回顧 ステイヤーズステークス 2015.12.05 中山芝3,600m

アルバートTUEEEEE!

ステイヤーズステークスの回顧です。

アルバートが5馬身差で圧勝しました。
まあ、なんというか、ダンスでダークで
ノーザンテーストな結果でしたね。

私の予想印は↓をご覧ください。

第49回ステイヤーズステークス(G2)予想 2015年12月5日中山11R|KLAN

2015年12月5日中山11R 第49回ステイヤーズステークス(G2)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.結果

まるでダメその1

1着 △ 02アルバート
2着 無 07カムフィー
3着 無 01トゥインクル

折り合って、インから抜け出し。
02アルバートの圧勝でした。
07カムフィー
01トゥインクル
終いにかけましたが、はるかかなた後ろの2着、3着。

正直、02アルバート
強さだけが目立ったレースです。
道中、無駄な動きをしなかった馬が
着を拾いました。

私は見るもムザンなハズレです。
02アルバートが1番人気になったのを見て、
08メイショウカドマツからいって完敗。

stayers-quinella-8-11 stayers-quinella-8-15 stayers-quinella-place-8-11

stayers-trio-8-11-15stayers-trifecta-8-15-11

2,800円購入で回収ゼロです。

1週目の出入りの激しい展開で、
メイショウカドマツとカノンが
ワキャワキャしている姿を見て、
終わった・・・と思いました。

2.考察

折り合いとダンスインザダークと

タイム 3:45.9(良)

ラップタイムは長すぎて貼れないので
KLANのリンクを代わりに貼らせて頂きます。

第49回ステイヤーズステークス(G2) 2015年12月5日中山11R‐レース結果|KLAN

第49回ステイヤーズステークス(G2) 2015年12月5日中山11Rのレース結果ページです。1着はアルバート(1番人気・3.2倍)でした。KLANでは、出走馬全着順、払戻、ラップタイム、レース動画を提供します。

道中、ガマンしきれない馬が何頭もいて、
出入りの激しい展開になりました。
12.0秒とかおよそステイヤーズステークスっぽくない
ラップが出現したりしています。

後方でじっくり脚を溜めた組に向きましたね。
言い方を変えれば、我関せずを貫けた馬と
騎手たちの度胸もあります。
今年に関しては内枠も良かったかな、と思いますね。
馬の後ろに入れられますし。

そして血統面に着目すると、
ダンスインザダークでしたね。
1着02アルバートの母父と
2着07カムフィーの父が
ダンスインザダークでした。

ダンスインザダークの配合は
言うまでもないかもですが、
サンデーサイレンス×Nijinsky×Key to the Mint(Ribot系)。
サンデー系の中では切れ味より、
長い脚を使う系統でもあります。
つまりはNijinskyやRibotが強いんですよね。
何をいまさらって感じでしょうけど。

散々Ribotを強調したからには、
当然、目をつけるべき系統でした。

血統が大事な重賞だと思ってますので、
来年以降にきちんと繋げたいと
思います!

あと、3頭ともノーザンテーストを
持ってますが、これはちょっと
私には説明ができません。
頭の片隅にしまうくらいの扱いに
しようと思っています。

3.次走に向けて

勝ち馬以外は正直ちょっと

勝ち馬以外は言葉を選ばずいうと、
どんぐりの背比べだと思うので、
買い時は難しいですね。

  • アルバート
    とにかく強い競馬でしたが、
    懸念も2点。
    ゴール前でも手応えに余裕がありました。
    果たして、距離短縮に対応できるかは
    不安があります。
    内回りで上がりがかかる展開になるか、
    京都の外回りで早めに仕掛けるなど、
    外的要因が必要となると思います。
    もう1点は主戦騎手。
    やはり追える騎手が合います。
    ムーア騎手帰国後の按上は
    懸案事項のひとつです。
    堀厩舎といえば、日本人なら
    戸崎騎手、福永騎手ですが、
    手が合わないでしょうね。
    Mデムーロ騎手ならあるいは・・・
    しかし中長距離路線で
    空いているかはわかりません。
    実は結構悩みどころの気はします。
    特にG1に行くのであれば。
    で、もし来年以降でてくれば、
    無条件で「買い」でしょうねw
  • カムフィー
    頑張りましたが、ちょっと勝ち馬からは
    離されすぎです。
    按上の要素も大きかったと思います。
    次走はダイヤモンドSな気がしますが、
    上がりがかかる展開になったほうが
    いい気がしますね。
    万が一、東京らしいスローになった
    場合は過信禁物と思います。
    来年以降もリピートするかどうかは
    展開による部分はありますね。
  • トゥインクル
    直線入り口の捌きの違いだけ、
    と思っていますので、
    ほぼカムフィーと同評価です。
    よりこの馬の方が、
    上がりがかかってほしいとは思います。
  • メイショウカドマツ
    一番厳しい展開となりました。
    まだ見限るには早いです。
    ダイヤモンドステークスに使うようであれば、
    引き続き有力と思っています。
    ただ、流石に相当仕上げたと思うので、
    デキの見極めは重要になりますね。
    右回りの影響があるのかないのかは
    また追い切り等、映像で確認したいです。
  • ファタモルガーナ
    デキがいまひとつ、だったのでしょうかね。
    乗り込み本数から問題ないとは
    考えたのですが、休み明けで臨むのは
    難しいレースなのかもしれません。
    展開もこの馬には不向きとは思いませんし。
    まあ、必ず好走するわけでもないですし、
    こういうこともあると思います。
    もし、来年出てきたらフツーに買いでしょう。
  • カノン
    かかって先頭に立ってしまうとは
    思っていませんでした。
    外枠もこのレースに関しては
    結果的に響きました。
    私の見込み違いだったと思います。
    はっきりと言い切れませんが、
    乗り替わりもマイナスだったかもしれません。
    力はある馬と思うので、これで人気を
    落とすようであれば、引き続き、
    狙いたい1頭ではあります。