馬場・芝2000m(内)コース分析!血統など7項目のデータ傾向|KLAN

中山競馬場・芝2000m(内)コース分析ページ。血統・枠番・騎手など7項目のデータから、競馬予想に直結するコースの傾向・特徴をまとめています。

コースは先週のホープフルSと
同じですので
特徴は再掲します。

急坂の下からの
スタートです。
最初のコーナーまでは
距離がありますので、
テンの争いはさほどでもありません。

但し、急坂を2回通るためか、
本質的にはタフなコースで、
内回りということもあり、
ペースが流れると、
差しが決まりやすくなります。

いちおう、KLANのレース傾向も
リンクしておきます。

中山金杯の傾向|競馬データベースKLAN

中山金杯の傾向を棒グラフや円グラフ、タグクラウドを使って見た目に分かりやすく分析。データは過去3~10年で任意の範囲を指定できます。枠番、脚質、血統などの項目から中山金杯のレース傾向を見つけよう。

違いは2歳戦ではないので、
スローだけでは収まらないことです。
過去10年のラップタイムです。

ホープフルSと比べて、
多少締まった流れになりますが、
ばらつきが大きいです。
展開次第で上がり勝負、
持続力勝負、どちらにも出そうです。
展開読みが重要になりそうです。

3.注目血統

季節性を意識したい

まずは過去よりも12月の中山で
偏りがあるので、そこから。

こんなことを有馬記念当日に呟いてますが、
とにかく、12月の重賞はノーザンテーストだらけでした。
もともと過去のリーディングサイヤーなので、
持っている馬が多いということは
あるにしても。

ステイヤーズS
1~3着馬が全てノーザンテースト内包。

ターコイズS
1~3着馬が全てノーザンテースト内包。

ホープフルS
2着ロードクエスト
3着バティスティーニ
が内包。

有馬記念
1着ゴールドアクター
3着キタサンブラック
が内包。

昨年の中山金杯も
1着ラブリーデイ
3着デウスウルト
が内包。

中山のエアレーションと
相性がいいのかもしれません。

ちなみに中山金杯登録馬では
・ネコタイショウ(5代内)
・バロンドゥフォール(3代内)
・フラアンジェリコ(3代内)
・ベルーフ(5代内)
・マイネルディーン(5代内)
が内包しています。ご参考まで。

※50音順。
出走できるかは考慮していません。

あとはいつもの過去10年の
好走血統です。
※昨年とあまり変わりません。
秋冬の季節はこの系統。
西も東も。

  • Never Bend
    アサカディフィート(2006年2着/2007年2着。父パラダイスクリークNever Bend直系)
    カナハラドラゴン(2006年3着。母父ブレイヴェストローマンはNever Bend直仔)
    トウショウシロッコ(2010年2着。母母父RivermanはNever Bend直仔)
    トウショウウェイヴ(2010年3着。母母父RivermanはNever Bend直仔)
    ※このトウショウ2頭は兄弟
    キョウエイストーム(2011年2着。母母父サウスアトランティックはNever Bend直系)
    ナリタクリスタル(2011年3着。母父ペンタイアはMill Reef(Never Bend直仔)内包)
    アドマイヤタイシ(2013年2着。父シングスピールはMill Reef(Never Bend直仔)内包)
    オーシャンブルー(2014年1着。母父Dashing BladeはNever Bend直系)
    ロゴタイプ(2015年2着。父ローエングリンはMill Reef内包)

理由がよく分からないので
オカルト血統風味ですが。
ダンシングブレーヴが特にいいわけでもないし。
(私の中では春の高速馬場で
いい血統なので)

  • Lyphard
    ヴィータローザ(2006年1着。母父Lyphard)
    シャドウゲイト(2007年1着。父ホワイトマズルはLyphard直系)
    ブラックタイド(2007年3着。母父Lyphard・・・っていうかディープ全兄)
    トウショウシロッコ(2010年2着。母父ニッポーテイオーはLyphard直系)
    トウショウウェイヴ(2010年3着。母父ニッポーテイオーはLyphard直系)
    ※このトウショウ2頭は兄弟
    オーシャンブルー(2014年1着。母母父ダンシングブレーヴはLyphard直仔)

あとは定番でもしスローになるようなら、
・Nureyev強調
・Haloクロス
もいいですね。昨年の1~3着は
どっちかです。

4.1週前追い切り情報

リンクと所感のみです

1週前追い切りは時計だけなら、馬三郎さんにあります!

馬三郎タイムズ TOP

デイリースポーツとnetkeiba.comがおくる究極のインターネット競馬新聞。全レース対応の馬柱・調教タイムを毎日速報などの予想情報から、便利なIPAT連動機能と収支分析まで競馬ファンをサポート。レース映像も見放題。

左フレームの「1週前メーンマル得情報」を
選ぶと、当週の重賞の
1週前追い切りタイムが確認できます。
こちらも全頭ではありませんが、
活用しましょう!

掲載されている馬ではパッと見、
・ブライトエンブレム
・ステラウインド
あたりが良さそうに思いますが、
私は映像みて評価したいので、
時計だけではなんともいえません。
※ブライトエンブレムはイマイチです。
1週前追い切り映像確認しました(01/02)。
1週前追い切り記事も1/3に投稿します。

なお、最終追い切り関係の記事は
1/4(月)に更新予定ですので
よろしければそちらも見てやってください。

5.関連記事

よろしければ続きもどうぞ

この展望記事は週初に
書いており、私の見解も週中で
どんどん揺れ動きます。

もしよろしければ下記関連記事も
ご覧ください。

フォトパドックから馬体考察を行っています(12/31)。
状態面の見極めの一助になれば。
逆にノイズになったらスミマセンw

馬体考察 中山金杯 2016.01.05 中山芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

中山金杯登録馬のフォトパドックを見て、馬体考察を行っています。私のお勉強記事です。

1週前追い切り評価を行っています(01/03)。
但し、4頭のみですw

1週前追い切り評価 中山金杯 2016.01.05 中山芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

中山金杯の1週前追い切り評価です。グリーンチャンネルで追い切り映像を確認できた馬の印象を書いています。

追い切り評価です。
願望満載ですw

追い切り評価 中山金杯 2016.01.05 中山芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

中山金杯の追い切り評価です。最終追い切りに加え、中間の時計と本数、好調時の比較などを行っていきます。

前日予想です。
当日に変更の可能性はあります。

予想 中山金杯 2016.01.05 中山芝2,000m | 適性からはじめる競馬予想

中山金杯の前日予想です。オッズ的にはこちらの方が買いやすそうです。