回顧 CBC賞 2014.07.06 中京芝1,200m

CBC賞の回顧です。

予想はコチラ。

1.結果

1着 11トーホウアマポーラ 無
2着 08エピセアローム   ◎
3着 16ニンジャ      無
-----------------------------------

ハズレ。

2.考察

タイム 1:08.6 (良)

既に開幕週にして時計がかかってきており、
芝のレースでは差しがバンバンきていた。

騎手で嫌ったのが、ダメ。
4番人気からそんなに嫌う必要もなかった。

あとは、枠。
明らかにマイル以下の短距離は外枠がいい。

これは次週以降に向けて、重要視するポイント。
・差し馬重視(但し、展開が向けば、先行馬も残るので人気薄なら押さえていい)
・外枠重視(同じ差し馬なら、スムーズさ重視)

2012年の3月、7月のイメージ。
やはり中京早いうちに雨が来ると、途端に差し馬場になる。

3.次走に向けて

・トーホウアマポーラ
フジキセキ。Caro。
雨が降らず、良に回復したのもよかった。
やや前がかりの展開で枠の関係で中団から。
ハンデ。
完全に条件向いた印象で、
これより上は正直どうか。

・エピセアローム
出来はよかった。
馬場も距離短縮もよし。
それだけに先行したのがつらかった。
あれだけ目標にされては・・・
ちょっと単勝持ってただけに納得いかない。
もう、控えられなくなってきてるかもしれない。

・ニンジャ
好きな馬だが、つかみどころがない。
高速馬場が向くかと思っていたのだが・・・
阪神Cの惨敗があって、嫌ってしまった。
血統的には嫌う要素はないが、中京では良績なし。
(但し、グラスワンダーらしく阪神で1,400m2着あり)
外枠、差しの利く馬場というのはプラス。
条件戦より、流れる重賞のほうが向くのかも。

北九州記念で狙いたかったが、これで妙味が薄れる。

・スギノエンデバー
力は出してる。
そこまで抜けた馬でもないので、ハンデ差が利いた印象。

・レオンビスティー
デキはよかったと思う。ただ、ずっとデキはいいけど
好走できてないが。
今回は折り合いも欠き、必然の惨敗。
まだ狙える。

・ベルカント
ここだけは予想どおり。
なぜ、アイビスサマーダッシュに向かわなかったのか。
といった感じ。

蛇足だが、中京競馬場の検討会で、
1番手に軒並み挙げられていて、
記者は何を見ているのかと思った。

・・・自分も当ててからいうべきだが。

・ルナフォンターナ
ちょっとハンデ見込まれすぎ。
連勝もあって人気し過ぎ。
内枠も響いたか?

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク