回顧 札幌記念 2014.08.24 札幌芝2,000m

札幌記念の回顧です。

相変わらずのダメ予想でしたね。
まあ、小額なので痛手は少ないですけど。

KLANの予想ページはコチラ
展望編はコチラ
追い切り評価編はコチラ
予想編はコチラ

1.結果

1着 08ハープスター     △
2着 05ゴールドシップ     △
3着 10ホエールキャプチャ  無
-----------------------------------

当然、かすりもせず。

2.考察

タイム 1:59.1 (良)

定量戦らしく、G1馬3頭で決まりました。
トウケイヘイローの逃げはペース速かったですね。
1,000m通過58.4秒。

3.次走に向けて

・ハープスター
展開向きましたが、お見事でした。
このくらいの力はありますよね。
若干、早めに仕掛けられたのも、
状態が良かったからと思います。

さて、凱旋門賞ですが、
斤量差があるとはいえ、厳しいでしょうね。
洋芝への適応力は見せたとはいえ、
やはり瞬発力を活かせるのは
軽い芝と思います。
距離も洋芝で2,400mは長いでしょう。

・ゴールドシップ
力は見せました。
まったく、太くありませんでした。
スミマセン。
ペースが速くなったのも向きました。

凱旋門賞はペース次第で好勝負できます。
ペースメーカーが必ずいるはずなので、
速い展開になれば、洋芝は苦にせず、
スタミナを問われる展開になれば。
本当は前哨戦使ってほしいところなのですが・・・・・

・ホエールキャプチャ
脱帽。
やはり実力あります。参りました。
東京マイルだけではなかった。
人気がなければ、どこでも紐には入れるべきですね。

・ロゴタイプ
確かにペースは速かったです。
ですが、もともと、皐月賞で速いタイムで勝っているように、
速めの馬場の持続力勝負は向くはず。
ということを考えると、言われているように、
世代レベルに疑問が残ります。
今回は状態面は問題なかったはずなので。
今後は過信禁物です。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク