展望 東スポ杯2歳ステークス 2015.11.23 東京芝1,800m

展望

2歳の出世レース!

11/23(月・祝)の2歳重賞、東スポ杯2歳ステークスの展望です。
ここ10年で勝ち馬が6頭、後のG1ホースとなった、
いわゆる出世レースです。

・・・マイルチャンピオンシップで燃え尽きている
可能性はありますね。
2歳戦ですし、馬券は気楽に、
来年を見据えて行きましょう!

KLANの馬柱・予想ページはコチラ

↓KLANとは無料競馬データベースです。
無料会員でもコース・馬場・血統など
様々なデータで適性が確認できます。
おすすめです。

スポンサーリンク

1.注目馬

人気サイド

出遅れのあった馬は軸にしにくいです。

  • マイネルラフレシア
    これまで通り、前に行ってくれる
    のではないかと。
    というか、これ以外の
    人気になりそうな馬が
    全部出遅れ実績(!)有で
    アテにならないです。
    頭!というタイプでは
    ないですが、複勝圏内は
    有力だと思います。

他の人気どころでは・・・
比較的アテになりそうなのは、
スマートオーディンでしょうか。
乗り替わりもスタートだけを考えると、
プラスに働くかもしれません。
(ミルコはよく出遅れるのでね・・・)

血統に着目すると母父サンデーサイレンスの
ロスカボス
買いたい馬なのですが、前走を見ているとねぇ・・・・・
頭か着外かといった感じなので、
人気を背負うと怖いです。
出遅れても、スローになるので、
位置を取りにいくとは思うんですけどね。

プロディガルサンは危険な人気馬と思います。
全兄のラングレーもリアルスティールもそうなんですが、
キレキレの馬ではないんですよね、実は。
前走のように出遅れたりした日には、
行き脚もつかず、直線外からジリジリ伸びるも
届かず・・・のようなシーンが想定できます。
距離ももっと長いほうがいいのでは。

穴サイド

正直、あまり惹かれませんが・・・

  • タイセイサミット
    今の東京の馬場が合うのでは、
    というのと、前には行ってくれそうなので。
    父ダイワメジャーに母父エンドスウィープで
    仕上がりの早さがありそうで、
    2歳の今だからこそ、狙いたいです。

ほかの穴っぽい馬も一言ずつ。
カミノライデン次点で気になる。Danzigもいいし。
キラージョー母系の重いハーツクライは2歳重賞では・・・
レインボーラインそもそも前に行けないんじゃ・・・

2.コース特徴

スローからの上がり勝負!

東京芝1,800mコースデータ

他に毎日王冠やエプソムカップ、
共同通信杯が施行されるコース。

スタートしてすぐのコーナーのため、
特に先行馬は内枠有利。
また、直線が長いため、
スローになりやすい。
結果として、内枠からの
先行馬が基本は有利なコース。

Chart by Visualizer

過去10年のラップタイムです。
※グラフにマウスオーバーすると
強調表示およびラップタイムも表示されます。

道中12秒台どころか、
13秒台のラップも出現する
スローペースもあります。
※2011年は不良馬場のため、
参考外。
ラスト1Fも11秒台で
収まりますので、
前が止まっていません。

3.注目血統

ばらばらです

明確な傾向はありません。

勝ちきるのも、穴を出すのも、
先行馬でしょう。
逆に出遅れ癖のある人気馬は
疑ってかかるべきです。

別に下記に当てはまらなくても、
非サンデーサイレンスの
外国産馬もよく来ます。
近年だけでもサトノクラウン、
レッドレイヴンなど。
また、意外とディープインパクト産駒の
良血馬がよく飛びます。
ラングレー、サトノアラジン、
サトノノブレスなど。

  • 母父サンデーサイレンス
    フサイチリシャール(2005年1着)
    フサイチホウオー(2006年1着)
    フサイチアソート(2007年1着)
    スズジュピター(2007年2着)
    スマイルジャック(2007年3着)
    ローズキングダム(2009年1着)
    フジマサエンペラー(2011年2着)
    コディーノ(2012年1着)
    インプロヴァイズ(2012年3着)
  • Grey Sovereign
    ※特にCaro~Cozzeneのラインが良い。
    メイショウサムソン(2005年2着。母母母父フォルティノ)
    フサイチホウオー(2006年1着。父ジャングルポケット、母母母父Caro)
    スズジュピター(2007年2着。父タニノギムレットはクリスタルパレス内包)
    スマイルジャック(2007年3着。父タニノギムレットはクリスタルパレス内包)
    トーセンファントム(2009年2着。母父トニービン、母母母父Caro)
    リフトザウイングス(2010年2着。父ハーツクライはトニービン内包、母父Cozzene)
    マイネルディーン(2011年3着。母父トニービン)
    イスラボニータ(2013年1着。母父Cozzene)

おまけ。根拠なし。

  • ステイゴールド×メジロマックイーン
    ドリームジャーニー(2006年3着)
    フェイトフルウォー(2010年3着)
    ※ゴールドシップは同コースの共同通信杯の2012年勝ち馬。

コメント

タイトルとURLをコピーしました