春の新潟開催と9月新潟開催の相関はあるか?

唐突ですが、春の新潟開催を振り返ります。
主に外回り(1,600m、1,800m、2,000m)です。

まず、特徴としては年明けの雪が影響して、
芝の生育状態があまりよくなかったこと。

速い馬場にはならず、やや力の要する馬場となり、
差し馬の台頭が目立った。
(例年の秋開催ぽくなった)

そこで、真価を発揮したのが
・ゼンノロブロイ

 まー、若干時計のかかる平坦コースは強い。
 札幌でも注目。

 勝ち馬だけでも、
 エスオンマイチェス(このとき2着もフォントルロイ)
 マイネルゼーラフ(この単複は美味しかった)

・Roberto(特にシンボリクリスエス)

 同じく勝ち馬のみで、
 フレージャパン(ブライアンズタイム)
 ユールシンギング(シンボリクリスエス)
 アースザツリー(シンボリクリスエス)
 カーバ(シンボリクリスエス)

開催後半になると(これはいつものこと)、
・Grey Sovereign持ち(ハーツクライ、タニノギムレットなど)

 シャドウウィザード

流石に芝も育っていると思うので、
開幕週からこの傾向が発揮されるとは思っていないが、
気をつけたいのが、今年は9月が中山ではなく、
新潟開催であること。

流石に9月になると、芝も荒れて、上記傾向が復活することは
十分ありうる。
意識しておきたい。
目安としては新潟記念以降くらいか。
昨年のコスモネモシンもゼンノロブロイでしたね。
京成杯オータムハンデも要注意。

オールカマーやセントライト記念は内回りなので、
ちょっと傾向が違ってくる。

ただ、まあ、開催前半の外回りはきっとディープ祭りなんだろうなぁとは思う。

Twitterでも呟いてます^^


スポンサーリンク