馬体考察 アメリカジョッキークラブカップ2020 中山芝2,200m

馬体考察

一長一短。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)登録馬の
フォトパドックを見て、
馬体考察を行っていきます。

正直、一長一短ですが、
適性を重視するなら、ミッキースワローが良いと思います。

スポンサーリンク

各馬考察

競馬ラボさんのフォトパドックは↓です。
当レースは6頭あります。

【日経新春杯】メロディーレーンの馬体評価は?京成杯も診断! | 馬体FOCUS | 競馬ラボ

適性

レース条件

以下の想定です。
・スローペース
・力の要る馬場(極悪馬場すぎるとどの馬も同じになる)

向く馬体

以下に注目します。

・ペース想定、瞬発力:曲飛節
・力の要る馬場:ツナギは立っていた方がよい

ピッタリなのはいませんね。

曲飛節で取ると
・ニシノデイジー
ツナギで取ると
・ミッキースワロー
・ラストドラフト
・スティッフェリオ
の順です。

私の注目馬は
・ミッキースワロー
です。

ミッキースワローは
不安なのはスローで前残りとなったときくらいです。
逆に言うと、前残りでなければ、
馬券圏内は堅いと思います。
・・・といって外し続けているのが私ですがw

ニシノデイジーは
ぶっちゃけ、東京または京都の中距離(できれば内回り)が
良さそうに見えます。
ないしは馬場が綺麗でスローになりそうなレース。
決め手が活きる競馬でないと、苦しいのでは。

ラストドラフトは
ツナギは立気味なのはいいんですが、
馬体がやや詰まっているところもあり、
距離は短い方がいいんじゃないですかねー。
中日新聞杯でも最後差されてますし。
抜け出して遊んだのかもしれませんが。
実はそもそも実力をあまり評価してないので、
色眼鏡で見ている可能性はありますw

スティッフェリオは
ステゴの割に、綺麗な馬場の持続力勝負が
向くような気がしますねー。
この馬もツナギは立気味なものの。

ブラストワンピースは
馬体のバランスとしては
普通、なんですよね。
逆に言うと、走れても不思議ではないんですが。

サトノクロニクルは全然、条件が合わないと思います。
なんで使ってきたんだろ?

デキ

フォトパドック既出の馬がたくさん。

「これは良いデキだ!」
という馬はいませんね。

逆に評価を下げたくなるのは
・サトノクロニクル
・ニシノデイジー
・スティッフェリオ
です。

サトノクロニクルは筋肉量が戻っていないように見えます。
ニシノデイジーは太く見える。G1後の仕上げ直し途上かと。
スティッフェリオはさほど変わりませんが、張りがやや落ちている印象。

で、恐らく注目の
ブラストワンピースは
そんなに悪くは見えませんねー。
筋肉量でいうと、一昨年勝った時の有馬記念より増えており、
成長を感じます。
なにやら『太い』ということらしいので、
追い切り含めてチェックは必要ですね。

ミッキースワローとラストドラフトは
それほど変化があるようには見えません。

一覧

 

馬名ツナギ飛節全体像デキコメント
角度長さ
サトノクロニクル普通長めすっきり筋肉量足りない?
スティッフェリオ立気味長めバランス前肢バンテージ
ニシノデイジー寝気味普通かっちりやや太い
ブラストワンピース普通普通かっちり四肢バンテージ
ミッキースワロー立気味短めバランス
ラストドラフト立気味普通バランス

※私の主観です。

  • ツナギ角度
    寝ると芝良馬場向き。
    立つとパワー型。
  • ツナギ長さ
    距離適性に比例。
  • 飛節
    直飛節はパワー型&長い脚。
    曲飛節は切れ味型。
  • 全体像
    胴の長さが距離適性に比例。
    (下記は私の勝手なイメージ)
    前肢強いとトップスピードに乗るまでが速い。
    後肢強いとトップスピードが速い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました