馬体考察 京都金杯2020 京都芝1,600m

馬体考察

一長一短。参考どまり。

京都金杯登録馬の
フォトパドックを見て、
馬体考察を行っています。

※私はまだまだ馬体見る目ありませんが、
自己修練のためにやっております。

スポンサーリンク

各馬考察

競馬ラボさんのフォトパドックは↓です。
当レースは6頭あります。

【金杯】中山も京都も馬体ジャッジ!イチオシ評価はコレだ! | 馬体FOCUS | 競馬ラボ

適性

若干、力の要る馬場からの持続力勝負を想定します。
まあ、要因としてグリーンベルトには敵いませんので、
味付け程度の参考です。

・ツナギはあまり気にしない
・直飛節がよい
・馬体イメージはどちらかといえば胴長タイプがよい

上記からの注目馬は注目順に
・カテドラル
・ソーグリッタリング
です。

正直、一長一短です。

カテドラルは
高速馬場の持続力勝負に向きます。
グリーンベルトがあるとはいえ、
冬の芝。少し割り引き。

ソーグリッタリングは
ツナギは力の要る馬場向き。
ただし、飛節は瞬発力勝負に向きます。
スローに流れてほしいですね。

デキ

カテドラルは3歳だけあって、
成長が見られます。
また、張りツヤがよく、デキは良さそうです。

逆に、ストロングタイタンは緩く、
ソーグリッタリングは張りが足りません。

なお、サウンドキアラとドーヴァーは
過去のフォトパドックがないため、
比較していません。
ただし、サウンドキアラは毛ヅヤよく、
状態は良さそうに見えます。

一覧

馬名ツナギ飛節全体像デキコメント
角度長さ
カテドラル立つ長め腰高張り、毛ヅヤ良し
サウンドキアラ普通普通前肢強い毛ヅヤよし
ストロングタイタン普通短めがっちり前肢バンテージ
ソーグリッタリング立気味短めすっきり前肢バンテージ
ダイアトニック寝気味長め前肢強い前肢バンテージ
ドーヴァー立つ長めがっちり

※私の主観です。

  • ツナギ角度
    寝ると芝良馬場向き。
    立つとパワー型。
  • ツナギ長さ
    距離適性に比例。
  • 飛節
    直飛節はパワー型&長い脚。
    曲飛節は切れ味型。
  • 全体像
    胴の長さが距離適性に比例。
    (下記は私の勝手なイメージ)
    前肢強いとトップスピードに乗るまでが速い。
    後肢強いとトップスピードが速い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました