回顧 神戸新聞杯 2013.09.22 阪神芝2,400m

神戸新聞杯の回顧です。

1.結果

1着 10エピファネイア   ◎
2着 15マジェスティハーツ △
3着 04サトノノブレス   △
-----------------------------------
 重い印はエピファネイアのみ。

ハズレ! 収支 -1,700円

逃げ馬2頭のうち、どちらかは残る
馬券としていたのがダメなところ。

2.考察

タイム 2.24.8(良)

ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m
12.5 10.5 12.3 12.3 12.2
12.5 23.0 35.3 47.6 59.8

1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m
12.5 13.0 13.0 12.0 11.1 10.8 12.6
72.3 85.3 98.3 110.3 121.4 132.2 144.8

縦長になったが、2ハロン目が速いだけで、
あとは1ハロン12秒台と落ち着いた流れ。
エピファネイアが抜け出したあと、
マジェスティハーツのみ、違った脚で
2着へ食い込む。

3.次走に向けて

・エピファネイア
 順当勝ち。
 それほどかかっていないのも
 本番に向けては好材料。
 最有力ではあるけれども、
 スローに落とされた場合の
 不安は残る。

・マジェスティハーツ
 外枠引いて、折り合いに徹して
 後ろから行ったことが吉と出た。
 って、書いてたのにね。
 本番では乗り替わりもあるが、
 今回と同じ競馬では勝ち負け
 は難しいと思う。

・サトノノブレス
 今週の阪神は内が伸びなかった。
 その中で、まずまず折り合っての3着。
 淀なら早め抜け出しでも最後が
 鈍らないはず。
 本番での上昇が見込める1頭。

菊花賞はエピファネイア最有力は
変わらないが、勝つかはまだ別問題。
今回以上のスローもあると思っている。
さらに逃げ馬壊滅だったため、本番での
マークも甘くなることが想定される。
菊花賞ではエピファネイアは本命にしない。
前に行く馬から選ぶ。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク