追い切り評価 NHKマイルカップ 2016.05.08 東京芝1,600m

NHKマイルカップの追い切り評価です

最終追い切り時計、中間も含めた
追い切り評価を行っていきます。

現在のステータスは「3rdSTEP」(最終版)です。

変更履歴
1stSTEP:水曜追いの時計を一覧化(05/04) 。木曜追い及び抽選突破馬を追記(05/05)。
2ndSTEP、3rdSTEP:最終追いの印象に加え、中間を加味。

馬柱および現時点の私の予想印は↓です。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第21回NHKマイルカップ(G1)予想 2016年5月8日東京11R|KLAN

2016年5月8日東京11R 第21回NHKマイルカップ(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.最終追い切り時計

最終追い切り時計の一覧です

JRAが最終追い切りは映像を
公開していますので、
百聞は一見に如かず、
一度ご覧になることを
お勧めいたします。

調教映像:NHKマイルカップ 今週の注目レース JRA

今週は水曜日に美浦が
雨の影響でやや馬場が
重い状態での追い切りです。

栗東は雨の影響もありませんが、
CWは変わらず時計速く、
坂路はそこそこ時計は出ますが、
時間が経つと時計が急に出なくなる感じです。

木曜追いはブレイブスマッシュのみです。

馬番の順です。

馬名場所騎乗タイム併せ
01シュウジ栗東坂路岩田4F53.8-38.4-24.4-11.8強め先着
02エクラミレネール美浦南W助手5F68.6-54.2-40.4-12.4仕掛
03アーバンキッド美浦南Wボウマ6F83.2-67.7-53.0-39.1-13.5馬也先着
04メジャーエンブレム美浦南W助手5F64.6-48.6-35.3-12.3一杯
05ロードクエスト美浦南W調教師5F68.1-51.9-38.4-12.6仕掛遅れ
06ティソーナ美浦南W杉原4F53.4-38.9-13.1強め併入
07トウショウドラフタ美浦南P助手5F64.9-49.8-36.5-11.8強め
08イモータル栗東坂路畑端4F53.7-39.1-25.7-12.9仕掛先着
09シャドウアプローチ栗東坂路荻野琢4F55.1-39.5-25.3-12.6一杯遅れ
10ダンツプリウス栗東坂路助手4F52.4-37.8-24.9-12.8一杯先着
11ペルソナリテ美浦南W柴田大4F58.2-43.5-13.5馬也
12ハクサンルドルフ栗東坂路助手4F53.6-38.4-25.1-12.7一杯併入
13シゲルノコギリザメ栗東坂路助手4F53.7-39.3-25.7-12.9馬也
14ブレイブスマッシュ美浦南W横山典6F81.7-66.3-51.2-38.2-12.6仕掛
15ストーミーシー美浦坂路嘉藤4F55.8-40.0-25.7-12.5強め先着
16カネノイロ美浦坂路助手4F56.0-40.3-25.7-12.5一杯
17ブランボヌール栗東坂路助手4F54.5-39.7-26.0-13.2一杯
18レインボーライン栗東坂路福永4F55.6-40.5-26.2-13.2馬也

2.評価する馬

難しいです

実はあまりどの馬もパッとしません。

中間含め、捻り出したのが1頭。
デキだけなら推せるのが2頭です。

重い坂路は動かないので、
パっとしませんが、
十分な仕上がりです。
メイチではありませんが。

  • 08イモータル
    栗東坂路で併せ、終い仕掛けて僅かに先着。
    変則3頭併せのようになりました。
    日が昇って下は荒れています。
    そんな中では時計も出ていますし、
    少なくとも朝日杯FSとはデキは
    違いますね。
    長くいい脚を使うことを追い切りでも
    見せていますので、前を無理して
    追走せず、中団から運べば
    好走出来そうな気もしてきました。
    中間は4/3から時計を出しはじめ、
    坂路中心で、坂路で速いところを4本、
    コースも5/1(日)に馬也ながら速い時計を
    出していて、これがコースでの自己ベスト。
    坂路中心なのは東京コースに向けては
    いいでしょうし、大目標は次でしょうが、
    しっかり力は出せるように仕上げてきたと思います。

デキだけなら推しますが、
買うかどうかはまた別問題ですw

  • 15ストーミーシー
    美浦坂路で併せ、強めに追われて2馬身程度先着。
    雨は降ってませんし、そこまで走りにくい馬場には見えないです。
    大外を回して、しっかり伸びますし、
    デキ自体は前走よりいいくらいです。
    中間は1週前にも坂路で追い切っており、
    馬也でいつもの時計を出しています。
  • 01シュウジ
    栗東坂路で併せ、強めに追われて2馬身以上先着。
    併せたのは同レース出走のシャドウアプローチ。
    遅い時間帯ですが、やはり動きますね。
    頭の高さは相変わらずですが、
    能力が高いことは間違いないです。
    実際のレースではペースが流れそうで、
    折り合いはつくかもしれませんが、
    スタミナも問われますので、
    厳しいレースは間違いないと思います。
    ただし、最内枠はプラスでしょうね。
    中間は4/5から全て坂路で
    速いところは4本、
    計13本時計を出しています。
    前走ファルコンSの反動は、
    レースで好走しなかったこともあって、
    気にしなくて良さそうです。

3.評価しない馬

ございません

アヤしい馬は多いですが、
追い切りだけで評価を
下げるほどではないと
判断しました。

4.その他

悪くはないんですが

決してメジャーエンブレムも
ロードクエストも悪くはないんですけどね。

もともと動く馬ですし、
わざわざここで推すほどの
デキではないです。

個人的に気になっているのは
シャドウアプローチと
ブレイブスマッシュです。

馬番の順です。

  • 02エクラミレネール
    美浦南Wで単走、終い仕掛ける。
    ずっと使っていることもあって、
    軽めで終いだけ伸ばす内容です。
    硬さはありますが、仕掛けてから
    しっかり反応できていました。
    状態はギリギリキープといったところです。
    中間はコースで3本は
    ここまでの調整過程と同様です。
  • 03アーバンキッド
    美浦南Wで内から併せ、馬也で僅かに先着。
    コーナーを曲がって直線に入る時には
    既に内で先行して、追い付いてくる併走馬を待って、
    僅かに先着するという内容です。
    必ずしも追い切りの仕方が
    レースの仕方に繋がるとは限りませんが、
    できれば先行したいとか考えているんでしょうか。
    追い切り自体は追走してのものですし、
    時計も平凡ではあるので、
    併せた馬が動かなかったということかもしれませんが。
    私はこの馬は無理に追走すると、
    脚をなくすと思っているので、
    ちょっと気になります。
    陣営は1,800mで長いといっているので、
    私とは真逆の見解みたいですw
    あまり強く追い切りをやらない厩舎と
    いうこともあって、中間は1週前と当週の
    2本のみです。
  • 04メジャーエンブレム
    美浦南Wで単走、一杯に追われる。
    大きくは変わりませんが、
    まあ、十分でしょうね。
    短期放牧明けで2本のみですが、
    天栄で乗っているんでしょうし。
    桜花賞も激走したわけでないので
    反動などは感じないです。
  • 05ロードクエスト
    美浦南Wで内から併せ、終い仕掛けて半馬身程度遅れ。
    ほぼ単走に近い追い切りで遅れは
    気にしなくていいです。
    ちょっと硬さを感じますね。
    皐月賞の反動はやや気になります。
    中間も1週前から3F追いも含めて3本。
    皐月賞がメイチだったのは
    明白で舞台適性は改善とは
    思いますが、そこまで強気になれないです。
  • 06ティソーナ
    美浦南Wで3頭併せの真ん中から、馬也で併入。
    藤沢厩舎らしい追い切りで、
    デキ自体は良さそうです。
    レースも追い切りもタフな形を
    経験していませんので、
    果たして厳しい競馬になってどうか、
    という懸念はあります。
    中間はコースで4F追いを
    馬也で3本とこれまで通りです。
  • 07トウショウドラフタ
    美浦南Pで単走、強めに追われる。
    最終追いをポリトラックでやってきたのは
    久しぶりですが、これは馬場の影響でしょうね。
    あと、1週前に一杯に速い時計でやっているので、
    当週は軽めということからと思います。
    頭の高さと前向きさを感じるので、
    やはり距離延長は懸念があります。
    後ろから行く馬ではありますが。
    中間は4/20から時計を出しはじめ、
    速いところは3本、遅めを坂路で1本と
    いつもの中間より1本少ない感じです。
    やはりそれなりに前走の反動はあったかもしれません。
    1週前にしっかりやれていますので、
    戻ってはいそうです。
  • 09シャドウアプローチ
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて2馬身以上遅れ。
    併せたのは同レース出走のシュウジ。
    チップの舞い方からかなり遅い時間帯です。
    シュウジに遅れるのは全く気にする必要ありませんし、
    追われて反応はしています。
    評価を落としすぎるのは危険です。
    中間は4/7から時計を出しはじめ、
    全て坂路で速いところは4本ですが、
    遅めも合わせると12本乗り込めており、
    本数は足りていると思います。
  • 10ダンツプリウス
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて1馬身程度先着。
    早い時間帯で、まだ時計が比較的出る
    時間と思います。
    動きは1週前とさほど変わりませんね。
    馬場差と併せた相手のマジックで
    先着しているように見えるだけです。
    前々走アーリントンカップや
    前走ニュージーランドトロフィーからは
    ややデキは劣ると思います。
    中間はここ2週で坂路で計4本、
    速いところは1週前と当週の週中に2本
    やってきています。
    ややこれまでの中間からは本数が控えめです。
  • 11ペルソナリテ
    美浦南Wで単走、馬也。
    軽すぎてこれだけではなんとも。
    小柄な馬で減り続けていましたので、
    馬体を戻しながらの調整が続きます。
    この中間も1週前と当週の2本のみ。
    個人的にはマイルより長い距離で
    見てみたいのですが・・・・・
  • 12ハクサンルドルフ
    栗東坂路で併せ、一杯に追われて併入。
    下は悪い時間帯ではありません。
    ここ2戦の追い切り時計が
    かなり速いものだったので、
    物足りなさは正直あります。
    デキはギリギリキープだと思います。
    中間は1週前にコースで軽めと
    当週の2本だけです。
  • 13シゲルノコギリザメ
    栗東坂路で単走、馬也。
    時計は速めですが、
    ほぼ最内を回ってのもの。
    昨年10月からずっと使っているので、
    軽めの内容ですが、
    硬さなどは感じません。
    この馬の力は出せると思います。
    中1週ということもあり、
    中間はこの1本のみです。
  • 14ブレイブスマッシュ
    美浦南Wで単走、終い仕掛ける。
    この馬だけ木曜追いです。
    跳びが小さく、硬めですが、
    いつものことですので
    気にしなくていいと思います。
    反動を気にしましたが、
    4/1から時計を出せていますし、
    速いところはコースで6Fから3本
    やれていますので、問題ないと思います。
    ただ、速い時計を出しているのが、
    4/21からで当週も木曜追いにも
    関わらず、6Fからやってきたので、
    やや様子を見ながら強めてきたという
    側面もありそうです。
  • 16カネノイロ
    美浦坂路で単走、一杯に追われる。
    雨がヒドイ時間帯ですが、
    真っ直ぐ力強く登坂してきます。
    デキは寧ろ、目立つほどです。
    ただ、ウッドがそれほど深くは
    感じないので、逆に雨が降って
    走りやすくなっているかもしれません。
    あと、終いを伸ばす形ですので、
    見栄えがするのかもしれません。
    (追い切り映像は直線入ってからなので、
    終いが伸びると見栄えがします)
    中間はここ2週で坂路で4本。
    この馬にしては乗り込んでいるほうです。
  • 17ブランボヌール
    栗東坂路で単走、一杯に追われる。
    時計は平凡ですが、
    下がかなり悪い時間帯で、
    それ自体は気にしなくていいと思います。
    ただ、前走桜花賞からの
    上積みがあるかというと
    微妙ですね。
    中間は1週前から坂路で3本と
    やや馬体を戻しながらの調整には見えます。
  • 18レインボーライン
    栗東坂路で単走、馬也。
    いつもの浅見厩舎ですが、
    福永騎手騎乗ということで
    いつもよりは時計が出ていますかね。
    実質的な最終追い切りは
    いつも通り5/1(日)でしょうが、
    全体52秒台はいいとして、
    終いが12.9秒かかっているのが
    気になります。
    時計の出しはじめも4/29と遅く、
    やはりニュージーランドトロフィーは
    余計だった気はします。

当記事は随時更新します

G1については、
以下の3STEPを1記事にして
書いていっています。

STEP説明更新タイミング(目標)
1stSTEP最終追い切り時計のみ水24:00及び木24:00
2ndSTEP最終追い切り映像の印象金22:00
3rdSTEP中間を加味した最終版土17:00

※更新タイミングは所詮、個人ブログの目標なので、
おおらかに見守ってやってくださいw