馬体考察 ユニコーンステークス 2016.06.19 東京ダ1,600m

上位人気はタイプが違う

ユニコーンステークス登録馬の
フォトパドックを見て、
馬体考察を行っています。

※私はまだまだ馬体見る目ありませんが、
自己修練のためにやっております。

馬柱および現時点の私の予想印は↓をご覧ください。
各馬の一行コメントも記載していきます。

第21回ユニコーンステークス(G3)予想 2016年6月19日東京11R|競馬データベースKLAN

2016年6月19日東京11R 第21回ユニコーンステークス(G3)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

KLANは無料競馬データベースです。

無料のなかではデータ分析が
しやすくなっていると思いますので、
お勧めです。
詳しくはこの記事でnetkeiba.comと
比較しています。

↓ユーザ登録でこんなことができます。
・単勝回収率のランキング参加
・馬柱のカスタマイズ
・自分の予想印やメモ入力
・予想印と連動したIPAT購入
データベースの参照だけなら、ユーザ登録不要ですけどね。


スポンサーリンク

1.各馬考察

選択にはセンスが問われる

当レースは6頭ありました。
競馬ブックさんのみ、
・ゴールドドリーム
・クインズサターン
・ダノンフェイス
があります。
※除外馬は時間の関係で
今週は割愛します。

6月8日から6月9日の撮影です。
グレンツェントだけ、6月9日ですね。
1週前追い切りとの関係でいうと、
・ストロングバローズ
・ダノンフェイス
は撮影後に1週前追い切りを行っています。

競馬ラボさんのフォトパドックは↓です。
前走との比較がしやすいんですが、
このレースに関しては全頭フォトパドック
初登場です。

【ユニコーンS&函館SS】グレンツェント、レッツゴードンキら登場!

ユニコーンS 函館スプリントS グレンツェント (牡3

競馬ブックさんのフォトパドック↓です。

競馬ブックコーナー

昨年はエイシンヒカリがここを制して出世の足掛かりとしたエプソムC。18頭がフルゲートを埋めた今年は、昨年のきさらぎ賞以来勝ち星から遠ざかっている4歳牝馬ルージュバックが1番人気に推された。中団の外を進んだルージュバックは直線で1頭だけ違う脚で伸び、2度目の重賞制覇を果たした。桜花賞、優駿牝馬とそれぞれ1番人気となりながら無冠に終わった3歳時の無念を晴らす勝利で、これをキッカケに大きな飛躍が期…

状態面は比較できませんが、
悪く見える馬はいませんね。
逆にこれは明らかに今までより
いいのでは?という馬もいません。

人気上位3頭はタイプが違うので、
展開やコース踏まえ、きっちり選びたいところです。

え?お前の選択はって?
やっぱり軸には
ストロングバローズ
を選びます。
次点は
グレンツェント
ですかね。
ペースが落ち着きそうなら
ゴールドドリーム
なんでしょうが。

上記3頭を除くと、
クインズサターン
を選びますね。
ダノンフェイス
はこの条件で買いたくないです。

比較がありませんので、
順番は競馬ブックさんの掲載順としています。

馬名ツナギ飛節全体像デキコメント
角度長さ
ストロングバローズ立気味長めやや前肢強い距離延びても良さそう
グレンツェント普通普通普通バランス筋肉量豊富
イーグルフェザー立気味普通バランスダートダートしてない
ゴールドドリーム普通普通バランス決め手ありそう
クインズサターン普通普通普通やや前肢強いやはりクロフネ影響強い?
ダノンフェイス普通短め胴詰まる腰高

※私の主観にしか過ぎません。

  • ツナギ角度
    寝ると芝良馬場向き。
    立つとパワー型。
  • ツナギ長さ
    距離適性に比例。
  • 飛節
    直飛節はパワー型&長い脚。
    曲飛節は切れ味型。
  • 全体像
    胴の長さが距離適性に比例。
    (下記は私の勝手なイメージ)
    前肢強いとトップスピードに乗るまでが速い。
    後肢強いとトップスピードが速い。

各馬もう少しコメントを。

  • ストロングバローズ
    大型馬でダートももちろんいいんでしょうが、
    胴が詰まっている感じもないですし、
    芝でもそこそこやれそうにも見えます。
    軽い馬場で勝ってきていることはあります。
    距離は延びた方がいい気もしますが、
    東京ならいいのではないでしょうか。
    この後1週前追い切りやってますし、
    仕上がりも十分と思います。
  • グレンツェント
    バランスのいいタイプとは思うんですが、
    筋肉量が豊富で芝よりダートがいいんでしょうね。
    気になる方は他の馬と見比べてみてください。
    この馬は軽い馬場より力の要るダートの方が
    よりパフォーマンスを出せそうです。
    脚も長くはないので、1,800mくらいまでで
    マイルの方がいいと思います。
  • イーグルフェザー
    あんまりダートダートしてませんね。
    芝でもやれそうにも見えます。
    若干、まだ非力さは感じるところで、
    できれば軽いダートの方が
    いいような気はします。
  • ゴールドドリーム
    曲飛節が目立つ馬で
    上位人気3頭の中では
    一番決め手がありそう。
    スローの団子や小頭数が良さそうで、
    そういう意味ではヒヤシンスSとは
    違った結果になってもおかしくないです。
    胴長ですし、距離は2,000mくらいあった方が
    いいように思います。
    今回ペースが上がると追走には
    苦しむかもしれません。
  • クインズサターン
    黒っぽい、芦毛ちゃんです。
    あまりダート馬っぽさを感じないので、
    父パイロというよりは毛色のように
    母父クロフネの影響が強いかもしれません。
    間隔は詰まっていますが、
    デキも悪いようには見えません。
    もっとも、比較はできていませんが・・・
  • ダノンフェイス
    この馬体だけ見ると、
    ダートの一本調子の短距離馬っぽいです。
    東京マイルというよりは
    1,200m~1,400mで
    押し切ってしまう競馬がいいように見えます。