追い切り評価~その2~ 秋華賞 2013.10.13 京都芝2,000m

秋華賞追い切りその2です。

今回はその他の馬編です。
そこまで評価はしてないけど、
血統面、実績面で個人的に
ピックアップした。

追い切り評価その1はコチラ。

予想も本日中にアップします。

その他の馬(枠順)

・シャトーブランシュ
栗東坂路で単走馬なり。
8月末の小倉500万下勝ち後からは
軽めの調整が続く。
上積みはなく、前走はハマった感も
あるので、軽視。

・ティアーモ
栗東DPで併せて一杯に追われて先着。
騎手騎乗。
8月末の小倉以来でいつも通り、
坂路で調整して最終追い切りはポリ。
小柄な馬で仕上がり早そうなので、
今回も自分の力は出せそうか。

・セキショウ
美浦Pで単走馬なり。
どちらかというと、ウッドでの
追い切りが多い馬が紫苑Sからの
中間はポリトラック調教のみ。
このパターンに近いのは、
函館輸送を控えたとき。
関東圏での競馬が多いので、
今回も輸送を気にしての調整か。
使って使って良化する馬で、
あまり気にする必要はないが、
プラスではないかも。

・ウリウリ
栗東坂路で単走馬なり。
今週は調整程度。
但し、1週前追い切りは
やはり坂路単走とはいえ、
全体53秒台、終い12.3で、
状態はいいはず。
軽めの調整でも力強さを
感じる動き。
京都より阪神が向くのでは。
この厩舎で坂路中心という
こともあり、マイラーのイメージ。

・ノボリディアーナ
栗東坂路で単走強め。
騎手騎乗。
下が荒れているので、時計は
出ているほう。
ただ、時計の出し始めが
若干、遅いのは気になるところ。
前走のダメージが残っているかも?

・サクラプレジール
美浦南Wで単走馬なり。
9月中旬から乗り込んでいるので、
仕上がっているとは思う。
ちょっと終いが鈍っている気が
するので、距離不安はある。
坂路中心から、ウッド中心に
変えてきたのは好印象。
ただ、紫苑Sも回避して、
1.5週くらい時計出してないし、
春も桜花賞回避したりと
体調維持に不安がある馬で
初の関西輸送&休み明け&G1は
さすがに厳しいかも。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク