馬体考察 NHKマイルカップ 2016.05.08 東京芝1,600m

まあ見たい馬は抽選なので

NHKマイルカップ登録馬の
フォトパドックを見て、
馬体考察を行っています。

※私はまだまだ馬体見る目ありませんが、
自己修練のためにやっております。

登録馬および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第21回NHKマイルカップ(G1)予想 2016年5月8日東京11R|KLAN

2016年5月8日東京11R 第21回NHKマイルカップ(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.各馬考察

上位人気でいいんじゃないでしょうか

当レースは12頭ありました。
競馬ラボさんは8頭、
競馬ブックさんは全12頭あります。

4月27日または
4月29日の撮影です。
うち、メジャーエンブレムは
4月30日に1週前追い切りを
行っていますので、
1週前追い切り前の撮影になります。

競馬ラボさんのフォトパドックは↓です。
前走との比較がしやすいです。

馬体で探る勝ち馬診断「馬体FOCUS」 | 2016年 NHKマイルC・GⅠ総力特集 | 競馬ラボ

競馬ブックさんのフォトパドック↓です。
前走比較はバックナンバーを辿ればできます。

競馬ブックコーナー

4歳、5歳の菊花賞馬と昨年の有馬記念勝ち馬が顔を揃えた第153回天皇賞(春)。ゴールドシップが去ったあとの最強ステイヤーの座を巡る争いは逃げた昨年の菊花賞馬キタサンブラックと昨年のこのレースの3着馬カレンミロティックの馬体を接した追い比べがゴールまで続き、一旦先頭に立ったカレンミロティックをキタサンブラックが差し返し、クラシック馬の意地を見せた。日本ダービー出走権を懸けた青葉賞はヴァンキッシ…

ほとんどがフォトパドック初登場です。
2回目以降になるのは以下の5頭だけです。
・メジャーエンブレム
・シャドウアプローチ
・イモータル
・シュウジ
・ブレイブスマッシュ

東京マイルを考えて、
私が買いたくなりそうなのは
・ロードクエスト
・シャドウアプローチ
・ブレイブスマッシュ
いちおう、フォトパドックがある中では。
(弱気ではあります)

デキの面から推したいのは
・イモータル
・シュウジ
・シャドウアプローチ
この3頭。
シャドウアプローチはやや余裕がありそうなので、
最終追いでもしっかりやって、
輸送で絞れるといいですね。

まあ、メジャーエンブレムも好調キープではあります。
ロードクエストはギリギリ、といったところ。

ツナギが立気味の馬が多いです。
道悪になってもOKだと思います。

順番は今回は掲載頭数の多い、
競馬ブックさんの掲載順としています。

馬名ツナギ飛節全体像デキコメント
角度長さ
ティソーナ立気味普通普通バランス
アーバンキッド普通長め普通バランス完成は先か
ストーミーシー立気味短め前肢強い胴短め
メジャーエンブレム立気味長め前肢強い好調キープ
トウショウドラフタ普通短め普通前肢強い胴短め
ブレイブスマッシュ立気味普通バランス成長は見られる
ダンツプリウス立気味短め普通前肢強い思ったより父似じゃないかも
レインボーライン立気味普通普通バランスステゴっぽい目つきw
ロードクエスト立気味普通普通バランス何とかキープ
シャドウアプローチ立気味短め普通バランスやや緩いが
イモータル普通普通普通バランス朝日杯とは雲泥のデキ
シュウジ立つ普通普通前肢強いスプリンター

※私の主観にしか過ぎません。

  • ツナギ角度
    寝ると芝良馬場向き。
    立つとパワー型。
  • ツナギ長さ
    距離適性に比例。
  • 飛節
    直飛節はパワー型&長い脚。
    曲飛節は切れ味型。
  • 全体像
    胴の長さが距離適性に比例。
    (下記は私の勝手なイメージ)
    前肢強いとトップスピードに乗るまでが速い。
    後肢強いとトップスピードが速い。

各馬もう少しコメントを。

  • ティソーナ
    胴が長く見える体型で、
    思ったより距離はこなせそうには見えますが、
    ツナギは立気味で力の要る馬場か、
    坂のあるコースが良さそうです。
  • アーバンキッド
    まだ成長の余地が大きい馬体に見えます。
    筋肉のメリハリもまだまだですし、
    もう少し絞れそうにも見えます。
    脚も長いのでやはり将来的には
    長めの距離にシフトすると思うのですが・・・
  • ストーミーシー
    マイルはギリギリでしょうね。
    しかもG1ともなると、
    力の要る馬場や坂の助けが
    要りそうです。
    馬体から見ても、ツナギから見ても。
    東京替わりがいいようには思えません。
    前走ニュージーランドトロフィーも
    坂で前が止まる中を差してきたように思います。
  • メジャーエンブレム
    大きくは変わりませんが、
    桜花賞に向けて仕上げていましたのでね。
    好調キープだと思います。
    緩んだり、反動などは感じません。
    決して東京マイルがベストの
    条件とは思いませんが、
    有力であることは間違いないです。
  • トウショウドラフタ
    正直、距離は微妙です。
    ストーミーシーと同じような体型です。
    ツナギも短めですし、
    マイルはやはりギリギリと思います。
    前走ファルコンSの反動は
    ありません。
    状態は良さそうです。
  • ブレイブスマッシュ
    1月の京成杯と比較して、
    バランスが改善しているようには見えます。
    まあ、撮影の姿勢の問題でしょうが。
    やや長めの距離がこなせそうに
    なってきたようにも映りますが、
    マイルがベストでしょうね。
    前走ファルコンSの反動あるかどうかは
    微妙なので、中間の調整過程を
    確認したいところです。
  • ダンツプリウス
    ブライアンズタイム産駒で
    もっと腹袋があると思っていましたが、
    そこまでではないです。
    体型とツナギから坂のある、
    直線短いコースがあるのがベストで
    東京替わりはマイナスです。
    時計もかかったほうがいいです。
    ズブズブの消耗戦向きです。
  • レインボーライン
    小柄で、キツイ目つきが
    いかにもステゴっぽいですw
    ツナギも立気味でいかにも
    道悪が良さそうです。
    だから暮れの阪神で好走したり、
    京都替わりで負け、
    再び阪神替わりで好走したんでしょう。
    ということで東京替わりは
    あまり良くないと思うんですが、
    馬場次第で浮上といったところです。
  • ロードクエスト
    あまり良くありません。
    前々走スプリングSも
    休み明けでもしっかり仕上げていましたし、
    前走皐月賞がメイチのデキだったと思います。
    胸前のメリハリはやや落ち気味。
    なんとか平行線というところです。
    適性としてはマイラー体型だけに
    東京マイルに替わるのはプラスでしょう。
    道悪もこなせると思います。
  • シャドウアプローチ
    休み明けで緩さは残りますが、
    朝日杯FSと比べて、
    馬体の成長が大きいです。
    筋肉量が明らかに増えて、
    メリハリが出てきました。
    1週前追い切り後の撮影ですので、
    絞れてくるかがポイントには
    なりそうですが、期待できます。
    フレンチデピュティっぽさがあるのも、
    このレースには良さそうです。
  • イモータル
    いいですね。
    季節の違いはありますが、
    毛ヅヤはピカピカ。
    馬体だけ見ると、
    共同通信杯よりデキはいいです。
    順調さを欠いた朝日杯FSとは
    雲泥のデキと思います。
    マイルよりは距離延長した方が
    いいでしょうが、バランスの良さで
    こなせると思います。
    良馬場の方がいいとは思いますが、
    道悪もそこそここなせそうです。
  • シュウジ
    成長して、胸前の筋肉がさらにつき、
    より短距離志向が強くなっています。
    胴の短さが目立つようにもなってきましたし、
    マイルは長いです。
    東京替わりもマイナスと思います。
    デキはものすごく良さそうです。