回顧 オークス(優駿牝馬) 2016.05.22 東京芝2,400m

ヒモ荒れせず

オークス(優駿牝馬)の回顧です。

堅かったですね・・・・・
ヒモ荒れ狙った私としては
惨敗です。

チェッキーノは嫌いたくても
嫌い切れなかったわけですから、
結果論としては
リスクヘッジしてもよかったんでしょうね。

全着順と私の最終的な予想印は↓をご覧ください。
前日予想から今回は変えませんでした。

第77回オークス(G1)予想 2016年5月22日東京11R|競馬データベースKLAN

2016年5月22日東京11R 第77回オークス(G1)予想ページです。ユーザー独自の予想・評価印、馬やレースに対するメモを閲覧、共有できます。

スポンサーリンク

1.結果

勝ち馬は力が違いました

1着 ◎ 03シンハライト
2着 △ 13チェッキーノ
3着 無 14ビッシュ

※この印は前日予想の印です。

シンハライトは思ったより後ろの
位置取りのおかげで、
直線向いてもまだ後方。
挙句の果てに
デンコウアンジュと
ワキャワキャ
してましたが、そもそも
切れ味が違ってましたね。

チェッキーノを無理やり嫌って、
ビッシュに至っては消してましたので、
私の馬券は無残なハズレです。

これまでのレースも
追い切りもパドック見ても、
本質的には距離不安あるも
折り合えるチェッキーノは
この時期であれば、
軽視できないことは
わかっていたんですけど、
ついつい・・・・・ね。

2.考察

最近よく見るスローの縦長

タイム 2:25.0(良)
ラップタイム

200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m1800m2000m2200m2400m
12.310.712.112.312.412.512.912.612.711.411.511.6
35.137.238.234.5

スローなのに縦長という、
後ろから行っている騎手を
何考えてるの?
といいたくなる展開でしたが、
全頭、初距離のレースですので、
致し方ないかもです。
一応、想定内でしたし。

そんな中、一番うまく乗ったのは
Mデムーロ騎手でしたね。
絵にかいたような早め抜け出し。
まあ、差されたのは上位2頭との決め手の差と
多少、外差しが利く馬場もあったと思います。

あとは折り合ったもん勝ち、
というのも見立て通りなんですが、
馬券が外れているのは
私のセンスのなさだと思いますw

このレースで距離が持つとか、
考えない方がいいでしょうね。

あとは秋華賞はぜひ、
イカれたハイペース(死語)
になって本日キレ負けした馬とかに
台頭してほしいものです。

3.次走に向けて

決め手勝負の順位付け

ただ、それだけです。
ローズステークスは
同じ傾向と思いますが、
秋華賞はまた違ってくる
可能性はあると思っています。

  • シンハライト
    このメンバーでは力が違いました。
    あんな競馬じゃなければ、
    圧勝していたかも、
    とも思いますが、
    折り合いが一番大事なレースですし、
    安全策を取った結果と思います。
    脚があれば馬群を割れるというのも、
    見立て通り(迷惑はかけちゃいましたが)。
    やはり決め手勝負なら世代屈指です。
    順調ならローズステークスはまず、勝つでしょうね。
    小柄で休み明けも仕上げやすそうですし。
    秋華賞はペース次第と思います。
    速い流れで持続力を問われると
    厳しいです。
    乗り方次第とも思いますが、
    勝ちに行く競馬をすると、
    脚が残らないかもしれません。
  • チェッキーノ
    やっぱりオークスって折り合い大事ですね。
    というレースでした。
    さて、秋華賞はスローになれば有力、
    ペースが流れそうなら、切る、
    というスタンスで行きたいと思います。
    で、ハイペース予想をして、
    スローになってこの馬が勝つところまでが
    このブログの既定路線かもしれませんw
    今後はマイラーっぽいレース、
    またはスローのときのみ、買いたいです。
  • ビッシュ
    5番人気は間違いなく過剰人気と
    思ってましたが、私の見る目が
    ダメダメだったということですねw
    馬体増も中間全然攻められていなかったので、
    緩いと感じましたし、実際、
    そうだったとは思います。
    ただ、スローだったら、緩くても
    こなせるんですよね(と勝手に思っています)。
    本格化はまだ先でしょうけど、
    決め手勝負になった場合には
    有力な1頭との見立てを
    今後はしていきたいです。
    常に人気しそうなので、
    買い方は難しそうですね。
  • ジェラシー
    何が一番驚いたってこの馬ですね。
    ポツンからの4着。
    しかし、圧倒的4着。
    ものすごく評価の難しいところです。
    桜花賞のアドマイヤリードみたいな感じ。
    こういう馬に対して
    私の取る選択は、いつもの
    人気があれば軽視、
    人気なければヒモにはとりあえず、
    押さえる、という作戦ですw
    その間に見極めたいと思います。
  • ペプチドサプル
    いや、柔らかさを感じるパドックと返し馬で
    良かったと思ったんですけどね。
    決め手勝負になるとツライですね。
    条件戦では上がり最速で勝ってきても、
    G1ともなると持続力勝負にならないと・・・
    という馬です。
    だから、いつも権利を取るのに苦労して、
    本番ではペースが上がるのでそこそこ走る、
    という感じです。
    なので、この馬が活きるのは、
    やはりペースが流れたときの秋華賞と思います。
    まあ、まずペースの心配をするよりは
    秋華賞に出れるように
    賞金加算するところから始めましょうかw
    これまでの競馬が示すように、
    意外とハードル高いです。
    混合戦とかの方が良さそうですけど。
  • フロンテアクイーン
    折り合い、でしたね。
    そこに気付くべき伏線は
    たくさんあったので、
    疑えなかった自分が悪いです。
    この馬も厳しい流れの方が
    間違いなくいいので、
    秋華賞では懲りずに
    狙ってみたいと思います。

ここまで、といたします。