1週前追い切り評価 有馬記念 2015.12.27 中山芝2,500m

さすがグランプリの14頭

有馬記念の1週前追い切り評価です。
グリーンチャンネルで追い切り映像を
確認できた馬の印象を書いています。

今週は一足早くというか、
タイムリーにというか、
1週前追い切りを前倒しで
書いていきます。
14頭もあるとは思いませんでしたw

今回はここを起点として、
フォトパドック→最終追い切り、
ひいては当日気配から
実際の馬券に繋げて行きたいと
思います。

本来は展望記事である程度
整理した後、追い切りを見ることが
多いのですが、今回は
そのためにある程度事前整理
を実施してきましたので。

なお、最終追い切りを探して当記事に
辿り着いた方はどうもスミマセン。
最終追い切り関係の記事は
↓に書いていきますので、
よろしければ見てやってください。

追い切り評価 有馬記念 2015.12.27 中山芝2,500m | 適性からはじめる競馬予想

有馬記念の追い切り評価です。最終追い切り時計、中間も含めた追い切り評価を3つのSTEPを踏んで行っていきます。公開され次第、JRA公開の追い切り映像へのリンクもつけます。

なお、1週前追い切りは時計だけなら、馬三郎さんにあります!

馬三郎タイムズ TOP

デイリースポーツとnetkeiba.comがおくる究極のインターネット競馬新聞。全レース対応の馬柱・調教タイムを毎日速報などの予想情報から、便利なIPAT連動機能と収支分析まで競馬ファンをサポート。レース映像も見放題。

左フレームの「1週前メーンマル得情報」を
選ぶと、当週の重賞の
1週前追い切りタイムが確認できます。
こちらも全頭ではありませんが、
活用しましょう!
G1以外もあるのが有難いです。

スポンサーリンク

評価

当然、ここ目標ではあるが

当たり前ですが、全馬ここが目標です。
でも、ここに至る過程などで、
どうしてもデキに差が出てくると思っています。
その辺りを過去追い切りとも比較して、
触れていっています。

今のところ、純粋に1週前追い切りのみで
私が気になっているのは、
・ゴールドアクター
・ワンアンドオンリー
この辺りです。

50音順です。

  • アドマイヤデウス
    栗東CWで内から併せ、一杯に追われて併入。
    手応えは劣勢ですが、時計はまずまず出てます。
    ジャパンカップもまだ太め残りだったと思いますし、
    これで絞れてくれば、といったところでしょうか。
    私の書いていることまで、ジャパンカップのときの
    デジャヴを感じますw
    真面目に書くと、コースでは動かない馬なんでしょうね。
    あくまで坂路追いとの比較ですが。
    なお、内目に入れているので、
    動きははっきりとは見えません。
    相変わらず硬さを若干、感じました。
  • キタサンブラック
    栗東CWで外から併せ、強めに追われて1馬身程度先着。
    もっと動くと思っていたので、
    少し拍子抜けです。
    菊花賞時の1週前や最終追いも
    もう一度見てみたんですが、
    硬いようにも思いますし、
    重いようにも思います。
    フォトパドックや調整過程を
    しっかり確認したいところです。
    あまり印象はよくないです。
    そういえば、この馬セントライト記念の
    直前もバタバタでしたっけ。
    間隔が空くとあまりよくなかったり
    するんでしょうか。
  • ゴールドアクター
    美浦南Wで内から併せ、一杯に追われて2馬身程度先着。
    来ましたか、ゴールドアクターさんの本気追いが。
    これまで馬なり調整が多かった馬ですが、
    長めで一杯に追ってきました。
    レースに近い週でこれだけやってきたのは
    初めてです。
    内目を回ってはいますが、
    時計も相当出てますね。
    脚の回転の速さが目立ち、
    本来は距離不安とかを気にするところですが、
    距離には実績ありますからね。
    寧ろ、中山へのコース替わりには
    小回りが効くことはプラスで
    期待感のほうが圧倒的に強いです。
    スクリーンヒーローは東京向きでしたが、
    産駒はRoberto系の良さが出ていると
    思ってますので、そこも後押しです。
  • ゴールドシップさん
    栗東坂路で併せ、終い仕掛けて2馬身程度先着。
    結構遅い時間帯ですが、
    まったく馬場を意に介することなく、
    登坂してきます。
    前走も結構仕上がっていたとは思うので、
    大きな上積みまでは感じませんが、
    順調だと思います。
    これで最終追いも坂路でやれるようなら、
    万全だと思うんですけどね。
    前走は最終がコースだったので、
    余裕残しを疑いましたので。
    一瞬、落鉄したか?とヒヤッとしましたが、
    スローで確認したところ、併走馬の方でした。
  • サウンズオブアース
    栗東坂路で単走、馬なり。
    想定外の坂路で軽めでした。
    コース追いでしっかり時計出してくると
    勝手に思ってたんですが。
    ただ、動きに硬さとかは感じませんでしたので、
    問題ないと思います。
    で、過去の調整過程を見てみたのですが、
    この馬、最終追いはコースですが、
    1週前までは坂路で仕上げてますね。
    つまりいつもの調整過程ということです。
    私の勝手な勘違いでした。
    前走のように少し間隔が空いたときや、
    休み明けのときに1週前にもコースで
    追ってくるような傾向があるようです。
    私もジャパンカップのときには
    気づけていませんでした。
    ですから、今回は仕上がっているので、
    1週前は坂路で軽めでできた、
    と現状は捉えたいと思います。
    フォトパドックや最終追いで
    引き続き確認したいと思います。
  • ショウナンパンドラ
    栗東坂路で併せ、終い一杯に追われて2馬身程度先着。
    時計や過程はジャパンカップや天皇賞(秋)と
    大差はないんですが、
    物足りなさを感じますね。
    ジャパンカップの1週前と見比べたんですが、
    追われるまでの手応えと
    追ってから抜け出すまでの
    反応や加速の速さで劣ります。
    ジャパンカップのときのような
    引っ張りきりの手応えはありませんし、
    突き放すときにもたつきを感じるんですよね。
    馬場の影響もあるかもですが、
    跳びも若干小さいと思います。
    さすがにデキ落ちしていると思います。
    私としては万全でなければ
    無理して使わず、回避してほしい
    ところなんですがね。
    私の勘違いの可能性も十分ありますが。
  • ダービーフィズ
    美浦坂路で単走、強めに追われる。
    前走の1週前追い切りは酷評した
    ダービーフィズさんですが、
    今回はいいと思います。
    単純に時計の出方が違います。
    いや、実は時計自体は
    ジャパンカップの1週前と
    それほど変わらないんですが、
    美浦坂路の馬場レベルが
    当時と3~4秒くらい違っていると
    思っているので、明らかに
    今回の方がしっかりやってきていると
    思っています。
    勝手な推測ですけど、
    陣営も有馬記念の方が色気、
    持ってるんじゃないですかね。
    上がりがかかるほうがいいのは
    わかってるわけですし。
    按上も中山の方がいいですしね。
  • ヒットザターゲット
    栗東坂路で単走、一杯に追われる。
    上積みはありますね。
    前走は最終追いでも追われて
    フラフラしてましたけど、今回は
    真っ直ぐ上がってきます。
    きちんと跳べてもいます。
  • マリアライト
    美浦南Wで内から併せ、終い仕掛けて併入。
    前走エリザベス女王杯の追い切りでは
    一番手評価しましたけれど、
    当時と比べて若干、重さを感じます。
    まだ中間を見ていないので、
    なんともいえない部分がありますが、
    前走が目標だったと思うので、
    緩めていても不思議ではないですね。
    かなり絞り込んでいましたし。
    長めからしっかりやれているのは
    いいことだと思いますので、
    最終追いでどう変わってくるか
    だと思います。
  • ラストインパクト
    栗東CWで単走、馬なり。
    軽めです。
    好調はキープしていると思いますが、
    さすがに上積みまでは
    感じる内容ではないですね。
    逆に言うと、前走しっかり仕上がっているので、
    強くやる必要がない、ということでもありますが。
    最終追いは単走でしょうが、今週よりは
    しっかりやってくると思いますので、
    確認したいと思います。
  • ラブリーデイ
    栗東CWで内から併せ、強めに追われて半馬身ほど先着。
    軽めなのはもとから予定通りだと思います。
    馬の後ろに入れて、折り合いを
    意識するような内容の追い切りに
    見えました。
    先に併走馬に仕掛けさせても
    ガマンしてそれから仕掛けて
    前に出るような内容です。
    順調だとは思います。
    あと、またどっちかの馬が落鉄してます。
    ラブリーデイがどうかはスローでも
    確認できませんでした。スミマセン。
    あまりに情報でない場合は
    気をつけたほうがいいかもしれません。
    ジャパンカップのショウナンパンドラのときも、
    情報が出たので、影響は少ないんだろう、と
    考えましたし。
  • リアファル
    栗東坂路で併せ、終い仕掛けて併入。
    音無厩舎らしからぬ、加速ラップw
    時計は出ていますが、早い時間帯なので、
    特筆するものではありません。
    この馬もいつも動きますからね。
    どちらかというと、併走馬のほうが
    手応えに余裕があって
    気になるくらいですw
    とはいえ、終いバタバタになることも
    多かった馬です。
    順調だと考えていいでしょう。
  • ルージュバック
    美浦南Wで単走、終い仕掛ける。
    良くなっていると思います。
    前走は最終追いで一杯に追われても、
    若干、頭が高いフワフワした感じが
    あった気がするのですが、
    今回は首をより使えている気がします。
    跳びの大きさは相変わらずなので、
    中山コースには不安を感じるのですが。
  • ワンアンドオンリー
    栗東坂路で3頭併せ?の真ん中から、強めに追われて併入。
    良くなりましたね!
    結構、橋口調教師も吹いてるらしいですが、
    納得の追い切りです。
    結構、遅い時間にやるのはいつものこと。
    全体時計もしっかりでてますし、
    ラスト1Fもいつもより止まっていません。
    併せたダノンメジャーに手応え劣るのは
    いつものことですがw
    前走、最終追いのときに手控えているのでは?
    とか余計な推測までしましたが、
    この馬も上がりがかかるほうがいい馬。
    ジャパンカップよりこちらを狙ってきていると
    思います。
    その上不器用なので、狙うのは
    他にも条件が要りそうですけどね。